調査レポート

世界のモバイルアプリ市場の概況~appInsightのデータ分析より Vol.1~

  • ????????????????????
  • ????????????????????

appinsight-1

2016年、インターネット普及率が高まり、世界中がモバイルインターネット全盛期を迎えました。新興国の発展も加速し、インターネット市場が成熟している米国や日本に対してインパクトを与えています。

Cheetah Mobile(チーターモバイル)のAndroid向けアプリは、世界70カ国で累計ダウンロード数23.41億、月間アクティブユーザー数(MAU)は6.35億人を誇ります。今回、Cheetah Mobileは自社が持つデータ分析プラットフォームのappInsightを用いて、モバイルアプリ市場の分析を行いました。

 

データの概要:

1.本レポートのデータは2016年1月度のデータ集計を元にしています。

2.本レポートのデータは、Androidのみの集計です。

3.本レポートに掲載されているアプリのカテゴリは、GooglePlayを元に分類しています。

 

1.カテゴリ別 アプリ市場シェアランキング

graph1
※アプリ市場シェア=あるカテゴリのアクティブユーザー数/全世界のAndroidアクティブユーザー数

 

通信カテゴリのアクティブユーザーが最多

 グラフからもわかるように通信カテゴリアプリのアクティブユーザーが最多となっています。
要因としては、モバイルインターネット市場の拡大や、Wechat、Whatsapp、Messanger、Lineなどの通信カテゴリアプリの普及により、このようなネットワークサービスを介してコミュニケーションをとることが主流となっているということが挙げられます。
またそれに伴い、電話やメールなどの伝統的な手段を利用する人が減少傾向にあります。

 

2.カテゴリ別 成長性分析

図2

 

※新規ユーザー比率=あるカテゴリの新規ユーザー数/全世界アンドロイドアプリ新規ユーザー数

 

ツールカテゴリのアプリがスマートフォンアプリ市場を牽引
ツールカテゴリアプリのダウンロード数はその他のカテゴリと比較して非常に多く、2位の通信カテゴリアプリのダウンロード数と比べて1.7倍となっています。アクティブユーザー数は通信カテゴリに劣りますが、僅差です。

ユーザーはツールアプリを利用する際に、安全性を懸念する傾向があります。
しかし、現在(2016年1月)では、スマートフォンを最適化(不要ファイルの削除等)をするには、第三者が提供するツールアプリを利用する必要があります。
そのため、ツールカテゴリアプリの市場は、依然として成長性があると捉えることが出来ます。

 

 

 

3.カテゴリ別 一人当たりアプリ利用数 ランキング

図3

 

1人当たり3個以上のツールアプリを利用している

 ツールアプリは、ユーザーのさまざまなニーズを支えています。ユーザーは日常のニーズを満たすために、比較的多くのツールアプリをダウンロードする傾向があります。
データからも1人当たりのツールアプリ利用数は、3個を上回っていることがわかります。

 

 

4.ユーザーの定着率と顧客ロイヤルティ

図4

 

ほぼ毎日「通信」、「ツール」、「SNS」のアプリを利用している 

「通信」、「ツール」、「SNS」カテゴリのアプリの利用頻度が高く、一人当たり7回/週以上「通信」「ツール」「SNS」カテゴリのアプリを利用していることが分かっています。

graph5

 

「SNS」、「コミック」カテゴリの顧客ロイヤルティが最も高い

あるカテゴリにおいてダウンロードしているアプリが少ないにも関わらず、各アプリの利用回数が多い場合、そのユーザーは顧客ロイヤルティが高いと言えます。この図からは、「SNS」と「コミック」カテゴリの顧客ロイヤルティが高いことが読みとれます。

①アクティブユーザー数から、コミックアプリのユーザー規模は決して大きくありません。しかし、ダウンロードしてあるコミックアプリが1つしかなくても、アプリ1つあたりの利用回数が3.8回を上回ります。このことは、コミックアプリのユーザーが一度ニーズを満たされた場合、顧客ロイヤルティは高くなるからであると説明する事が出来ます。

②SNSアプリは、集団効果と排他性があることが明らかになっており、ユーザーの定着性が高いことが分かっています。例えばGoogle+は2011年以降からFacebookの地位を狙いリリースされましたが、結局はユーザーや新規ターゲットの知り合いなどが既にFacebookに定着していたため、支持を得ることが出来ませんでした。

 

5.アプリが発展する上での新たな傾向

成長性が高いツールアプリは、アプリベンダーが海外進出する上で重要な鍵
全世界のツールアプリに対する需要は高く、ツールアプリがアプリのダウンロード市場を支えています。 そして、カテゴリの中で唯一文化障壁が無く、ツールアプリの開発はアプリベンダーが海外進出をする際に、非常に有効な手段と言えます。
また、Cheetah Mobileの研究の過程で、「ファイル・ドキュメント整理アプリ」、「Wi-Fiパスワードアプリ」、「プライバシーアプリ」の3種類のツールアプリの成長速度が速いことが分かりました。

————————————————————

Cheetah Mobile提供サービス紹介

ツールアプリ】

 Clean Master-タスクキラー/ファイル削除

 「Clean Master」は、不要ファイルの削除、各種履歴の削除、メモリの解放、アプリのアンインストール、アンチウイルス機能、アプリロック機能など、Android端末を快適に利用するための全ての機能を備えた、オールインワン型 無料スマホ最適化アプリです。

https://www.kingsoft.jp/cleanmaster


CM Security – 無料セキュリティ/アプリロック

「CM Security」は、アプリ&システムスキャンや通話ブロック等の機能を備えた無料セキュリティアプリです。2014年6月に公表された、セキュリティソフトの世界的第三者期間である「AV-TEST」の報告書によると、CM Securityはその簡単な操作性と100%のウイルス検出率でNo.1と評価されています。
https://www.kingsoft.jp/cmsecurity

バッテリードクター-電池節約/充電管理/スマホ最適化

「バッテリードクター」は、バッテリー寿命を延長できる無料バッテリー節約アプリです。
バッテリーの残り時間を正確かつ詳細に表示し、ゲームアプリの起動∕終了、Wi-FiのON/OFFなどによって、どれだけバッテリーの残り時間が変化するかを確認することができます。バッテリーを最大限に確保し、過充電をお知らせするユニークな3段階充電システムを搭載しています。
https://www.kingsoft.jp/batterydoctor

【Cheetah Ad Platform(チーター アド プラットフォーム)

Cheetah Ad Platformとは、スマートフォンに特化したモバイル広告配信プラットフォームです。
https://ad.kingsoft.jp/

  • 独自アプリネットワーク広告配信
    日本をはじめ世界70カ国で累計ダウンロード23億以上、マンスリーアクティブユーザー6億のアプリ「Clean Master」シリーズへの広告配信が可能。
  • 連携ネットワーク広告配信
    システム連携により独自ネットワーク以外の「Facebook」「Twitter」「Google Adwords」「提携アドネットワーク」へも一斉配信が可能。 (国内・海外対応)
  • アプリ収益最大化プラットフォーム
    スマートフォンアプリ広告で貴社アプリのマネタイズ最大化を実現するプラットフォームです。

appinsight 公式HP  | http://appinsight.cmcm.com/
Cheetah Ad Platform 公式HP  | https://ad.kingsoft.jp/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で