広告

1474631903

Facebook「スライドショー広告」作成に新機能!

もっと読む »
snapchat

ティーンマーケティングの救世主!?「Snapchat(スナップチャット)」の動画広告

snapchat(スナップチャット)の動画広告 アイキャッチ

みなさん「Snapchat(スナップチャット)」 を使ったことありますか?

スナップチャットアイコン

聞いたことはある、使い方がわからなくて放置している・・・

などなど馴染みのないSNSだと思っていませんか?

しかし、Snapchatは1日の全世界アクティブユーザー数でTwitterを抜いたことが発表されました。

 

日本ではまだ認知度はそこまで高くないですが、

ティーンの間では着実に浸透しつつある「Snapchat(スナップチャット)」、その影響力は強大です。

デイリーアクティブユーザーは約1億人。1日の動画再生回数は100億回に達します。

デジタルネイティブと言われるミレニアル世代の13歳から38歳の60%以上がユーザで、そのうち18~24歳が37%を占めています。

実は世界の大手企業が今こぞってSnapchatの広告出稿に意欲的です。

 

各ブランドは大金を支払ってでも、自ら進んでSnapchatのスポンサーになろうとしています。

Snapchatは従来の方法ではリーチしにくい、若年層のオーディエンスにリーチができることが最大の強みになっています。

 

2011年の創業から破竹の勢いでユーザーを獲得し、成長してきたSnapchat。

2015年度の売上約5000万ドルに対し、2016年度の売上は3~3.5億ドルに伸びると予測されています。

動画再生回数についても、そのカウント方法が異なるものの、Facebookにも迫る勢いです。

 

 ・海外の広告事例

Snapchatは海外で様々な動画広告の成功を収めています。

一部をこちらに紹介いたします。

 

広告事例① 再生回数2億回突破の新たなブランディング

スナップチャット広告イメージ2

話題の顔認識のフィルター機能を使ったアメリカのファストフードチェーン「タコベル」のブランディング事例です。

 

LINEの企業スタンプのようにSnapchatには企業向けに「スポンサード・レンズ」というものがあります。

このレンズは閲覧回数2億2400万回を超え大ヒットとなりました。

 

 

広告事例② 音楽フェスの広告枠は即完売!

世界最大の音楽フェスティバルの運営会社であるAEGとSnapchatが提携しました。

第一弾のフェスは7月にニューヨークで開催されるパノラマフェスティバル、8月ではLCDサウンドシステムが出演する「FYFフェスティバル」など、アメリカを中心に順次拡大されています。広告枠は即完売の人気となっています。

スナップチャット広告音楽フェスイメージ

~参加者とイベントをつなぐ~

フェス専用のイメージやステッカーを作成し、ユーザーにシェアさせる試みも開始しています。

画像や動画のシェアはフェスティバルに向かう若い世代に必須の習慣であり、洗練されたプラットフォームにより、さらなる相互作用が生まれることが期待できます。

 

広告事例③ 保険会社で若年層へのリーチ

デンマークの保険会社「アルカ(Alka)」では、Snapchatでライブストーリー投稿と懸賞キャンペーンを毎週3カ月に渡り展開、これまでリーチが困難だった若年者層への訴求に成功したそうです。

アルカでは自然な方法でオーディエンスにリーチする方法を模索していた中でSnapchat内でキャンペーンを行い、多くのリードを獲得しました。

 

 ・Snapchatが広告に向いているワケ

Snapchatの特徴のひとつは”今”作られたコンテンツを”今”見るということ、アップされた写真や動画を見ると数秒以内に消えてしまいます。

この他では類を見ないユニークさが若者に支持されている理由のようです。

ユーザーがコンテンツに対し貪欲になる

写真や動画は消費するものが最大の特徴。スナップチャットで受け取る写真や動画は素早く簡単に消費されます。

一瞬で満足感を得られるため、ユーザーはコンテンツをどんどん欲しがるようになります。

エンゲージメント率の高さ

閲覧時間に制限があることで、コンテンツがたとえ広告であったとしても集中して見る傾向が必然的に高くなります。

スナップチャットは他のプラットフォームに比べ、目を見張るようなエンゲージメント率を誇っています。

 

 ・今後の展開

16億人のユーザーを抱え、3300億ドルの評価を得ている圧倒的な規模の交流サイトであるフェイスブックのように成長できるかの分かれ目でもあるのでしょう。

動画広告の市場拡大とともに、日本で話題になる日も近いかもしれません。今後も要注目です!

