アプリ

サンタクロースアプリアイキャッチ

【アプリ紹介】Google Playのアプリ検索で”サンタ”と入力してみた

もっと読む »
picsart

【アプリ】流行の画像加工アプリ「PicsArt(ピクスアート)」使い方!

 

picsart

 

みなさん、画像加工アプリは何を使っていますか?
今や色んな種類の画像加工アプリがあって、一体どのアプリが一番良いか分からないですよね。

色んな機能が搭載されていると評判の高い画像加工アプリ「PicsArt」を使ってみたので、機能を紹介していこうと思います!

「PicsArt(ピクスアート)」の機能

PicsArt_20171110

「PicksArt(ピクスアート)」の基本機能は、「編集」「コラージュ」「ペイント」「ステッカー」の4つです。

今回は、この4つの機能の中でも中心となる「編集」機能にフォーカスをし、使い方を開設します。

「編集」機能の使い方

PicsArt_20171110_2PicsArt_20171110_3

「編集」機能には14種類のバリエーションがあり、非常に細かい編集が可能です。

専用の編集アプリを使わなければ出来なかったような編集も可能で、非常に画期的となっています。

「ツール」機能

PicsArt_20171110_4 PicsArt_20171110_5 PicsArt_20171110_6

「ツール」機能の中には、合計15種類の機能があります。
切り抜き、リサイズ、ミニチュア風等基本的な加工はこのツールで行う事が出来ます。

今回は「切り抜き」を行ってみました。
赤いペンでなぞった部分を切り取る事が出来、透過されるので「PicsArt(ピクスアート)」内でスタンプとして使用することも可能です。

「エフェクト」機能

PicsArt_20171110_7  PicsArt_20171110_8

「エフェクト」機能では、Instagramのフィルタ機能のように画像にフィルタをかけることが可能です。
「PicsArt(ピクスアート)」のエフェクト機能は種類が豊富で、絵画風に画像を加工させる事も出来ます。

今回はFX(左)・マジック(右)の加工を施しました。

「ステッカー」機能

PicsArt_20171110_9 PicsArt_20171110_10

「ステッカー」機能では、他のユーザーが「切り取り」機能を使用して作成したスタンプ等を使用する事が可能です。

使いたいスタンプの特徴を検索すると、たくさんのスタンプを見つける事が出来ます。
今回は「ハート」と検索し、スタンプを使用してみました。
綺麗に透過がされており、可愛い画像になりました。

