業界ニュース

【いまさら聞けない「IoT」とは?】~身近な事例と今後の動向~

  • ????????????????????
  • ????????????????????

【いまさら聞けない「IoT」とは?】~身近な事例と今後の動向~アイキャッチ

「IoT」という言葉を近年よく聞くようになりました。

様々なメディアに取り上げられていますが、その意味が曖昧だという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回は現在大注目されている「IoT」を事例を踏まえてご紹介させて頂きます。

 

「IoT」とは?

「IoT」は「Internet of Things」の略で、日本では「モノのインターネット化」と呼ばれています。

簡単に表すと、”あらゆるモノがインターネットに接続される”ことです。

様々なモノをインターネットに接続することによって、離れた場所から状態を確認したり、操作したりすることが可能となるので色々な分野で既に活用され始めています。

 

「IoT」化されている身近なモノ

具体的にはどのようなモノがインターネットに接続されているのか、私達の生活に関わりのあるIoTデバイス事例をご紹介しようと思います。

 

IoT事例1 照明×インターネット:「Philips hue」

PHILIPS LIGHTING社が提供する「PHILIPS hue」はスマートフォンやタブレットからインターネットを経由して操作できる照明システムです。

その時のムードに合わせた照明をコントロールしたり、防犯のために電球を設置して侵入者を明滅によって知らせることができます。

また、連動しているアプリが多数あるため、音楽やテレビに同期させて様々な照明を楽しむことができるところも画期的です。

 

IoT事例2 歯ブラシ×インターネット:「G·U·M PLAY」

加速度センサーが内臓されたアタッチメントを歯ブラシにセットし、専用アプリをインストールしたスマホとBluetoothで連携することができます。

3種類の専用アプリと連動することによって、ゲーム感覚で日頃の歯磨きが楽しくなるような歯ブラシとなっています。

 

IoT事例3 コーヒーメーカー×インターネット:「バリスタi」

『ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタi[アイ]』は、専用アプリをインストールしたスマートフォンと接続されることによって、濃さや泡立ちを自由に決める事が出来たり、家族や友人と繋がることが出来ます。

「IoT」の今後の動向

「IoT」は今後どのように発展していくのでしょうか?

現在話題になっている自動運転や、広告分野での応用についてご紹介致します。

 

自動車分野IoT:自動車×インターネット

Machina Researchの調査では、2022年にはインターネットに接続されている自動車(7億台)と車載システムなど(11億デバイス)は18億に達し、市場規模は4220億ドルに達すると予測しています。

また、今年の6月から8月にかけて、ドイツのBMWや米国のフォード、スウェーデンのボルボ等、各国の自動車会社が完全自動運転車の2021年頃の商用化を表明しました。

インターネット接続された自動車は「コネクテッドカー」と呼ばれており、話題となっている「自動運転」はこの「コネクテッドカー」の機能の1つです。

このような「コネクテッドカー」は今後、自動運転、車両診断、渋滞緩和、交通事故削減等様々な分野で発展していくことが考えられます。

IoT 今後の動向~コネクテッドカーイメージ

BMW、インテル、モービルアイの記者発表の様子(写真:BMW)

 

広告分野IoT:様々な視点からターゲティング配信

デジタルマーケティングを支援する株式会社スパイスボックスの調査によると、国内IoT広告市場は2020年には1,290億円規模となることが予測されています。

IoT化されたモノから得られるデータには、位置情報、生活パターン、購買情報等の様々なものがあります。

このような情報を元に、IoTで企業はよりターゲティングされたユーザーに対して広告を配信する事が可能になります。

例えばヘルスケア関連のIoTデバイスを持っているユーザーに対して、ヘルスケアに関連している製品やイベント等の広告を配信するなどが可能です。

このようにIoTを用いることで、詳細なターゲットを絞って広告配信をすることが出来るので、より広告配信が効果的になります。

 

まとめ

今回の記事では、身近なIoT化されたモノの事例と、今後IoTがどのように活用されていくかをご紹介しました。

この機会に自分の生活や仕事にIoTをどう活用できるか考えていただけたら嬉しく思います。

 

<参考>

スパイスボックス、国内IoT広告市場調査を実施 ~国内IoT広告市場は、2020年には1,290億円と予測~

BMW Group, Intel and Mobileye Team Up to Bring Fully Autonomous Driving to Streets by 2021

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
スズケン

スズケン

マーケティング、広告運用を担当。 クライアントの要望に答えられるよう日々奮闘しています。 趣味は音楽鑑賞、夏フェスに参戦