広告

Facebookの加速プッシュ広告モードについて

  • ????????????????????
  • ????????????????????

kasoku

Pacing(ペーシング)とは?

Facebook Pacing(ペーシング)とは、広告主が設定した予算をもとに、まんべんなく全ての時間帯に広告を配信するための制御ロジックです。例えば、広告主が午前に出した広告に対して、Facebookは予算を一気に使うのではなく、自動的に予算を平均分配することが可能です。例えば朝10時でも、午後7時でも同様に配信するように設定できます。
標準入札モードとは:広告主が各々の広告枠を入札して、広告の露出を獲得する方式のことです。

加速プッシュ広告モードとは?

加速プッシュ広告モードとは、広告主の予算を使い果たし、Pacingの最高価格で入札することで、広告枠の入札競争を避けることができます。予算消化のスピードは速くなりますが、できるだけ多くの広告表示チャンスを獲得したいという、広告主の要望を満たすことができます。

加速プッシュ広告モードを選択した場合の効果について

広告主は、加速プッシュ広告モードを使用することにより、標準入札モードと比べて、自社の広告表示をコントロールしやすくなります。なるべく短い期間で、予算を使い果たすことが可能です。
この機能は広告表示チャンスを一気に獲得しようとする場合、よく利用される手法です。
ブランディング広告やユーザーの反応を早いタイミングで求めたい広告出稿の場合に適用されます。(例えば、期間限定(フラッシュ)セールなど)短時間でできるだけ多くの広告表示チャンスを獲得することが可能です。もし短時間で広告がユーザーに表示される回数を増やしたい場合、加速プッシュ広告モードは最適な出稿手法です。

商材毎の加速プッシュ広告モードを選択した場合の効果とは?

ECサイト:広告出稿を加速することでプロモーション活動の広告表示チャンスを向上させることになります。
ゲーム:今のユーザーより高いCPIを設定する場合、加速プッシュ広告モードは現在の価格あるいは低価格の広告枠の入札で、スピーディーに広告枠の表示チャンスを獲得でき、これより高い予算を設定する必要がありません。
ブランド:加速プッシュ広告モードを選択した場合、広告をより早く、より多くのユーザーに表示することができます。
Live Eventのユーザー向け:加速プッシュ広告モードはイベント情報をすぐに拡散して、短時間でさらに数多くの広告表示チャンスを獲得でき、幅広くイベント情報を告知することが可能です。

加速プッシュ広告モードで出稿した際の好事例とは?

加速プッシュ広告モードで出稿する際には、手動入札を使用し、よりよい広告枠入札のコントロールを行うことをお勧めします。
広告設定時間は2時間以上に設定する必要があります。2時間以下の場合、広告表示に影響があります。より長い時間、広告を表示させることによって、さらに多くのユーザーに広告を表示させることができます。
Daily Budget(1日の予算) またはLifetimeを使って予算をコントロールします。
Lifetimeを使う場合、予算を早く使い果たし、Daily Budgetを使う場合、1日に設定した予算を超えないように設定することができます。

facebook-pacing

どのように加速プッシュ広告モードを利用したらよいか?

現在、Facebookの加速プッシュ広告モードは、一般ユーザーには公開されていません。
この機能を利用した広告出稿を検討されている広告主の方は、弊社までお気軽にお問い合わせください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で