「文字」機能

PicsArt_20171110_11

「文字」機能では、文字を画像内に追加する事が出来ます。
フォントの種類も豊富なので、色んな表現をする事が可能です。

「写真の追加」機能

PicsArt_20171110_12 PicsArt_20171110_13 PicsArt_20171110_14

「写真の追加」機能では、画像を追加する事が可能です。
追加した写真を加工することも出来るので、色んな発想で画像を仕上げられます。

今回は宇宙の画像を透明度を高めて重ね、宇宙ムードにしてみました。

「四角に合わせる」機能

PicsArt_20171110_15 PicsArt_20171110_16

「四角に合わせる」機能は、写真の外側に余白を設けることが出来る機能です。
この余白には画像を入れたり、ぼかしたりする事が可能です。

「枠線」機能

PicsArt_20171110_17 PicsArt_20171110_18

「枠線」機能では、写真の外側に枠を設ける事が可能です。
色や透過度を自由に変更する事が出来ます。

「アートレイヤー」機能

PicsArt_20171110_19 PicsArt_20171110_20

「アートレイヤー」機能では、光が入り込んだような加工を行う事が可能です。
今回は対象物が注目を浴びているようなレイヤーを使用しました。

「ペイント」機能

「ペイント」機能では、自由にペンを使って文字やイラストを書き込む事が可能です。
ペンの種類がとても豊富で便利です。

PicsArt_20171110_21

「ペイント」機能では、自由にペンを使って文字やイラストを書き込む事が可能です。
ペンの種類がとても豊富で便利です。

「レンズフレア」機能

PicsArt_20171110_22 PicsArt_20171110_23

「レンズフレア」機能では画像に光を加える事が可能です。

「図形マスク」機能

PicsArt_20171110_24

「図形マスク」機能では、色んな形の図形をマスク加工する事が出来ます。
調整も自由自在なので、お好きな雰囲気を選べます。

「フレーム」機能

PicsArt_20171110_25  PicsArt_20171110_26

「フレーム」機能では、画像の外側にフレームをつける事が出来ます。
種類が豊富で、購入する事も可能です。

「吹き出し」機能

PicsArt_20171110_27

「吹き出し」機能では、画像に吹き出しを追加する事が可能です。
文字を入力する事も出来ます。

まとめ

今回の記事では「PicksArt(ピクスアート)」の機能をご紹介しました。
画像加工アプリの中でも機能が豊富で、とても素敵なアプリですよね!
プライベートのSNS投稿(Instagram等)用の画像加工に是非「PicksArt(ピクスアート)」を使ってみてください。

出演:チップくん

▼チップくんの公式Instagramはコチラ☆▼

もっと読む »
レシピ動画アプリ_アイキャッチ

「レシピ動画アプリをレビュー!!」

レシピ動画アプリ_アイキャッチ

みなさん、スマホにレシピ動画アプリを入れていますか?
テレビCMやSNSで話題なので、実際に使用しているという方も多いのではないでしょうか。
そこで、今回は一人暮らしの男が4つのレシピ動画アプリをレビューしていきます!

 

mogooアイコン

■mogoo

『mogoo』は昨年の10月より正式にiOS版アプリがリリースされたばかりですが、すでに
月間に1,000万人閲覧されているというレシピ動画アプリとなっております。

早速レシピ動画を見ていきましょう!

ホーム画面にある料理画像をタップすると、ホーム画面上で動画が再生されていきます。

mogoo_ホーム画面

もう一度タップするとその料理のページへ飛び、詳細なレシピを見ることが出来ます!
動画は平均30秒ほどと非常に短くなっております。

mogoo_動画

女性が好きそうなスイーツ系のレシピもありますが、親子丼や豚の角煮のような
男性が好きそうなレシピが非常に豊富です!

mogoo3

iOS版mogoo

ペコリアイコン

■ペコリ

お次は、450万お料理投稿数突破の『ペコリ』です。
『ペコリ』は人気レシピもランキングも完全無料で見放題となっており、
レシピはもちろん、お料理動画やお料理まとめ記事などコンテンツ盛りだくさんなアプリとなっております!

このようにレシピランキングも見放題!

ペコリ_ランキング

ホーム画面ではスクロールするだけで、レシピ動画の再生が始まります。

ペコリ_レシピ動画

こちらのアプリはタルトやプリンなどのスイーツ系のレシピが多いですね。

iOS版ペコリ

Android版ペコリ

 

クラシルアイコン

■クラシル

お次はテレビCMでも話題のレシピ動画数国内No.1というレシピ動画アプリ『クラシル』です。

『クラシル』では、1分ほどの動画で料理のレシピをわかりやすく紹介しています。

レシピ動画数が国内No.1というだけあってスイーツから民族料理まで幅広いレシピ動画が掲載されているのが特徴です。

クラシル_ホーム画面

動画はこういった感じで再生されます。
動画の長さは1分ほどとなっており、費用目安も記載されいているので非常にありがたいですね。

クラシル_レシピ動画

 

iOS版クラシル

Android版クラシル

デリッシュキッチンアイコン

■DELISH KITCHEN

最後に、こちらもテレビCMで話題のレシピ動画アプリ『DELISH KITCHEN』です。
このアプリはFacebookやInstagramなどのSNSファン数がNo.1となっております!

ホーム画面はこのように非常にシンプルになっており、分かりやすいです。

デリッシュキッチン_ホーム画面

レシピ動画を再生すると、これまでのアプリとは違い全画面で動画が再生されるので
細かいところまで非常に見やすいですね!