 

Cheetah Ad Platform(チーター・アドプラットフォーム)でも動画配信が可能です。「Facemark」というユーザーの行動習慣を元にターゲティング配信を行い効果を高めていくこともできますので、是非お問い合わせください。

参考:

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.snapchat.android&hl=ja

http://www.gizmodo.jp/2016/06/ssnapchat1twitter.html

http://jp.wsj.com/articles/SB11084185715531594181404582145692862025450

http://forbesjapan.com/articles/detail/12078/1/1/1

https://shar.es/1Zm3kQ

 

~~~~~

【只今、キャンペーン実施中!】

現在、広告主様自身で広告出稿・運用管理が可能なサービス「Cheetah Orion」にて

『1周年記念!【限定10社】出稿費20%割引キャンペーン』を実施中です!

詳しくは、「https://ad.kingsoft.jp/orion」をご確認ください。

【Cheetah Ad Platformについて】

サービス全般に関しては下記をご参照ください!

https://ad.kingsoft.jp/

お問い合わせはこちらまで。

もっと読む »
dacebook-canvas-ad

フルスクリーンでダイナミックに。Facebookの新広告フォーマット「キャンバス広告」

  • 2016年3月4日

dacebook-canvas-ad

2015年6月に発表され2016年2月26日についに正式リリースとなった「キャンバス広告」。
ユーザーの関心の高そうな商品を自動的に表示する「ダイナミックプロダクト広告」や、複数の商品が同時に紹介できる「カルーセル広告」といった広告との違いとその魅力をご紹介します。

写真×動画×フルスクリーン あらゆる機能を駆使 「キャンバス広告」とは

canvas-ad

モバイルアプリのみ対応のこの広告。ニュースフィードに表示された広告をタップすると、画面全体に動画や写真、テキストなどを自由に組み合わせた広告がフルスクリーンで表示されるダイナミックさが特徴です。スマートフォンを傾けて360度のパノラマ空間を操ったり、画像拡大ができたりと自由度が高く、ユーザーが没入感を得られるのも魅力の一つ。

また、離脱の主な原因となっていた画像や動画の読み込みを高速化。
標準的なモバイルウェブサイトに比べ最大10倍速く読み込むことができるのです。

「キャンバス広告」の活用事例

2015年のテスト開始以来、大手企業や有名ブランドなど世界各国で活用されています。ブランド強化や製品アピールなど目的にあわせた活用法をご紹介します。

新しく発売したアルミボトルのラインアップをアピールしたコカ・コーラ。約1600万人にリーチし、平均閲覧時間は18秒でした。
coke

ロクシタンは、製品の原材料と効果についてのプロモーションにキャンバス広告を活用。広告想起率を11%向上させました。
loccitane

作成は専用ツール「キャンバスビルダー」で難しい技術もテクニックも必要なく、誰でも簡単に作ることができます。これまでにないスケールで魅力を最大限に表現できる「キャンバス広告」。今後、さらなる展開が期待されています。

出典:https://www.facebook.com/business/news/JA-introducing-canvas

もっと読む »
kasoku

Facebookの加速プッシュ広告モードについて

  • 2015年10月14日

kasoku

Pacing(ペーシング)とは?

Facebook Pacing(ペーシング)とは、広告主が設定した予算をもとに、まんべんなく全ての時間帯に広告を配信するための制御ロジックです。例えば、広告主が午前に出した広告に対して、Facebookは予算を一気に使うのではなく、自動的に予算を平均分配することが可能です。例えば朝10時でも、午後7時でも同様に配信するように設定できます。
標準入札モードとは:広告主が各々の広告枠を入札して、広告の露出を獲得する方式のことです。

加速プッシュ広告モードとは?

加速プッシュ広告モードとは、広告主の予算を使い果たし、Pacingの最高価格で入札することで、広告枠の入札競争を避けることができます。予算消化のスピードは速くなりますが、できるだけ多くの広告表示チャンスを獲得したいという、広告主の要望を満たすことができます。

