フリーフォント_無料_商用
お役立ち・知識

ゴシック体おすすめ厳選フリーフォント【日本語対応/無料/商用可能】

もっと読む »
Google翻訳はすごい?
アプリ

Google翻訳のアプリがすごいらしいので実験してみた。

Google翻訳はすごい?

去年からGoogle翻訳の精度が格段に向上していると話題になっている。
なんでもビッグデータで集めた情報とAIの学習能力でどんどん精度が向上しているとかナントカかんとか。
筆者は語学にそこそこ自信がある。なんたって通訳資格(通訳案内士)の一次試験(筆記試験)は合格してるくらいだからな!機械翻訳になんて負けるわけはねーぜ!

…ということで、さっそくGoogle翻訳をインストールして翻訳させてみることにした。

Google翻訳のアプリにはカメラの動きに合わせて、見たままの状態で翻訳してくれるリアルタイム翻訳機能と、文字を読み取って文章に変換するこれまでと同じ翻訳機能があるので、それぞれ検証していくことにした。

 

簡単なもので実験

まずはオフィス内にあった防犯カメラの表示で実験。

防犯カメラの英語

「防犯カメラ設置」で” CAMERA IN OPERATION ”か…ちょっと意訳されてるカンジもするけど、まぁ手始めに実験するにはちょうどいいか。「カメラ作動中」というのが本来の意味だ。

防犯カメラとりあえず翻訳

「動作時にカメラ」かぁ、この見たままで翻訳してくれる機能自体は画期的だけど、翻訳そのものは微妙かなぁ。

次はカメラで文字を読み取らせる通常の翻訳。

防犯カメラ翻訳

“CAMERA IN OPERATION”はうまく認識されたけど、「運転中のカメラ」かぁ。「動作時にカメラ」よりは自然だけど、ちょっと微妙かなぁ。良し悪しの判断はつかないなぁ。

看板とかは他のブログとかでも実験されてるようなので、もっと難しいものにチャレンジしてみよう。というより、簡単な単語だと直訳でも意味は通じるからちょっと別のものでやってみるか。

TOEIC問題に挑戦!

今や英語学習では常識ともなっているTOEICで実験。いきなり長文問題の翻訳を試してみる。日本でTOEICを運営している一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会のサイトに掲載されていたTOEICの長文問題サンプルを翻訳させてみた。
まずはカメラで見たまま翻訳してくれるリアルタイム翻訳から。

TOEIC長文TOEIC長文リアルタイム翻訳

左が元の文章。右が翻訳。うーん、このリアルタイム翻訳は微妙かな。翻訳の性能の問題もあるけど、撮影の角度や手ブレによって翻訳が変わるし、翻訳されてなかったりするし、カメラの認識の影響が大きい気がする。そこで通常の翻訳機能を試してみる。

TOEIC長文TOEIC長文翻訳

おお!これならだいたい意味がわかる。そうそう、ここの問題(196番~200番の問題)の文章はペンキをネットで買えてサンプルはタダで何営業日以内に発送とかいう文章だよ。リアルタイム翻訳はともかく、通常の翻訳機能なら長文でも大意はつかめそうだな。

 

英検1級の実際の問題で。

いやいや~英語をあるていど勉強した人ならTOEICの単語の難易度はそう高くなくて解くスピード重視のテストだと知ってますよ。
そこで中高生にお馴染みの英検を実施している日本英語検定協会のサイトへ行って英検一級の長文問題を翻訳させてみることにした。日本の英語資格の最高峰、留学経験なしでは絶対できないはずだぜ!

英検長文英検長文翻訳

これまた左が元の本文で右が翻訳。おぁ、日本語的に変なところも多いけど、これだけ翻訳してくれれば普通に設問に答えられる程度に大意はつかめるんじゃないの??

 

天下のハーバード大学(Harvard University)なら…?

だんだんGoogle翻訳の精度が怖くなってきたところで、意地でも翻訳できなそうなところを見つけたくなる。
さすがに「これは翻訳できんだろう」ということで辿り着いたのがハーバード・ローレビュー(Harvard Law Review)ハーバード大学ロースクール(法科大学院)が出している法律誌のサイトの記事だ。これはさすがに法律の専門用語連発で翻訳できませんよね?