デリッシュキッチン_レシピ動画

今回は『DELISH KITCHEN』でこちらの料理を作ってみました!

デリッシュキッチン_料理

結果はこのような感じ笑
見た目はともかく、味はおいしかったです!笑

料理画像

これをきっかけに自炊していこうと思います!笑

iOS版DELISH KITCHEN

Android版DELISH KITCHEN

これらのアプリ以外にも多くのレシピ動画アプリがあるのでみなさんも自分にあったアプリで料理してみてください!!

もっと読む »
Liteアプリ

Facebook、Lineにもある?軽量版の 「Liteアプリ」とは・・・

Liteアプリ

FB_Lite Linelitemessenger_lite

Liteアプリ

こちらのアイコンに見覚えありますか?なじみのあるアイコンのようですがこれらは
「Facebook Lite」,「Line Lite」,「Messenger Lite」というそれぞれの軽量版アプリのアイコンです。
元のアプリと同様の機能を容量と通信を抑えながら使用することができ、元々は通信インフラの整っていない地域や、低スペックの端末でもストレスなくそのアプリの機能を利用する目的で作られたものです。
実はAndroid端末ではこのようなLite版アプリがユーザー数の多いメッセンジャーやSNS、ツール系のアプリでいくつか存在しております。

LINE Liteは現在日本がサービス対象外ですがFacebook LiteやMessenger Liteは現在日本でも使用することができ、密かに利用者を増やしているようです。SkypeやTwitterにも存在しその他カメラアプリやクリーナーアプリで見られます。もともと新興国向けに提供されていましたがFacebook Liteも今年から日本でも利用できるようになり今後各アプリでも普及が広がるかもしれません。そんなLite版アプリについていくつかご紹介いたします。

Facebook Lite

下のキャプチャはFacebookとFacebook Liteの同一ページUIです。Facebook Liteは今年から日本でもダウンロードできるようになりました。

〈Facebook UI 比較〉

FB_FB Liteアプリ比較キャプチャ

Lite版はUIがよりシンプル&コンパクトにまとめられているのが特徴的です。タイムラインの動画が自動再生ではなく手動再生でスクロール中に勝手に流れないなど細かな違いはありますが、基本的な機能はすべて利用できるので容量や通信が気になる方であれば十分と思います。

《Facebook Liteの特徴》

・基本的性能はFacebookと変わらない
・アプリDLサイズが軽い(約1.33MB)
・UIデザインがコンパクト
・タイムライン動画が勝手に流れない
・日本語フォントが少し変

 
日本語フォントは今後のアップデートに期待するとして、Liteアプリを利用しても極端にストレスを感じることはないかと思います。

 

Liteアプリの国別利用率

Facebook Liteのユーザーを国別でグラフにすると以下のようになります。

FB_Lite

FB_Liteアプリ_Graph

人口の多いインドネシア、ブラジル、インドを筆頭に南米、東南アジア各国でFacebook Liteが利用されていることがわかります。北米・ヨーロッパでは利用率がとても少ないです。

 

Facebook Messenger Liteのユーザー比率は以下です。

messenger_lite

Messenger_Liteアプリ_Graph

Messenger Liteはインドネシアの利用率が下がります。これはインドネシアのメッセージツールはLINEが浸透しているため、そもそもFacebook Mesengerの利用率が低いことが影響しています。

参考記事( https://lab.kingsoft.jp/2017/09/04/line-globalshare/)

 

Line Liteを見てみるとインドネシアがダントツです。

Linelite

Line_Liteアプリ_Graph

 

もともとはLite版アプリは新興国向けに作られましたが、今では通常版アプリにはタイムラインに動画が頻繁に流れ、動画広告も流れます、UI・UXは進化を続けどんどんリッチなつくりになっていき通信料や容量は上がる一方です。
メッセンジャーアプリやSNSはすでに生活の一部となり、なくてはならないものになりつつありますが、アプリは必要だが最低限の機能が使えればそれでよいという方もいると思います。Facebook Liteが日本でも使えるようになった背景にはそのような軽く利用したいという需要増に答えてのことではないでしょうか?
今後ツールやコミュニケーションアプリでは途上国ではなく通信環境が整った先進国でこそLite版アプリという選択肢がますます増えるかもしれません。