加速プッシュ広告モードを選択した場合の効果について

広告主は、加速プッシュ広告モードを使用することにより、標準入札モードと比べて、自社の広告表示をコントロールしやすくなります。なるべく短い期間で、予算を使い果たすことが可能です。
この機能は広告表示チャンスを一気に獲得しようとする場合、よく利用される手法です。
ブランディング広告やユーザーの反応を早いタイミングで求めたい広告出稿の場合に適用されます。(例えば、期間限定(フラッシュ)セールなど)短時間でできるだけ多くの広告表示チャンスを獲得することが可能です。もし短時間で広告がユーザーに表示される回数を増やしたい場合、加速プッシュ広告モードは最適な出稿手法です。

商材毎の加速プッシュ広告モードを選択した場合の効果とは?

ECサイト:広告出稿を加速することでプロモーション活動の広告表示チャンスを向上させることになります。
ゲーム:今のユーザーより高いCPIを設定する場合、加速プッシュ広告モードは現在の価格あるいは低価格の広告枠の入札で、スピーディーに広告枠の表示チャンスを獲得でき、これより高い予算を設定する必要がありません。
ブランド:加速プッシュ広告モードを選択した場合、広告をより早く、より多くのユーザーに表示することができます。
Live Eventのユーザー向け:加速プッシュ広告モードはイベント情報をすぐに拡散して、短時間でさらに数多くの広告表示チャンスを獲得でき、幅広くイベント情報を告知することが可能です。

加速プッシュ広告モードで出稿した際の好事例とは?

加速プッシュ広告モードで出稿する際には、手動入札を使用し、よりよい広告枠入札のコントロールを行うことをお勧めします。
広告設定時間は2時間以上に設定する必要があります。2時間以下の場合、広告表示に影響があります。より長い時間、広告を表示させることによって、さらに多くのユーザーに広告を表示させることができます。
Daily Budget(1日の予算) またはLifetimeを使って予算をコントロールします。
Lifetimeを使う場合、予算を早く使い果たし、Daily Budgetを使う場合、1日に設定した予算を超えないように設定することができます。

facebook-pacing

どのように加速プッシュ広告モードを利用したらよいか?

現在、Facebookの加速プッシュ広告モードは、一般ユーザーには公開されていません。
この機能を利用した広告出稿を検討されている広告主の方は、弊社までお気軽にお問い合わせください。

もっと読む »
instagram

Instagram広告の効果を上げる4つのポイント

  • 2015年8月27日

instagram

Instagram(インスタグラム)はスマートフォンで撮影した写真や動画をアプリで手軽に装飾加工し、まるでアート作品のような画像を共有できるアプリです。他のSNSアプリと比較すると、個性が強く好みがはっきりしているユーザーが多数使用しています。言葉の壁を超えた「写真や動画に特化したSNSである」ため、国内だけでなく海外の人たちともかんたんにコミュニケーションできることがInstagramの大きな特徴です。

それでは、どのような製品、サービスがInstagram広告と相性がいいのでしょうか?

たとえば、あなたの会社がゲーム会社であれば、ゲーム内の美しいビジュアルの写真や、ゲームのプレイ動画を広告として出稿するのがいいでしょう。あなたの会社を知る由もなかった、ゲーム好きで美的感度の高いユーザーにフォローされ、シェアされれば、結果的にあなたの会社のファン増加につなげることができます。

Instagramのユーザー数はどのぐらいいるのでしょうか?

調査によると、Instagramのユーザー数は、Twitterのユーザー数とほぼ同じだと言われています。
アメリカの富裕層の若者の83%がInstagramを使用しており、そのうち60%以上が毎日Instagramを使用するアクティブユーザーです。
下記のグラフを見てみましょう。

instagram-teen

3億人を超えるユーザーが、自身のバラエティ豊かな生活をInstagramでシェアしています。
Instagramに投稿される写真や動画は、1日当たり7千万点以上にのぼり、25億以上の「いいね!」が毎日生み出されています。

ここからは、Instagram広告の効果を上げるために、どのようなクリエイティブを作成すればよいのか、そのポイントを4つにまとめてみました。

1:ユニークな視点を持つこと

細部と特徴を意識して撮影する方が効果的です。