ハーバード大学ローレビューハーバード大学ローレビュー翻訳

うーん。何を言っているのかさっぱりだ。さすがに専門用語が出てくると厳しいのかもね。
というより、この英文をキチンと翻訳されたものを読んだとしても意味を理解できないか(汗)

というわけで、様々なサイトで翻訳をさせてみたけど、Google翻訳の精度に驚くばかりだった。筆者はこれまで様々な翻訳アプリやサイトを試してきたが、ここまで精度が高いとは予想外だった。
この機能、Googleグラスとかと一緒になったら英語のテストでカンニングし放題じゃないかとか悪いことを考えてしまったw

Google翻訳の精度向上の秘密

で、なんでこんなにGoogle翻訳の精度が向上したのか気になるところだが、そもそもGoogle翻訳の機能向上は2016年に翻訳アルゴリズムが以前の古いシステムからニューラルネットというシステムを使用したものに変更されたことにあるそうだ。
ニューラルネットとは、人間の脳の神経回路の仕組みをコンピュータ上で行う数学モデルのことらしい。このシステムを使った翻訳では、文章をパーツごとに翻訳していくのではなく、全体を一つの文として捉え、文脈を把握したうえで、より正確な訳語を見つけるのだという。そのうえで、言葉の順番を変えるなどの調整を行うそうだ。これら一連の動作によって、より正しく、より自然な翻訳が可能になっているというわけだ。
さらにすごいのは、このシステムは学習し続けるため、日々、自然な翻訳が可能になっていくのだという。

最初の”CAMERA IN OPERATION”の段階で「たいしたことないやんけ」と思ったものの、結局はGoogle翻訳の能力には驚かされるばかりであった。
翻訳の精度向上のすごさと、最近の音声認識機能の向上が合わさると、会話を同時通訳してしまうアプリが出るのも時間の問題かもしれないなぁとか思ったのでありました。

もっと読む »
インフィード広告市場予測
業界ニュース

インターネット広告を牽引するインフィード広告市場規模予測と今後の利用動向について!

インフィード広告市場予測

近年、ユーザーのメディア消費行動のスマートフォンシフトが進んでいます。それに伴い、インターネット広告市場においてもスマートフォン利用者なら誰もが見たことのある「広告がコンテンツ間に表示される」インフィード広告が着実に存在感を増してきています。先日、電通より出された「2016年日本の広告費」でもインターネット広告媒体費が初の1兆円越えと発表され、その牽引要素のひとつとしてインフィード広告の成長があげられているほどです!

今ではスマートフォンでニュース・キュレーションを中心に様々な形で日々見ないことはないくらいだと思いますが、そのインフィード広告の今後の成長や出稿目的の変化を調査資料などをもとに見て行きたいと思います。

【インフィード広告市場規模予測/全体】

まずは近年のインフィード広告の市場成長に関してサイバーエージェントの発表資料を基に見ていきましょう!

インフィード広告市場規模_プロモーション目的別

※参照元:サイバーエージェント、インフィード広告市場調査を実施

全体としては2016年はややアプリプロモーションの成長が踊り場に差し掛かった感じを受けましたが、WEBプロモーションについては大手EC事業者を中心に堅調な伸びを示したようです。

そして5年後の市場規模は3,013億円と2016年の2倍以上になる想定で、昨年発表された予測と比較(昨年と今年の2020年予測で比較)しても、約1割以上も予測が上振れるほどの成長です。

(昨年の2020年予測:2,478億 今年の2020年予測2,684億)

【インフィード広告市場規模予測/配信先別内訳】

インフィード広告市場規模_配信先別

次に、配信先メディア別での内訳を見てみます。SNSでの配信が市場を牽引しているようです。もともとのメディア力に加え、多様な広告フォーマットの提供により多くの出稿がみられました。

ただ、今後に関しては配信メディアの多様化が今以上に進み、SNSには集中せず、ニュースポータルやキュレーションなどその他の様々なメディアへの配信が増加していくと思われます。

【インフィード広告市場規模予測/フォーマット別動向】

インフィード広告市場規模_フォーマット別

最後にフォーマット別の内訳です。2016年は動画フォーマットの配信需要が顕著に増加しました。これは、中長期的な関係構築を目的をした広告主以外にも短期的な成果を求める広告主にも広く受け入れられたことが影響しているようです。

今後は動画広告自体も増加傾向のため、配信メディアに関してもSNS以外への配信が広がり、中期的には増加していき2022年には配信全体の3割を占めるほどに伸張すると見込まれまれています。