もっと読む »
Foodie:アイキャッチ1000×500

フード専用アプリなのに自撮りアプリとしても大人気!?Foodie レビュー

Foodie:アイキャッチ1000×500

こんにちは!今回は、自撮りアプリとしても大人気!?食事をおいしく撮るためのカメラアプリをご紹介したいと思います。

 

その名も『Foodie(フーディー)』。

 

いかにも食べ物をおいしそうに撮れそうなネーミングだと思いませんか?

 

しかし、女の子たちのあいだではこのFoodie、食べ物を撮るためだけではなく、自撮りアプリとしても大人気なんです!

 

人気の秘訣はなんといっても豊富なエフェクト。

 

このアプリさえあれば、いま話題の『フォトジェニック』な写真を、簡単に撮ることができてしまうんです。

 

そんなFoodieですが、実は魅力はエフェクトだけではありません。

 

 

【Foodieの主な機能】

 

①“真上撮り”をサポートしてくれる「ベストアングル機能」

Foodie:1

この機能を使えば、Instagramで人気の“真上撮り”を、簡単に行うことができます。

・・・・・・・おいしそうですね!

 

②プロのような仕上がりを実現する「アウトフォーカス機能」

Foodie:2

被写体以外の部分にぼかしをかけることで、まるで一眼レフで撮影したかのような仕上がりに!

プロ顔負けの仕上がりです。

 

③食べ物が綺麗に変身する「食べ物フィルター」

Foodie:3

食べ物に最適化された39のフィルターで、自分好みのおしゃれな写真を撮ることができます。

このフィルターで自撮りをすると可愛く撮れると、女の子たちには大人気なんです!

 

④暗い場所でも撮影を可能にする「明るさ調節機能」「トーチ機能」

Foodie:4

写真撮影の際に、手動で明るさ調節(-2.0~+2.0の40段階)が可能。ライトを常時点灯させることもでき、暗い場所での撮影もできます。

 

⑤多様なサービスへの「共有機能」

Foodie:5

Foodieで加工した写真は、LINEやFacebook、TwitterやInstagramで共有することができます。

 

 

Foodieのカメラエフェクト

食べ物の撮影に特化したアプリですが、アウトカメラをインカメラに変えると、これまたびっくり。

美肌効果も抜群なエフェクトで、さまざまな雰囲気の写真を撮ることができます。

 

スマホに内蔵されている普通のカメラ(エフェクトなし)

Foodie:6

 

Foodie「YU3 おいしく」

Foodie:7

 

Foodie「PI2 ピクニック」

Foodie:8

 

Foodie「TR3 トロピカル」

Foodie:9

 

Foodie「SW2 スウィート」

Foodie:10

 

Foodie「CH1 ランチ」

Foodie:11

 

 

いかがですか?

エフェクトによって、こんなにも雰囲気がガラリと変わるのですね・・・!

 

ぜひ皆さんもFoodieでお気に入りのエフェクトを見つけて、カメラライフを充実させていきましょう♪♪

 

もっと読む »
話題のカジュアルゲームやってみたーキャプチャ

「今話題のカジュアルゲームをやってみた!」

「今話題のカジュアルゲームをやってみた」記事のキャプチャ

今話題のカジュアルゲームをご紹介!!

みなさん、こんにちは!

話題のカジュアルゲームを3つご紹介したいと思います!!
どれも個性的かつ、はまる人にははまるアプリなのでぜひお試しください!

神回避2ゲームアイコン

■ ドッキリ神回避2

ゲーム概要:

様々なドッキリを回避していく、脱出系謎解きゲームの第2弾。数々の罠を避けて、日常に隠されたドッキリを回避するというゲームの内容になっています。

基本操作はタップのみで、入手したアイテムは使いたい場所へスワイプするシステムなのでかなり簡単!早速、やってみましょう!!

