Webサイト

【怖い?便利?Googleの新機能】Google My Activityで自分の「歴史」を管理する!!

  • ????????????????????
  • ????????????????????

google-my-activity(マイアクティビティ)アイキャッチ

Googleの新ツール「My Activity(マイアクティビティ)」がリリースされたのをご存知でしょうか?

履歴とはまた違った使い方で、全ての閲覧履歴を詳細に管理が出来ることで注目を浴びています。

“ユーザーのオンラインにおけるほぼ全ての行動を検索できる”といわれておりますが一体どんな機能なのでしょうか。今回はGoogle My Activity(マイアクティビティ)の機能を紹介していきます。

 

 

◆Gooogle My Activity(マイアクティビティ)とは!?

 Google My Activity(マイアクティビティ)イメージ1

 

まず、My Activity(マイアクティビティ)は今までの履歴機能と何が違うの!?と思った方も多いかと思います。

従来からChromeのツールで履歴を確認することができますが、「この前見たサイトをもう一度探したい」と思ったときに履歴から探すのは案外難しいですよね。

一覧表示になっており、検索したり削除することも可能ですがそもそもサイト名を覚えていなかったり、時系列での一覧表記だから探すのが大変だったり・・・

 

そこで便利なのが、Googleの新機能であるMy Activity(マイアクティビティ)なのです。

 

 

My Activity(マイアクティビティ)の確認、設定】

では、実際の使い方をご紹介いたします。

①マイアクティビティは、Googleのアカウント中、下部にあります。

My Activity(マイアクティビティ)キャプチャ1

②まず開くと、全体の一覧が表示されます。

“日付とサービスでフィルタ”という項目があるのでそこからフィルタをかけることができます。

My Activity(マイアクティビティ)キャプチャ2

③Play、YouTube、ヘルプ、動画検索、検索の4つの項目+日付でフィルタをかけて表示させられます。

My Activity(マイアクティビティ)キャプチャ3

④さらに、1日ごとに使った機能をパラメータで確認することが出来ます。

My Activity(マイアクティビティ)キャプチャ4

⑤削除は右上の「・・・」を押すことで簡単にできます。日付ごとも項目ごとにも削除可能です。

My Activity(マイアクティビティ)キャプチャ5

★更に、「プライバシー診断」から検索履歴以外のアクティビティの管理をすることが可能になります。

My Activity(マイアクティビティ)キャプチャ5

【プライバシー診断で管理可能なアクティビティ】

1.ウェブとアプリのアクティビティ

ウェブでの検索・閲覧履歴やAndroidのスマホをご利用の方はアプリの使用状況までGoogleに保存されるのでより関連性の高い情報を得ることが出来ます。

 

2.ロケーション履歴

Googleアカウントにログインしている状態で訪れた場所に関連した有益な情報を表示されるようになります。履歴として時間ごとにどこに行ったかがわかるので、旅行などでどこで何をしたか思い出す際に便利ですね。

 

3.端末情報

  • 連絡先
  • カレンダー
  • アプリケーション数
  • 音楽
  • 電池残量といった端末自体に関する情報

の情報をスマートフォンやタブレットからのコピーが保存されます。

 

4.音声アクティビティ

「OK Google」、マイクアイコンのタップ

いずれかの動作を行った場合に音声が保存されます。

音声アクティビティをオンにすることで音声認識機能が学習し、ユーザーの声を認識しやすくなるメリットもあるようです。

 

5.YouTubeの検索・履歴

以前に検索したことのある語句や動画が保存され、おすすめの動画に影響があります。

 

6.YouTubeの再生履歴

マイアクティビティを使うことで直近の再生動画が探しやすくなり、おすすめ動画の精度が向上します。

YouTubeの履歴はYouTubeの機能の一つで、Googleと連携しています。

 

このようにブラウザの履歴よりも更に詳細な情報を、オンラインに加えてオフライン時のものも確認することができ、膨大な履歴を多彩なフィルタによりわかりやすく管理できます。

一括での削除も可能です。

 

 

Gooogle My Activity(マイアクティビティ)で新境地へ!

Gooogle My Activity(マイアクティビティ)イメージ2 

Activity(アクティビティ)というと、なじみが余りないですが、近年多くの人が利用しているFacebookやTwitterなどでもこの機能は重宝されています。

 

自分が「いいね」したり「シェア」、「リツイート」した投稿をまとめてアクティビティとして残して、他人のアクティビティも見ることができますよね。「いいね」をSNS上でのブックマーク機能のように使っている方も少なくないのではないでしょうか。

そして、Google My Activity(マイアクティビティ)では日付順・サービスごとにまとめてみることが出来るので非常にわかりやすいのです。「こんなの見てたな~」、「こないだ見たサイトなんだったっけ」、など自分のアクティビティを見る人が増えることで、サイト運営側としてはサイトへの再流入の増加も見込める期待度大な機能間違いなし!

 

Googleの機能の一つで“広告の関連性を高める”ことも可能ですし、My Activity(マイアクティビティ)が導入されたことにより更なるGoogle上でのターゲティングの向上が期待できます。

 

◆おわりに

 

自分の検索履歴をフィルタで管理することで新しいアルバムのように使用することも可能ですし、調べ物をするときにいちいち参考サイトをまとめておかなくても、一度サイトを閲覧するだけで自分だけのまとめページが出来てしまうのです。

 

「履歴が詳細にわかる」というとなんだか少し怖い気もしてしまいますが、自分なりにカスタマイズしてウェブ上の自分の歴史=マイアクティビティを最大限活用してみてはいかがでしょうか。

 

また、キングソフト株式会社で運営する広告配信プラットフォーム、

Cheetah Ad Platform(チーター・アドプラットフォーム)では「Facemark」というユーザーの行動習慣を元にターゲティング配信を行うことができます。My Activity(マイアクティビティ)に負けないくらいの広告効果が期待できるよう、さらなる向上を続けてまいります。

 

 

【Cheetah Ad Platformについて】

サービス全般に関しては下記をご参照ください!

https://ad.kingsoft.jp/

お問い合わせはこちらまで。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で