【今後のインフィード広告市場の動向】

市場自体は前述のとおり大きく伸張しますが、配信フォーマットの多様化により広告主も、いかに表示コンテンツと違和感のないクリエイティブでユーザーの注意を引いていくかを媒体または広告代理店ともすり合わせをしていく必要性が高まってきます。そのためクリエイティブの良し悪しで、広告効果自体も「大きく効果を得られる企業」、「得られない企業」が顕著にでてくることになっていくでしょう。

また、当初は獲得を主目的とした利用が多くありましたが、直近では中長期的なブランディングを目的とした利用も徐々に増えているようです。これは、媒体によってメッセージ理解、好感度のUPに寄与するケースが出てきているからです。

要するに、クリエイティブや運用次第で、ファネル上位のブランドへの好意度形成・理解促進まで深度の深いブランディングを行うことが出来るフォーマットになりつつあるといえるでしょう。そういったなかで今後インフィード広告市場の拡大には注目していきたいと思います。

なお、当社キングソフトでもインフィード広告に近いフォーマットでの広告出稿が全世界累計DL数34億以上の当社独自アプリネットワークを用いて可能になっております。もし、ご興味ありましたら下記よりお問合せくださいませ!

サービスHP:https://ad.kingsoft.jp

お問合せ先:https://ad.kingsoft.jp/contact

 

【参照元】

2015年インフィード広告市場規模予測

https://www.cyberagent.co.jp/newsinfo/info/detail/id=11607

2016年インフィード広告市場規模予測

https://www.cyberagent.co.jp/newsinfo/press/detail/id=13301

インフィード広告のブランディング活用への可能性

https://www.advertimes.com/20170213/article244083/1/

2016年 日本の広告費

http://www.dentsu.co.jp/news/release/2017/0223-009179.html

もっと読む »
クラウドファンディング_事例
お役立ち・知識

今話題のクラウドファンディングとは?活用事例から今後の動向

クラウドファンディング_事例

クラウドファンディングとは

クラウドファンディングとは、クリエイターや企業家がインターネットを介して不特定多数の人々から資金を集める事を指します。

クラウドファンディングの先駆けのサービスは、2008年にリリースされた米国の「Kickstarter」で、2015年時点で総額20億円の資金調達に成功しています。

日本では、近年「CAMPFIRE」や「READYFOR?」といったサービスがクラウドファンディングサービスとして台頭しています。

「CAMPFIRE」は、2016年だけで総額16億円の資金調達に成功しており、米国だけでなく日本でもクラウドファンディングが賑わっている事が伺えます。

クラウドファンディングの主な仕組み

プロジェクトごとに期限と目標金額が設定されており、期限内に目標資金額を達成する事が出来れば、資金集めは成功となります。

集めた資金は実際にプロジェクトの起案者に渡されます。

もし目標資金額に到達しなかった場合でも、再度挑戦する事も可能です。

資金を集める方法として、出資してくれたユーザーに対して資金額に応じて特典(リターン)をつけるというのがメジャーな方法となっています。

クラウドファンディングのプロジェクト例

クラウドファンディング_事例_1

クラウドファンディングサービス「CAMPFIRE」

クラウドファンディングで資金を集めているプロジェクトは
・本の出版
・CD制作やライブ遠征費用
・アニメ制作
・講演会の開催
・テーマパークの建設
上記の様に多種多様なジャンルのプロジェクトが進められています。

最近は地下アイドルブーム等の影響もあり、ワンマンライブ資金やCD制作資金等の調達が多く見受けられます。

個人で活躍する人が増えたのも、近年日本でクラウドファンディングが浸透してきている要因の1つと言えます。

クラウドファンディング活用事例

クラウドファンディングを活用しているのは、ベンチャー企業から大企業まで非常に幅広いです。海外と日本のクラウドファンディング活用事例をご紹介致します。

1:海外のクラウドファンディング活用事例

米国のクラウドファンディングサービス「Kickstarter」にて、多額の資金を得ることが出来た事例があります。

クラウドファンディング_事例_2

米国のクラウドファンディングサービス「Kickstarter」

「Kickstarter」内で最も資金を集めたとされているのは、Pebble社の「Pebble Time」というスマートウォッチの商品化プロジェクトです。

「Pebble Time」はモノクロの電子ペーパーディスプレイを搭載しており、1週間程バッテリーが持続するという点が注目を浴び、目標金額50万ドル(約6000万)に対し、実際に約2000万ドル(約24億円)の資金を集める事に成功しました。