このステージでは、ヤケドを回避します。10_2_2

アイテムの氷を発見!!!

10_2_3

熱々のお茶に氷を入れてあげましょう!!

10_2_4

アイテムを使用し、回避成功!!

10_2_5

ちなみに使用しないと、、、
こうなってしまいますので、しっかりアイテムを使って回避してください!笑

10_2_6

iOS版ドッキリ神回避2

Android版ドッキリ神回避2

感想:
ステージが進むにつれダミーのアイテムも置かれており、回避するにはどのアイテムが必要なのかをしっかり見極める必要があります。←これが意外と難しい!!!
あと、回避を失敗するとコミカルなシーンを見ることができるのでわざと失敗するのも楽しみ方の一つかもしれません!笑

10_2_7

■ Snake vs Block

ゲーム概要:
ボールのヘビをどんどん大きくしていきながら、ひたすら上に進んでいくカジュアルアクションゲーム。数の少ないレンガを目標に破壊し進んでいくのがコツです!

こんな感じで、ステージに現れるボールをゲットしてヘビを大きくしていきます!

10_2_8

しっかりと数の少ないレンガに向かい進まないと、このように悲惨なことになります笑

10_2_9

ちなみにボールが0でもゲームは継続できます笑 どれがヘビなのか分かりません笑

10_2_10

 

 

感想:
非常にシンプルだがヘビの頭と尾の動きが面白く、これまでになかったようなゲームで飽きないですね。
ボールをゲットするのに集中しすぎて、気がついたら数字の大きいブロックが目の前に!!ということがあるので注意してください笑

iOS版Snake VS Block

 Android版Snake VS Block

10_2_11

■ 一筆書き

ゲーム概要:
頭が良くなる脳トレ一筆書きパズルゲーム。ルールは1つ。
「一筆書きで、全ての点を繋ぐだけ」です。どこから始めても構いません。

最初は一筆書きの定番から!!

10_2_12

これは簡単ですね!笑

次いってみましょう!!

10_2_13

いきなりこの難易度、、、

10_2_14

でもクリアできると、達成感がすごい!!

 

感想:
スキマ時間に脳トレとしてついついやってしまうゲーム性になってますね。
しっかりと何処を辿れば一筆書き出来るのか考えながらプレイすると一つのステージをクリアするのに時間がかかります笑 その分達成感もすごいです!!

iOS版一筆書き

<おまけ>

10_2_15

■ Takibi

ゲーム概要:
目と耳で焚き火を楽しむ。これだけです笑

この再現度はすごい!!

10_2_16

 

感想:
焚き火の音にかなり癒され、不思議とずっと見てられます笑
癒されたい方はぜひ、試してみてください!!

                                              iOS版Takibi

以上、気になるアプリがありましたらぜひ遊んでみてください!!!

もっと読む »
badland2ゲーム-イメージ

はかなさが癖になる死にゲーム:BADLAND2  レビュー

badland2ゲーム-イメージ

こんにちは、今回は最近はまっているゲームをご紹介します。

 

その名も「BADLAND2」

 

名前からだとGTA(グランドセフトオート)のような悪いやつらが主人公のゲームかと思ってしまいますが

これ、全然違います。

badland2ゲーム-イメージ8

このマックロクロスケっぽいものを動かして

先に進めるカジュアルゲームなんですが、

もうこれ世界感がすごすぎます。

動画を見ると一目瞭然ですが、

 

まず、

絵がきれい

badland2ゲーム-イメージ10

 

動きが

スムーズ

badland2ゲーム-イメージ12

そして

意外とエグい!

