業界ニュース

中国向けプロモーションに効果絶大?「KOL」とは

  • ????????????????????
  • ????????????????????

 

KOL 中国動画記事イメージ

「KOL」とは?

中国ではインターネット上で影響力を持つアカウントの事を「KOL」と呼んでいます。
「KOL」という単語は”Key Opinion Leader(キーオピニオンリーダー)”の頭文字をとった略称です。

元々「KOL」は製薬業界で使われている言葉で、製薬会社の販売促進に影響力を持つ医師等の専門家という意味で使われています。インターネットの発達に伴い、SNS上で影響力を与えるユーザー・アカウントが登場したことによって、近年はそのようなユーザーが中国で「KOL」と呼ばれています。日本では一般に、「インフルエンサー」と呼ばれており、「KOL」と同義で使用されることが多いです。

KOLの女性中国イメージ1

参照:@Press「中国プロモーション KOL感謝祭の開催  総計1000万フォロワー! 日本の情報に影響力の高い人気中国KOL達が集結-FindJapan株式会社」

「KOL」はどこに存在しているのか?

中国では、FacebookやTwitterといったSNSの使用が規制されているため、中国独自のSNSが非常に普及しています。中国の「KOL」は、中国最大級のSNS「Weibo(微博)」に多く存在しています。

「Weibo」とは中国版TwitterのようなSNSです。「微」=「ミニ」「博」=「ブログ」(微博)という意味がり、テキスト・絵文字・画像・動画等の投稿が可能となっています。2016年5月からはライブ配信機能も付き、よりいっそう「KOL」が活躍出来るようなSNSに進化しています。

KOL_中国記事イメージ2KOL_中国記事イメージ3KOL_中国記事イメージ4

出典:微博-Google Play- 

何故中国で「KOL」が重要視されるのか?

中国人ユーザーの消費行動を見てみると、物を購入する際の判断基準として企業が発信する情報よりも「口コミ」に重きを置く特徴があります。そのため、SNS上に発信されている製品の「口コミ」は中国人ユーザーの消費行動に対して非常に影響力を持ちます。一般ユーザーからの情報も「口コミ」として影響を与えますが、「KOL」から発信された情報は信頼度や影響度を強く持っているので、ユーザーに対して特に訴求を高めることが出来ます。

また、化粧品や健康食品といった商材に関しては中国の広告法の関係上、広告の出稿が困難な場合があります。そのため広告の方式が限られてしまうので、製品の知名度を上げるという意味でも、ネット上に「口コミ」を増やすことが必要となってきます。「KOL」から発信された書き込みが、「口コミ」の起爆剤になる事があるので、製品の認知拡大には「KOL」からの発信が重要視されています。

「KOL」は日本から中国向けのプロモーションにも効果的

中国国内の越境ECの主流化や、中国人観光客の爆買い等からみても、中国人が日本製品を購入する機会は非常に増えていることが分かります。
近年では日本の製品を中国に向けてプロモーションを行う際にも「KOL」を活用するのが有効的になってきています。

以下の表にある通り、中国人観光客が出発前に得た情報源で役に立ったものとして「個人のブログ」(28.7%)が1番多く選ばれています。その他にも、「口コミサイト」(13.9%)、「SNS」(13.3%)等のインターネットサービスも台頭してきています。このことから、多くの中国人がブログや口コミサイト、SNSで日本製品についての情報を得ている事が伺えます。このようなサービス上で認知を広める事が購買に繋がるため、「KOL」を活用してのプロモーションが有効的であると言えます。

KOL_中国記事イメージ4

出典:観光庁の平成28年度「訪日外国人の消費動向」調査p.23図表5-1より一部抜粋 

「KOL」を活用した日本から中国へのプロモーション事例

KOL_中国プロモーション事例1KOL_中国プロモーション事例2

出典:@Press「中国プロモーション KOL感謝祭の開催  総計1000万フォロワー! 日本の情報に影響力の高い人気中国KOL達が集結-FindJapan株式会社」

2016年4月28日に東京ニューホテルオオタニにて、日本の情報に精通した影響力の高い「KOL」を招待した感謝祭が開催されました。出席した「KOL」は約50名、総フォロワー数1000万を超える「KOL」が大集結し、各スポンサー企業のPRやプレゼントキャンペーン、サンプルの配布が行われました。

この感謝祭のランディングページは「Weibo」上に設置され、イベント開催後には即座に1300万以上の閲覧数を超えたそうです。また、出席した「KOL」達が続々とYouTubeをはじめとする動画サイトに動画をアップしているので、継続的に製品の認知を広める事が出来ています。以下の動画がアップされた動画の1つです。

このように、中国「KOL」の存在は日本企業にとっても重要な存在となってきています。

今後中国向けのプロモーションとして「KOL」を取り入れる企業は増えていくでしょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
スズケン

スズケン

マーケティング、広告運用を担当。 クライアントの要望に答えられるよう日々奮闘しています。 趣味は音楽鑑賞、夏フェスに参戦