クラウドファンディング_事例_3

「Pebble Time」

2:日本のクラウドファンディング活用事例

日本の購入型クラウドファンディングサービス「Makuake」では、ベンチャー企業だけで無く大手企業の事例も多く見られます。

購入型クラウドファンディングは、不特定多数の個人から資金を募り、対価として完成品を送るようなサービスになっているので、企業にとっても出資者にとってもWin-winなサービスとなっています。

クラウドファンディング_事例_4

購入型クラウドファンディングサービス「Makuake」

クラウドファンディング_事例_5

auとタカラとミーの共同プロジェクト「「au×TRANSFORMERS PROJECT」

携帯電話型変形玩具をauとタカラトミーが共同開発をするプロジェクトの資金を、購入型クラウドファンディング「Makuake」にて募りました。

支援するコースは5400円、16,200円コースの2つのコースに分かれており、現時点で目標金額の100万円を大きく上回る2,000万携帯電話型変形玩具をauとタカラトミーが共同開発をするプロジェクトの資金を、購入型クラウドファンディング「Makuake」にて募りました。

支援するコースは5400円、16,200円コースの2つのコースに分かれており、現時点で目標金額の100万円を大きく上回る2,000万円以上の資金調達に成功しています。

その他に東芝が提案したアルコールガジェット「TISPY」も、クラウドファンディングを活用して資金調達に成功しました。

クラウドファンディング_事例_6

アルコールガジェット「TISPY」

クラウドファンディングの新サービス:クラウドファンディング×ライブ配信

冒頭で紹介させて頂いた米国の元祖クラウドファンディングサービス「Kickstarter」は、ライブ配信サービス「Fuzza」を買収し、ライブ配信に進出しました。

また、日本クラウドファンディングサービス「CAMPFIRE」も2017年4月よりライブ配信サービスのベータ版「FIRESIDE」を提供開始すると発表しました。

近年投げ銭式のライブ配信サービスが流行しているのもあり、ライブ配信とクラウドファンディングの相性は非常に高いと言えます。

クラウドファンディングの今後

今後クラウドファンディングを活用する個人や企業はますます増加する傾向にあると言えます。

また、ライブ配信機能等が追加される事により、プロジェクトの参画や資金額の増加が見込まれます。

企業のプロジェクトのプロモーションとしても活用できるため、クラウドファンディングは今後も進化しながら広がりを見せる事でしょう。

もっと読む »
株主優待まとめ ゲームアプリ企業の株式優待ってどんなのがあるの!?アイキャッチ
お役立ち・知識

【株主優待まとめ:2017年】ゲームアプリ企業の株式優待ってどんなのがあるの!?

株主優待まとめ ゲームアプリ企業の株式優待ってどんなのがあるの!?アイキャッチ

株主優待とは

株主優待は、配当金とは別に、モノやサービスを株主に贈ることをいいます。

最近は株式投資をやったことがない方でも耳にしたことがある位、有名になっていますが、

どの企業でどんな株式優待を発行しているかは中々知らないところだと思います。

 

今回、ゲームアプリ企業はどんな株主優待をしているのかを調べてみました。

キャンペーンコード取得とか、レアキャラをもらえるとかあるんですかね!

 

こちらの記事を参考に企業を調べてみました。

【決算まとめ】ゲーム関連企業29社の10-12月…ミクシィが再び躍進 スマホゲームのヒット量産でスクエニは営業益2倍に 増収増益と減収減益で二極化進む

2015年の決算まとめのため、2017年2月現在はゲームアプリが主力でなくなった企業などもありますが、あしからず。

 

何と少ないゲームアプリ企業の株主優待…

 

セガサミーホールディングス(株)

コナミホールディングス(株)

(株)スクウェア・エニックス・ホールディングス

(株)ミクシィ

ガンホー・オンライン・エンターテイメント(株)

LINE(株)

(株)サイバーエージェント

(株)カプコン

(株)コロプラ

グリー(株)

(株)ネクソン

クルーズ(株)

(株)エイチーム

(株)マーベラス

(株)gumi

KLab(株)

(株)Aiming

シリコンスタジオ(株)

(株)ドリコム

(株)イグニス

(株)enish

(株)モブキャスト

アクセルマーク(株)

(株)オルトプラス

(株)ケイブ

(株)モバイルファクトリー

 

上記は全て株主優待なし!!