 

すぐ死にます。

 

ファミコンソフト「トランスフォーマー コンボイの謎」まではいかないですがすぐ死にます。

 

死にゲーというジャンルらしい。

 

どんなことをすると死ぬかというと、

・落ちる

badland2ゲーム-イメージ11

・踏み潰される

badland2ゲーム-イメージ5

・やりの雨で串刺しになる

badland2ゲーム-イメージ6

・なんか触れたら爆発

badland2ゲーム-イメージ4

・針で一撃

badland2ゲーム-イメージ3

・電動ノコギリでさくさく

badland2ゲーム-イメージ2

他にも、レーザーで凍結や

プロペラに巻き込まれる

などなど死に様は盛りだくさん。。。

 

 

でも大丈夫!!

 

時にはいっぱい増殖しながらなんとか進みます!

badland2ゲーム-イメージ9

最後に1匹だけでもゴールすればクリアとなります。

そう、まるで生命の誕生を見ているかのような

はかなくも美しい系ゲームなのです!

 

 

この独特な世界観ですが、BADLAND『2』とあるように今回は続編です。

 

実は筆者は過去に前作のBADLANDをやっていたので、今回2も

懐かしさもあって、またはまってしまいました。

 

BADLAND2は、イギリス、オーストラリア、インドにおいて、Google Playの『Best of 2016』内で『Most Beautiful』賞を受賞していますが、

BADLANDはPS3,PS4にも移植されているようで、

『“Game Connection Europe 2012”において、ベストプロジェクト賞とSCEE賞をダブル受賞した注目の海外タイトル』

とのことです。

↓↓参考↓↓

【注目アプリレビュー】『BADLAND』光と影が織りなす幻想的な世界

どうやら、こちらを見ると主人公は森の住人らしいです!

こんなのが森から出てきたら恐怖ですね。

badland2ゲーム-イメージ7

 

最後にこのBadLand2を進めていくコツをご紹介します。

・アイテムはしっかり取る。

特に増殖アイテムは無理してでも取っていきましょう!その後すぐにチェーンソーやら罠がいっぱい出てきて死にまくりますが、1匹でも生き残っていたら先に進めます!!

 

・時々止まってみる

画面を押し続けるとぐいぐい前に進みますが、行き過ぎると罠や仕掛けにやられるので要注意!

転がってるときなどは何もしなくても進みますので、たまには手を離して遊んでみてください。

 

・行き詰ったらとにかく動いてみる

たまに仕掛けがあって、その仕掛けを解かないと進めない時があります。そんなときはまず動いてみてください。動くと穴が開いたり、ボタンが押されたりして進めるようになります。

 

・どうしても進めなくなったら。。。

スーパーダッシュアイテムがあります!!

badland2ゲーム-イメージ13

 

これを使うと障害物をガン無視して先に進めます。

いっぱい死にまくると、上のような表示が出てきますので、どうしても先に進めないときは使ってくださいね。

 

 

※アプリはこちらからDLしてください

Googleplay版:BADLAND2

iOS版:BADLAND2

日本語対応版はないようですが、英語がわからなくても十分楽しめますよ!

もっと読む »
アプリの規約をマジメに読む人

アプリの規約をマジメに読んでみた。

アプリの規約をマジメに読む人

アプリを利用する際には、本来ならば細かく書かれた規約に同意する必要がある。
でも、ちゃんと読む人はほとんどいない(インストール時に聞かれたりするが、読まずに「同意する」ボタンを押してしまうこともしばしば)。

今回は、主要なアプリではどんなことが書かれているのか全部読んでみることにした。

こういう規約は、そのアプリを運営する会社の法務部や顧問弁護士が関わったりしているものなので法律や契約書の文言みたいなカンジで難しくて面倒な世界。
たぶんプライバシーに関する部分や免責事項といったものはどのアプリも似たようなものだろうから、ちょっと特徴的な文言を探していってみようと思う。

まずはLINEから

LINE利用規約

読み始めて早々にゲンナリな内容だけど、気になったところとしてはここ(赤枠内)↓

LINE規約における未成年者の取り扱い

これはつまり未成年者は親の同意をもらって使わないとダメだということか。
でもLINEを使っている中高生とかがいちいち「LINE使っていい?」と親に同意をもらっているとも思えないけどなぁ。スマホを買い与えている時点で同意したも同然という解釈で良いのかな。