Instagram独自の写真加工機能も活かし、ユーザーがこれまで見たことのないようなユニークな視点を見せることによって、興味をひく写真を作成しましょう。

Lighthouse near Laukvik. Photo by @ineverstoppedlooking of @samu_amunet on their Nordic road trip.

Missionworkshopさん(@missionworkshop)が投稿した写真 –

 

 

2:写真の構図の美しさ

Instagram広告で使用する写真を撮影する際は、構図の美しさを意識して撮影する必要があります。そうすることで、ユーザーにあなたの会社のブランドをさらに強烈に認知させることができます。

 

 

3:重要なメッセージを伝える

Instagramでユーザーが写真を見るのは一瞬です。そのため、写真を見た瞬間にブランドの特徴やメッセージが伝わることが重要であり、工夫すべきポイントです。

Ticket ✔️ Laptop ✔️ Chargers ✔️ Bag ✔️ Uber for Business ✔️

Uberさん(@uber)が投稿した写真 –

 

Let’s get away. Wherever you’re going, we’ll be there. Uberさん(@uber)が投稿した写真 –

 

4:ポジティブな要素を含める

あなたの会社のブランド価値を高めるため、写真にはポジティブな要素を含めましょう。
ブランド広告はポジティブであればあるほど、写真を見た人が前向きな気持ちになりやすく、あなたの会社のファンになる可能性が高まります。
ブランドを広めていくのであれば、人間味のある写真とメッセージを使用してください。
個性と特徴があるブランド広告だけが、ユーザーの印象に残ります。

¡Vamos! #justdoit

nikeさん(@nike)が投稿した写真 –

 

続いて、Instagram広告の種類について簡単に紹介します。
写真広告、動画広告、カルーセル広告の3種類があります。

イメージ広告

clean-master-ad-1

カルーセル広告

clean-master-ad-2

動画広告

clean-master-ad-3

いかがでしたでしょうか?
2015年6月現在、以下の国でInstagram広告の出稿が可能です。
instagram-ad-world

そして、2015年8月28日のアップデートによってInstagramは縦長や横長の写真および動画を投稿できるようになりました。
これまでは正方形の中に収める形でしか投稿できなかった状況を考えるととても画期的なアップデートです。
特に映像や写真作家たちは自信の作品を正方形の形に切り取る(もしくは余白を作る)ことなく投稿することが可能となります。
また、映画やミュージックビデオもYoutubeやVimeo等を見てもわかる通り16:9等の比率が一般的です。
これらの作品をそのままInstagramに投稿し見せることができることは企業にとってもさらにプロモーション媒体としてInstagramが必要不可欠となっていくに違いありません。

出典:【小叶讲堂】投放Instagram广告的四个诀窍
もっと読む »
video-ad

加速するスマートフォン動画広告の未来

  • 2015年8月13日

video-ad

近年スマートフォンサイトやアプリに動画広告が増えているのはご存知でしょうか。
Facebookで自動再生されたゲームアプリの動画広告に、ついスクロールする手を止めたことはありませんか。
YouTubeで動画再生前に差し込まれるオンライン英会話の動画広告を、ついスキップせずに見たことはないでしょうか。
動画広告は、数あるデジタル広告の中でも、よりインパクトのある広告として認知されてきています。

なぜ、動画広告が増え始めているのか。そしてなぜ、広告主は広告に動画を使うようになったのでしょうか。

今回は、動画広告の現状について考えてみたいと思います。

企業にとっての動画広告の価値

これまで、ウェブページやアプリ内に表示されるデジタル広告は、バナー広告(画像)が主流でした。
しかしながら、ここに来て動画広告がその勢いを増しています。
筆者が普段利用しているアプリでも、以下の事例のように動画広告を頻繁に見るようになりました。

・YouTube(動画サービス)
・Facebook(SNS)
・SmartNews(キュレーションメディア)

動画広告市場の推移を見てみましょう。

【動画広告市場の推移】

video-ad-1