株主優待まとめ ゲームアプリ企業の株式優待が少なくてびっくりしている

いやー、調べてみたのですが、ゲーム企業の株主優待は思っていたよりも少ない…

今回、調べた30企業中5社しか株主優待の確認ができませんでした。

 

ってことは実に16.6%牛丼屋で調べたら4企業中4社の100%ですよ。

※参考:牛丼チェーン店の株主優待まとめ すき家★吉野家★松屋★なか卯

比較対象が悪いのかもしれませんが。

 

それでは、以下が今回調べた中で2017年2月現在、

株主優待があるゲーム系アプリ企業まとめです!

 

 

ゲーム企業の株主優待 其の1

(株)バンダイナムコホールディングス

(2017年2月20日現在の株価¥3,110)

権利確定月:3月末日

単元株数:100株

 

100株以上 2,000 ポイント
500株以上 4,000 ポイント
1,000株以上 6,000 ポイント
5,000株以上 10,000 ポイント
10,000株以上 20,000 ポイント

※ 1ポイント=1円相当 
※ インターネットによる当社株主優待専用サイトからの申込み、または申込専用ハガキによる申込み※1(500 ポイント単 位で複数選択可)
※ 次の株主優待品からの選択

①こども商品券(500円券) 
②イタリアントマト食事券(500円券) 
③ナムコチケット(500円券)
④「プレミアムバンダイ」プレミアムポイント(500pt)※(2 インターネットによる申込みのみ)
⑤バナコイン(500バナコイン)※(3 インターネットによる申込みのみ)
⑥寄付※4

※1:有効期間内にお申込みいただいた方が対象となります。
※2:プレミアムポイントは、(株)バンダイが運営する通販サイト「プレミアムバンダイ」でご使用いただけるポイントです。
※3:バナコインは、(株)バンダイナムコエンターテインメントが指定するサービスにおいて、共通に利用可能な電子マネーです。
※4:公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンを通じ、東日本大震災被災地の子どもたちへの支援を予定しています。寄付にご賛同いただきました株主さまの寄付金額と同額を当社も拠出します。なお、寄付は最低1,000万円とし、合計金額が1,000万円に満たない場合は、1,000万円になるように不足分を当社が拠出して寄付を行います。

株主優待まとめ ギフトカードイメージ

 

株主優待でポイント付与ですね!寄付も出来ます。

そのポイントに応じて商品券をもらえるようですね。イタリアントマトさんの食事券がなぜここに!??

と思ったので調べたら連結子会社のようです。

 

ゲーム企業の株主優待 其の2

(株)ディー・エヌ・エー

(2017年2月20日現在の株価¥2,463)

権利確定月:3月末日

単元株数:100株
1.横浜DeNAベイスターズが横浜スタジアムで主催するプロ野球公式戦の観戦チケット (インターネットで事前予約可能)

100株以上 内野指定席(A) 1枚
300株以上 内野指定席(A) 2枚

2.横浜DeNAベイスターズが横浜スタジアムで開催する主催試合の内野指定席を500円引きで購入できる割引証

3.横浜DeNAベイスターズ主催のプロ野球公式戦の生中継インターネット番組の視聴 (2016年5月~同年11月まで)

4.2017年春に開催予定の「横浜DeNAベイスターズ 株主限定イベント(抽選)」への応募

1年超継続して100株以上保有
<イベント実施概要(変更の可能性あり)>
参加者:100名程度を抽選で招待。開催地:首都圏。登壇者:球団オーナー、球団社長、GM(予定)

 

株主優待まとめ 野球場

ゲームというか、ベイスターズです、横浜スタジアムです!

こちらは、首都圏在住ベイスターズファンの方にとても嬉しい株主優待ですね。

 

ゲーム企業の株主優待 其の3

(株)コーエーテクモホールディングス

(2017年2月20日現在の株価¥2,180)

権利確定月:3月末日

単元株数:100株

(1)自社選定新作商品40%割引

100株以上 1個まで
500株以上 2個まで
1,000株以上 3個まで
5,000株以上 4個まで

(2)自社選定発売済み商品40%割引

100株以上 3個まで
500株以上 4個まで
1,000株以上 5個まで
5,000株以上 10個まで

※ 一部商品については、別途当社の定める割引率を適用することがあります。

 

やっと出ました、ゲーム好きにお得な株主優待!!どうやら2016年の5月に株主優待の内容を変更したそうです。

100株で最大商品4個が対象になるので、無双シリーズや信長の野望がかなりお得に買えることができますね。

 

 