続いて気になったのはこの最後の部分(赤枠内)↓

LINE利用規約更新日

規約の最終更新は「2013年04月01日」…(”04月01日”って書き方するかな、”4月1日”で良くない?とかいうツッコミはさておき)つまり、4年ほど規約は更新されてないわけだ。

つまるところ、ユーザーに関わるような機能は4年前から何も変わってないってことになるのかな。

 

インスタの規約を拝見。

インスタグラム利用規約

おーい、右側の表示が切れてしまっているぞ。「おかしいな」と思って色々操作してみたが拡大も縮小もできないし、端末を横にしても右側の文章が切れているままだ。ソースがわからないから微妙だけど、表示を端末画面のサイズに合わせる設定にしていないようだ。これってマズくないのかな…

一方でプライバシーポリシーはこんなカンジ↓

インスタグラム・プライバシーポリシー

ちゃんと表示される模様。これを見るかぎり、さっきの規約の載せ方だけが設定がおかしいのかも。

 

ツイッターは?というと…

一方でPCサイトから成長して有力スマホアプリとなっているものはどうだろうと思ったので、まずはtwitterから確認。

ツイッター利用規約は日本とアメリカで異なる

ほうほう、twitterは米国内とそれ以外の国のユーザーで規約が違う模様。

ツイッター利用規約と法律

利用できるのは「適用のある法域の法律によりサービスを受けることが禁止されていない者」…つまり「twitter自体を禁止しているような国の人は使えませんよ」というような意味かな。

むしろtwitterの規約で気になったのはこっち(赤線部)↓

ツイッター規約あるアイルランドの文字

「米国、アイルランド、および/またはその他の国々に…」うーん。米国はともかく、アイルランドにわざわざ言及しているのは何でだろう。アイルランドにサーバーだったり、マーケティング部門か何かあるのかな。

とか思っていたら、最後にこんな記述が出てきた。

ツイッター利用規約とアイルランド

おぉ、なんとこの規約はtwitterの日本法人やアメリカ本社ではなく、アイルランドに登記のあるTwitter International Companyという会社とユーザーとの契約ということらしい。
どういうことなのか色々と検索したらこんな記載があるページを見つけた。

https://it.srad.jp/story/15/04/19/0535201/

なるほどね、それでさっきアイルランドについての記述があったわけだ。アメリカ以外の事業はアイルランドの子会社か何かがデータ管理をしているということか。

 

フェイスブックもチェック!

こうなると気になるのがSNSの王者、facebookだ。こちらもちょっと拝見。

フェイスブック利用規約とカリフォルニア州法

facebookの利用は、カリフォルニア州の法律に従わないといけないわけね。やはりシリコンバレーの企業だなぁ。

一方でこんな規定も見つけた(赤線部)↓

フェイスブック利用規約アメリカ以外

米国外のユーザーに対しては特別な規定がある模様。しかもドイツはさらにちょっと違う規定が適用されるようだ。

最後に気になったのはこれ(赤枠内)↓

フェイスブック利用規約その他

ほうほう。「利用者とFacebook Ireland Limitedの間で締結」ねー。twitterと同じくアイルランドが出てきたぞ。

twitterはアメリカとアメリカ以外の利用者に分けられていたけれど、facebookはアメリカとカナダの利用者の場合はFacebook, Incとの間で、その二カ国以外の利用者はFacebook Ireland Limitedとの間で規約に合意したことになるわけだ。

 

結局、twitterにしてもfacebookにしても、国際展開するにあたって法人税率の安いアイルランドの子会社に管轄させることで節税を狙っているのかなぁ。

いずれにしろ、twitterとfacebookの規約を読んでみて推測できることとして、北米とそれ以外はどうも顧客データが分離されているっぽいことだ。

日本にいながら日本人がtwitterやfacebookで普通にアメリカ人とも繋がることができているけど、裏側の顧客データベースレベルでは実はしれっと分かれているということなのかもしれないなぁ。

