調査レポート

世界各国のアプリユーザー分析(各国ユーザーの特徴)~appInsightのデータ分析による Vol.4~

  • ????????????????????
  • ????????????????????

appInsight-4

Vol.3ではCheetah mobileのデータ分析プラットフォームである「appInsight」の情報から『全世界アプリ開発企業の分析』についてレポートしました。Vol.4では世界のアプリユーザーに関して各国ごとのユーザーの特徴をレポートします。

1、ネットショッピングユーザーが多い国:日本

中国のネットショッピングユーザーには既に、光棍節(11月11日)や、6月18日など、ネットショッピング市場が潤う祝日が浸透しているので中国のECが世界で最も盛んだと思われますが、実際は日本のEC市場が最も盛んだという結果となりました。

ネットショップカテゴリアクティブランキング

フリマアプリなどの中古品EC市場は日本にとって新しいEC方式となっています。このような日本市場における中古品EC市場の発展は、日本の中古品を購入することを好む文化によるものだと言われています。

日本のネットショッピングカテゴリランキング

日本の評価(口コミ)は信用出来るものが多く、フリマアプリで重要となっている信頼関係の構築が出来ています。また、主婦のEC市場への高いアクティブ率も日本のEC市場発展の原因の一つと言われています。

 

2、コミュニケーションが最も多い国:アルゼンチン

通信カテゴリのアクティブ率が最も高いのはアルゼンチンです。

3

アルゼンチンにおける通信カテゴリアプリのWhatsAppのアクティブ率は98.49%に達しており、既に日常生活において必要不可欠なアプリとなっています。

アルゼンチンの通信カテゴリアクティブランキング

コミュニケーションをとる事が好きなアルゼンチンの人々はどのような話題の会話をしているのでしょうか。以下の2015年度アルゼンチン市場におけるFacebook話題ランキングを元に分析しました。

Facebookにおける話題ランキング_アルゼンチン

 

トップ10のうち4つがサッカーに関する話題で、5つが大統領や選挙に関する話題という結果がみてとれます。

また、欧州5大リーグで人気のあるメッシ、アグエロ、ディマリヤに対してアルゼンチン人はあまり興味が無く、ボカ・ジュニアーズのカルロス・テベスが話題ランキングに入っているのも特徴的です。アルゼンチン人は国内のリーグ戦を応援している事が見て取れます。

 

3、カードゲームを好む国:中国

カードゲームアプリ国別アクティブランキング

全世界アプリ市場において、カードゲームアプリのアクティブ率が最も高いのは中国です。

カードゲームは、トランプゲームと麻雀ゲームの二種類に分けられます。トランプは全世界で幅広く人気がありますが、麻雀は中国独特の文化だと言えます。

カードゲームカテゴリ中国ランキング

実際は中国市場において最もアクティブ率が高いのは麻雀アプリでは無く大富豪ゲームという事が分かりました。

 

4、自撮りが好きな国:インドネシア、日本

カメラカテゴリ国別アクティブランキング

写真アプリアクティブ率ランキングの10カ国のうち7カ国がアジアの国々という結果でした。

カメラカテゴリ:インドネシアでのアクティブランキング

インドネシアにおいてアクティブ率が最も高いアプリであるASUS GalleryとASUS PixelMasterCameraの2つはASUSのスマートフォンにプリインストールされているアプリです。

2015年のジャカルタで開催されたZenFoneリリースイベントにて、ASUSのCEOジェリー・シェンは2014年にインドネシアにおいてZenFoneをリリースして以来、累計販売数が500万台を超えた事を発表していました。

また、ランキング内のPhotoGridとCamera360 Ultimateはどちらも中国企業であり、中国はただスマートフォンを販売するだけではなく、インドネシアに自撮りブームをもたらせています。

5、ギャンブルが好きな国:ベトナム

ギャンブルゲームカテゴリ国別アクティブランキング

ベトナムはギャンブルが合法である数少ない国の一つです。GP市場のデータによると、ギャンブルゲームアクティブ率はベトナムが最も高いという事が読み取れます。

2014年にベトナム財務省は21歳以上の者はギャンブルが可能であるという草案を正式に提出しました。若者にとってギャンブルは非常に魅力的であるため、ギャンブルを行うことを禁止されている若者はバーチャルの世界でギャンブルの疑似体験をしています。

ベトナムで人気のあるギャンブルゲームアプリは tien lenです。これは4人で行うカードゲームで、PC、タブレット、スマホから遊ぶことが出来ます。このアプリでギャンブルを経験しておけば、実際のギャンブルの場で大きな失敗をせずに済むと言われています。

 

6、音楽を聴くのが好きな国:アメリカ

音楽アプリのアクティブ率はアメリカが最も高いです。

音楽カテゴリ国別アクティブランキング

RIAAの最新統計によると、2015年のアメリカにおけるストリーミング市場収益は既にCD市場を上回り、シングルをダウンロードするようなモデルの収益も徐々に減っていることが分かります。

音楽カテゴリ:アメリカのアクティブランキング

第3位のSpotify Musicに注目すると、Spotify Musicが提供するサービスは無料と有料の二種類に分けることができます。無料ユーザーはSportifyを使用する際に広告が表示されます。それに対して有料ユーザーは広告が表示されず、より良い音質で音楽を楽しむことが出来、モバイルで使用する際も様々な機能を利用することが出来ます。

2015年1月にはSpotifyのユーザーは既に6000万人を超えており、そのうちの1500万人が有料ユーザーとなっています。

以上、各国ユーザーの特徴についてレポートしてまいりましたがいかがでしたでしょうか?主要国のユーザー特性を把握する上でのご参考になりましたら幸いです。

次回Vol.5は『各国のアプリランキング』をレポートさせていただきます!

 

【只今、キャンペーン実施中!】

現在、広告主様自身で広告出稿・運用管理が可能なサービス「Cheetah Orion」にて

『1周年記念!【限定10社】出稿費20%割引キャンペーン』を実施中です!

詳しくは、「https://ad.kingsoft.jp/orion」をご確認ください。

【Cheetah Ad Platformについて】

サービス全般に関しては下記をご参照ください!

https://ad.kingsoft.jp/

お問い合わせはこちらまで。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で