出典:Mobile Video Challenges Hold Back Advertisers

このように動画広告市場の推移を見ると、世界的な動画広告の成長率は明らかです。

なぜ、動画広告が増え始めたのか。
それを物語る重要なデータがあります。

【ブランド認知】

video-ad-2
出典:The Brand Value Of Rich Media And Video Ads

つまり、動画広告は、企業にとって広告の最大の目的である「PR」を非常に高パフォーマンスで果たすことができる手段なのです。

動画広告を支える3つの要素

現在でこそよく目にするようになってきた動画広告ですが、広告市場に出回るまでには、それなりの条件が必要でした。

動画広告を支える要素は以下の通り、大きく分けて3つあります。

1.モバイル端末ユーザーの増加(デバイス面)
2.インターネット回線の高速化(インフラ面)
3.動画サービスの充実と動画コンテンツ市場の成熟 (サービス面)

1つずつ見て行きましょう。
まずは「モバイル端末ユーザーの増加(デバイス面)」に関してです。

スマートフォン契約者は日本国内で54.1%と過半数を越え、2人に1人以上がスマートフォンを携帯しています。
年々インターネットの利用時間が増え、インターネットを利用するデバイスのメインはスマートフォンになっています。

特に10代、20代の若い世代ほどスマートフォンに多く接触しており、広告を見てもらうチャンスが毎日のようにあります。デジタルネイティブの彼らは「YouTube」「ニコニコ動画」など日常的に動画を視聴し、面白いとおもった動画はすぐに友だちにシェアする文化があります。その動画がたとえ広告であったとしても、シェアしたくなるような動画広告であれば、それは彼らの中で”良質なコンテンツ”として変換され、SNSなどでシェアすることにより爆発的なバイラルを生み出す可能性を秘めています。
若者向けのサービス/製品を提供している企業ほど、動画広告のインパクトが強いというわけです。

2つ目は「インターネット回線の高速化(インフラ面)」に関してです。

インターネット回線速度は年を追うごとに高速化しています。数年前の3G回線の時代は、外出中にスマホでちょっと画質の良いYouTubeなどのストリーミング動画を見ようにも、再生中にプツプツ止まってしまい、なかなか見終えることができませんでした。

しかしながら、LTE 4G回線が主流になってきたおかげで、ストレスなくスマートフォンで動画を再生できるようになりました。また、各キャリアのシェア争いに引っ張られるように、全国津々浦々にその通信回線網が張り巡らされ、日本のどこにいても動画が楽しめるようになりました。このことは動画広告がスムーズに再生されることをも意味し、ユーザー側の再生ハードルが格段に下がることに一役買うことになりました。

3つ目は「動画サービスの充実と動画コンテンツ市場の成熟 (サービス面)」に関してです。

以下は、日本で数多くのユーザーが日常的に利用している各カテゴリの主要アプリです。

動画サービス(YouTube、ニコニコ動画、Gyao)
SNS(facebook、Twitter、LINE)
キュレーションメディア(SmartNews、グノシー、Antenna)

video-ad-list

現在、上記アプリすべてにおいて、動画広告プランが用意されています。
広告主は自社のサービス/製品の潜在的需要があるユーザー層と、メインユーザー層が近しいアプリに対して動画広告を配信することができます。配信対象のアプリを選別することがそのままターゲット層を絞ることになり、効率的な動画広告配信が実現できます。

以上、3つの条件を達成し、動画広告を掲載する上で盤石なプラットフォームが出揃ったことで、動画広告があちらこちらに芽を出してきたという構図です。

動画広告の未来

「動画元年」と言われていた2014年
「動画広告」が日常化してきた2015年
そして、2016年。

広告主、クライアントの間にポジショニングしている、DSP、SSP、アドネットワーク、広告代理店、動画制作会社など、数多くのプレイヤーたち。

市場の拡大とともに、今後も続々と誕生するであろう動画広告を取り巻くプレイヤーが、それぞれの分野でシェア争いを繰り広げることになります。
これにより動画広告市場がますます活況を呈してくるのは間違いなさそうです。

もっと読む »
facebook-carousel-ad

Facebookの「カルーセル広告」新しい広告フォーマットの効果とは?

  • 2015年7月30日

facebook-carousel-ad1