LINEも国際展開しているから、日本版と海外版は規約が微妙に違っていたりするんだろうか(読んでないから知らないけど)

ただ今回、有名なアプリの規約をしっかりと読んでみて、実は見過ごされている記述があったり、意外な記述があったりと新しい発見がいくつもあった。

この規約を読んだからって使い方が変わるとも思えないけど、アプリの裏側は色々と複雑にできていそうだということだけはハッキリしたような気がする。

もっと読む »
MessengerDay-Title

【Facebook新機能】24時間でコンテンツが消える「Messenger Day」が日本でも提供開始されたので使ってみた!

  • 2017年3月30日

MessengerDay-Title

みなさん!3/17にリリースされたFacebookの新機能「Messenger Day」(メッセンジャーデイ)ご存知でしょうか?

こちらは写真や動画をシェアし、多くの友達が見てコメントをすることができるというごくごく普通なものです。しかし、本当のサービスの肝となるのがこの「Messenger Day」でシェアしたコンテンツが24時間で消えてしまうということです。

 

要するにFacebookにもSnapChatやInstagramの「Instagram stories」と同じような時限式で消える画像・動画共有機能が追加されたんです!

 

それではいったいどの様に使うのか?使ってみましょう!

 

Messenger Day(メッセンジャーデイ)を使ってみる!

1、まずはインストールされているMessengerアプリを最新版に更新します。※アプリを入れていない人はストアよりアプリをインストールでOKです。

2、Messengerアプリを起動します。すると画面の中ほどに「My Dayに追加」というボタンが出ていますので、これをタップすると操作開始です!

MyDayに追加する

3、タップ後はカメラ画面に切替わり、画面下部の真ん中の○ボタンを長押しで動画撮影、タップで写真撮影となります。

MyDayに追加(撮影する)

4、撮影後は右上にある3つのメニューボタン(左から、フレームスタンプ装飾ボタン/テキスト入力ボタン/手書き線追加ボタン)より、画像や動画を加工できます。フレームやスタンプはなんと5,000種類以上の中から選択が可能とのこと。かなり多彩な加工が可能になります!

右上3メニュー      フレーム     フレーム&スタンプ

MyDayに追加-メニュー MyDayに追加-フレーム1 MyDayに追加-フレーム2

テキストツール      ペンツール    画像加工後

MyDayに追加-テキスト MyDayに追加-ペンツール MyDayに追加-画像加工後

5、加工が終了したら画面右下の矢印ボタンをタップします。次の画面からは、MayDayに追加するかカメラロールに保存するか、メッセージとして送るかを選択可能です。そしてMyDayに追加を選択すると、公開する人、または非公開にする人を指定できます。特にチェックをつけなければ全公開となります。

最後に送信ボタンをタップし共有が完了します。

MyDayに追加-プライバシー設定1 MyDayに追加-プライバシー設定2

ひと通り撮影からMyDayの追加までさわってみましたが、SnapChatやInstagramStoriesなどに比べると加工機能に多少見劣りがする(画像フィルターや3Dスタンプがなかったり、ブラシの種類がない)感じはうけました。ただ、今までこういった類のアプリ利用をしてこなかったFacebookユーザーが試すのには必要十分ではないかとも思います。おそらく今はない機能も今後は追加されていくでしょうし・・・

 

また、現状では広告などの表示はないですが今後は広告枠の追加なども考えられそうです。例えば追加されたMyDayを確認した後に全画面広告が出る・・・等

 

そして、現状でこのような時限式のコンテンツ共有機能をもつアプリの雄はSnapChatやinstagramになるかと思いますが、Facebookユーザ数はこれらのアプリに比べても圧倒的なシェアをしめているので今後は勢力図の変化にも注目です!

 

これらの変化はまた追ってレポートしていきたいと思います。

 

参照元:Facebook newsroom

もっと読む »