アプリ

これからは「タテ型動画」が主流に?特徴と活用事例

  • ????????????????????
  • ????????????????????

タテ型動画の特徴と活用事例

「タテ型動画」が流行

インターネットを利用する端末がパソコンからスマートフォンやタブレットに移行するにつれて、「動画」のあり方に変化が見られています。

特に、スマートフォンやタブレットと関係性の強いアプリにおいてこの「タテ型動画」のフォーマットが多く採用されています。

例えばメッセンジャーアプリの「Snapchat」、ライブストリーミングアプリの「Periscope」等が代表的な「タテ型動画」アプリです。

タテ型動画を採用しているアプリ

Snapchat

Snapchatは、おもしろいフィルターを用いた写真や画像を撮影し、友人と共有することが出来るメッセンジャーアプリです。

最大の特徴は、Snapchat内で送信した画像は10秒以内に自動削除されるという点です。

また、「マイストーリー」という機能では、アプリ内で友人になっているユーザーだけが閲覧できる動画を投稿することが出来、24時間以内に自動的に削除されます。

「画像が消える」という安心感や気楽さが特に若者の間で人気になり、ブームとなりました。

関連記事:ティーンマーケティングの救世主!?「Snapchat」の動画広告

タテ型動画_snapchatタテ型動画_snapchatタテ型動画_snapchat

参照:Google Play-Snapchat

Periscope

PeriscopeはTwitter Inc.が運営しているライブストリーミングアプリです。

最大の特徴としては、Twitterのタイムライン上でそのまま配信を閲覧出来るという点です。

「タテ型動画」配信はもちろん、「ヨコ型動画配信」にも対応しており、様々な配信スタイルを実現する事が出来るアプリとなっています。

全世界に配信者が分布しており、世界各国の配信を閲覧出来る所も魅力の1つです。

 

Live.me

Live.meはアメリカで流行しているライブストリーミングアプリです。

当社キングソフト株式会社が今年9月に日本向けに展開を始め、スマホ1つで簡単に操作できる点で人気を得ています。

「タテ型動画」に特化したシンプルなUIとなっているので、そのままカメラを向けるだけで簡単に配信を開始することが出来ます。

配信した動画は録画として蓄積することが出来る点も魅力です。

タテ型動画_Livemeタテ型動画_Livemeタテ型動画_Liveme

参照:Google Play-Live.me

大人気アプリも続々と「タテ型動画」に対応

Instagramの新機能「ストーリー」

今年10月、Instagramに「ストーリー」という「タテ型動画」に対応した新機能が実装されました。

「ストーリー」機能はSnapchatの「マイストーリー」機能と同様に、24時間以内に自動消滅する動画を投稿出来る機能です。

またBuzzfeed reportは、この「ストーリー」機能のDAUが全世界で1億を到達していることを公表しました。

このことから、Instagramユーザーにも「タテ型動画」が非常に受け入れられていることが伺えます。

「タテ型動画」の活用事例

このように「タテ型動画」を採用したアプリが増加したことにより、動画を活用した事例も多く出てきました。いくつか成功事例をご紹介します。

ECサイト「Sweaty Betty」

スポーツウェアを販売するECサイト「Sweaty Betty」では、着用イメージが静止画だけでは無く「タテ型動画」でも掲載されています。

モデル着用時の全身イメージを「タテ型動画」で訴求することで、商品を効果的に伝えることが出来ています。

「Clarins」

フランスの化粧品メーカー「Clarins」の人気商品DoubleSerumに関するプロモーション動画において「タテ型動画」が採用されました。

縦長のフレームを活かし、高級感のあるブランドイメージを伝えることが出来ています。

音楽グループ「lyrical school」MV

6人組のガールズHIP-HOPグループ「lyrical school」がリリースした「RUN and RUN」のミュージックビデオは、スマホのディスプレイを最大限に活用した「タテ型動画」の作品となっています。

まるでスマホをジャックされたかのような感覚になるとインターネット上でも話題になりました。また、このミュージックビデオはスマホの動画機能を用いての撮影もされており、これからのスマホの活用方法にも期待が高まります。

このように、「タテ型動画」はインターネット広告やプロモーションにおいて重要な存在になってきていることが伺えます。

スマホの普及や、「タテ型動画」を採用したアプリの増加によって「タテ型動画」の注目度はこれからも増加すると予測できます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
スズケン

スズケン

マーケティング、広告運用を担当。 クライアントの要望に答えられるよう日々奮闘しています。 趣味は音楽鑑賞、夏フェスに参戦