Facebookの「カルーセル広告」とは

Facebookのタイムラインを見ていて、必ず目にするのが「おすすめ投稿」などの形式で表示される「Facebook広告」ですね。
最近「あれ?広告の表示形式が変わった?」とお気づきの方も多いはず!
今回は2015年5月からFacebookに導入された「カルーセル形式の広告」をご紹介したいと思います。

とその前に、従来からある「カルーセル形式の広告」によく似た広告様式を紹介します。

下記のような広告はMPA(Multi Product Ads)と言います。特徴は画像が3枚一組で、それぞれ、異なる画像、異なる文言、異なるリンクを設定することができるというものです。

Facebook「カルーセル広告」画像1

1つの広告枠の中に画像が3つ使用できて、さらに文言もリンクも変えられる、というものですね。

広告枠はひとつなのに、画像ごとに異なるリンクを設定できるのは、ECサイトなど、おすすめ商品が数点ある場合や、企業イメージ=製品が結びついていない場合のブランディング広告としても効果が期待できそうですね。

 

さてそれでは、今回の本題「Facebook カルーセル広告」特徴優位性について、紹介してみます。

Facebook「カルーセル広告」画像2gif

Facebookの「リンク広告」「ダイナミックプロダクト広告」において、「カルーセル形式の広告」を導入することが可能です。スマートフォンアプリのインストール広告にも適用可能です。

「カルーセル広告」を用いれば、Facebook広告においてクリエイティブの幅が広がり、ブランドや製品を魅力的に見せることができるようになります。それにより、Webサイトやアプリに、さらに多くのユーザーを引き寄せ、アクションやコンバージョンを獲得することに繋がります。

単一の「カルーセル広告」には、最大5枚の画像を載せることが可能です。
それぞれの画像がクリックでき、Facebookは自動でこれらの広告に関連の強いユーザーへ広告を露出します。

また、「カルーセル広告」はパワーエディタで作成ができます。

Facebookのオフィシャルレポートによると、「カルーセル広告」で出稿した際、CPC価格を20%~30%節約できるというデータが公開されています。

「カルーセル広告」の成功事例(海外事例)

・Foodpanda

Facebook「カルーセル広告」画像事例1

 

FoodpandaはFacebookにおいて「カルーセル広告」を導入して以来、CTRが180%上がり、CPIも39%下がりました。

 

・Mini

Facebook「カルーセル広告」画像事例2

 

MiniはFacebookで「カルーセル広告」を導入して、ブランドのストーリーをうまく表現し、視覚的にインパクトを与えています。

また、ユーザーが実際に試乗をしたかのような、イメージ喚起をさせることに「カルーセル広告」が貢献しています。

 

・Neiman Marcus

Facebook「カルーセル広告」画像事例3

ショッピングサイトのNeiman Marcusは「カルーセル広告」を導入して以来、これまでよりおしゃれな感じでカタログをユーザーに見せることが可能になり、CTRが今までの3倍になりました。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
膨大なビッグデータを活用した広告出稿が可能なFacebookの新広告、「カルーセル広告」。

Facebookも広告主とユーザーへ与える価値を増大させるべく、様々な進化を遂げています。
また、Facebookが買収したinstagramでも「カルーセル広告」が一部の国で解禁されたこともあり、
今後ますますこのカルーセル形式の広告が増えていくことが予想されます。

Instagram広告の効果を上げる4つのポイント


スマートフォンアプリのインストール促進以外にもセミナーや新卒採用の集客等様々な方法で効果を高めることが期待できるカルーセル広告。
弊社では既にこの新しいFacebookの広告フォーマット「カルーセル広告」の運用実績があります。
Facebookでの広告運用をご検討中の企業様や、既にFacebook広告運用をされている中でさらに効果を高めたい企業様等、
ニーズに合わせたご提案が可能ですのでお気軽にお問い合わせください。


Facebook 「カルーセル広告」についての公式発表はこちら→https://www.facebook.com/business/news/JA-carousel-ads

※本文中の製品・商品・サービス名は各社の登録商標です。

 

もっと読む »