業界ニュース

2017年中国エンターテイメントコミュニティ報告 ~ライブ配信プラットフォームの戦い

  • ????????????????????
  • ????????????????????

20171013

2017年9月21日、2017リアルタイムインターネット大会が北京で行われました。
その中で、Cheetah Mobile社のサービス「Orion BigData」は、Agora.io言論プラットフォーム(中国の口コミサイト)と共同で「2017年エンターテイメント白書」を発表しました。これは主に中国ライブ配信アプリの市場をデータを元に分析したものです。

以下は白書の全文となります:

 

中国ライブ配信アプリ市場の現在は依然として投資のフェーズ!

ランキング解説

2016年10月と2017年10月のOrion Dataを比較してみます。週間アクティブ率からみると、増加しているappは1/3しか占めていなく(下記の図のように:緑の部分は週間アクティブ率が下降し、赤の部分は上昇)、ライブ配信アプリの全体的な市場成長度は小さいです。

グラフ1

1.新しくランキング入りしたTencentシリーズのアプリ

ランキングの変化からみてみると、Tencentの「企鹅电竞(アプリ)」、「Now直播(アプリ)」は新浪プラットフォームに頼っており、一下科技(企業名)の「一直播(アプリ)」は進歩が大きいです:大企業、多数のIP、大トラフィックは彼らが利益をもたらすために必須です。

グラフ2

「企鹅电竞」と「Now直播」は同様にTencentのライブアプリですが、フォーカスしている物はそれぞれ違います。「企鹅电竞」はゲーム配信プラットフォームであり、「王者の栄耀公式ライブプラットフォーム」の名を旗にかけて次々と競争相手と勝ちきました。「Now直播」はGPS機能、ショートムービーとライブ配信機能などの広いエンターテーメントライブプラットフォームです。

2.言わざるを得ない「王者の栄耀」

「企鹅电竞」の上昇はゲームライブ配信プラットフォームのアクティブに関係するものであり、主な要因としては2017年度中国で最強のゲームアプリ——突然現れ爆発的な人気となった「王者の栄耀」でした。

グラフ3

2017年上半期のOrionデータによると、「王者の栄耀」は類似ゲームではトップに立ち、週アクティブは「快手」に続いて8.66%まで浸透し、中国総合ランキング20位以内に入りました。「企鹅电竞」が1年以内で目覚ましく発展進歩できたのは、「王者の荣耀」のオフィシャルライブ配信プラットフォームになったのは大きな関係があります。

3.ランクインできなかった2つのアプリ

規模を広げるアプリもあれば苦戦するアプリもあり、以前Top15に入っていた2つのアプリ「视吧」と「全民直播」は今回ランクインできませんでした。「视吧」は大智慧傘下のライブ配信アプリで、最初はショー舞台として打ち、オンラインで大量な広告を製作し高報酬で配信者を募り、2016年のランキングでは一度「花椒」を超え、Top10まで入ったこともありました。トレンドグラフをみればわかるように、2016年10月中旬から「视吧」は徐々に落下しています。应用宝によると、「视吧」は今年7月に最新バージョンを更新し、大智慧は元々の業界である財政と経済の配信に加入しました。

グラフ4

それに比べたら、「全民直播」の減少は大きくありませんが、2016年9月にA輪融資の5億人民元をもらっているにもかかわらず、パフォーマンスはあまり満足できる結果となりませんでした。

 

2017年5月、ライブ配信は再びシャッフル

Top15以内のライブアプリを持つ企業の実力をみると、全ては大企業、大金融資もしくは両方を備えています。ランキング2位の「YY」は上場している会社である欢聚时代、ランキング4位、8位の「企鹅电竞」と「Now直播」はTencentが所有するアプリであり、他のは中国移動、一下科技、小米、人人(上場会社)、酷狗など大企業自社の商品です。これ以外のアプリに関しては、融資を得る、もしくは大企業に買収されるかを選択しています。

他の要因なのか偶然なのかわかりませんが、このような出来事は2017年5月に起きているのがほとんどでした。

「映客」、「龙珠直播」は宣亚国际、「苏宁并购」,「虎牙」、「触手」、「熊猫直播」、「花椒直播」及びこれから融資すると公開すると言われている「斗鱼直播」、融資額は4-10億人民元になりライブ配信は依然として投資のゲームの中にあります。

多額の融資を除くと、「映客」の買収は2017年5月であり、循環できる規律があります:花椒以外に融資を獲得できるのはゲームライブ配信のアプリをメインとします。

グラフ5

ショーライブ配信アプリ、ゲーム配信アプリの発展は安定しており、これはライブ配信とゲームの間に属性が似ているのは大きく関係しています。

ショートムービーからライブ、ライブからショートムービー

ライブ配信が盛んになる頃、快手、陌陌などショートムービーアプリが続々とライブ配信機能を追加し、成功の道に向かっています:快手の数値が上がっていき、Tencentが最初に投資する3.5億ドルを獲得しました;陌陌はライブ配信で利益を得ることしかできません。陌陌の2017年Q2の財務報道によると、ライブ配信業の収入は2.594ドルまで達し、総収入利益の83.3%を占めます。今回の財務報道は予算には達していなく、株の落下には影響はないが、陌陌がライブ配信に参入してから、株価は2016年から2017年で4倍も上昇しました。

結論:
ショートムービーからライブ配信に参入するのは成功するが、逆にライブ配信からショートムービーは成功できるのか?ここでは2つの例と結果があります。

 

火山小视频と映客。

最初「火山小视频」の名前は「火山直播」でした。1年前、「火山小视频」は全世界Orionデータのライブ配信アプリでは50位にランクインしていましたが、現在の週アクティブからみると、「火山小视频」は第一線のライブ配信アプリ「虎牙」を超えています。

グラフ6

「火山小视频」は変換後に目標競争相手を「快手」に変え、最近では田舎町で公開イベント行ったり盛り上げています。2017年5月、ネットで「火山小视频」は2000万元を使って快手のメインキャスターである天佑を引き抜き、「火山小视频」の知名度をピークに向かわせました。同様に5月に「映客」は宣亚国际に買収されました。

「映客」はライブ配信アプリで最も代表的なアプリであり、ゲームライブ配信は昔から存在していましたが、「映客」の定めた「エンターテーメント」はショーを見せたい少数派を超え、ゲームの垂直で存在する新しいソーシャルコミュニティライブ配信になりました。全世界Orionデータの2016年2月の増幅に映客が現れ;ライブ配信アプリは激しい戦争の最前線に立ち;映客の株主が株権力を譲りだし、映客を70億のピークを向かわせ;ショートムービー機能を追加し;続いて2017年初にショートムービーアプリブームの爆発;映客が買収されたのもライブ配信の時代の終結を意味しています。

グラフ7

その後もこの動きは続きます。最近「花椒」もショートムービー領域に参入することを公表し、GPSを利用した「ビデオ出会いプラットフォーム」です。更新されたapp機能からみても「花椒」と「陌陌」は似ており、双方の競争はさらに激しくなるでしょう。

「花椒」と「映客」らはどこに向かっているのか、どんな結果がまっているのか、多数のライブ配信アプリ企業がその答えを知りたがっているのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
Elsam

Elsam

社会人1年目。 大学卒業までに世界のディズニーを全部回りきったサラリーウーマン!