ゲーム企業の株主優待 其の4

(株)ボルテージ

(2017年2月20日現在の株価¥1,005)

権利確定月:12月末日

単元株数:100株

 

100株以上 オリジナルQUOカード 1,000円相当分

株主優待まとめ ゲームアプリ企業の株式優待ってどんなのがあるの!? QUOカード

実に使い勝手のいい優待ですね!ボルテージさんも2016年8月にこちらの株主優待に変更になりました。

以前は、『自社ゲームの人気キャラクターや、ゲームの誕生秘話などを掲載した冊子『恋愛ドラマアプリ』(非売品)を贈呈』

とのことだったのでかなり内容が変わりましたね。

 

ゲーム企業の株主優待 其の5

(株)カヤック

(2017年2月20日現在の株価¥1,425)

権利確定月:12月末日

単元株数:100株

 

100株以上 ①「Lobi」 プレミアム会員権3ヶ月無料クーポン
②「JAGMO」 10%割引クーポン
③「鎌倉自宅葬儀社」 10%割引クーポン

葬儀社!!!?

と確認したら、子会社のサービスでした。こんな株主優待があるとは…やっぱりカヤックさんは株主優待もカヤックさんらしいですね。

ちなみに『「鎌倉自宅葬儀社」 10%割引クーポン』を使用すると、なんとなんと¥135,000(税別)以上もお得になります。使うタイミングはとてつもなく限定されますが、提案されているサービスも素敵です。

 

 

以上が、今回の調査結果です。

 

考えたのですが、

どうもゲームアプリ事業会社は株主へは配当金でも株主優待でなく、キャピタルゲイン(安く買って高く売る)で主にお返ししているのかと思います!

 

ゲームアプリの銘柄では、去年話題になった「ポケモンGO」で任天堂さんの株価急騰や、過去には「パズル&ドラゴンズ」でガンホーさんの株が1年間で114倍(最大差で200倍以上との話も!!)に

なったりと、アプリ銘柄はドリームジャンボ株になったりする可能性を秘めているので、投資家達は株主優待目当てよりも、大きな可能性を購入動機にしているのでしょう。

私は吉野家さんの株主優待が一番気になりました。

 

参考:

Yahoo!ファイナンス:http://finance.yahoo.co.jp/

Social Game Info:http://gamebiz.jp/?p=157060

なまけるのに飽きるまで:http://namakeru.com/entry/2015/01/30/180000

 

もっと読む »
Instagram Stories
アプリ

Instagram Storiesのプロモーション活用事例

Instagram Stories

前回の記事『【Instagram Storiesの新機能4つ】ライブ配信機能や外部リンク等』では、Instagram Storiesの新機能についてご紹介させて頂きました。

新機能が増えた事によって、更にInstagramをビジネスで活用する機会が広がっています。

今回は、Instagram Storiesを活用したプロモーション事例を紹介させて頂きます!

プロモーション事例1:Starbucks

大手コーヒーチェーン店のStarbucks(スターバックス)は、Instagram Storiesにて夏の季節に合うドリンクの紹介をしました。

静止画とBoomerangと呼ばれるリピート動画で構成されています。

ネオン色のペンで装飾されており、さわやかさが季節感を醸し出し、訴求力を高めていました。

マーケティング事例2:DHOLIC

通販サイトのDHOLIC(ディーホリック)は、兼ねてから24時間限定で特定の商品が10%OFFというプロモーションを行っているため、Instagram Storiesの24時間で動画が消える特性を活用し、当日対象となる10%OFFの商品を毎日投稿して紹介しています。

Instagram Stories_DHOLIC_1Instagram Stories_DHOLIC_2Instagram Stories_DHOLIC_3

プロモーション事例3:KURASHIRU

料理のレシピや手順を分かりやすい動画で見る事が出来るレシピ動画アプリKURASHIRUは、Instagramにレシピ動画を投稿しています。

Instagram Storiesにもレシピ動画を投稿しており、外部リンク機能を用いてアプリストアに飛ぶように設定しています。

アプリインストールを誘導する強力な集客ツールの1つになっている事が伺えます。

兼ねてからのレシピ動画投稿の効果もあいまって、レシピ系Instagramアカウントの中でもフォロワー数が上位となり、多くのユーザーにリーチしています。

Instagram Stories_KURASHIRU_2Instagram Stories_KURASHIRUInstagram Stories_KURASHIRU_3

プロモーション事例4:MOUSSY

アパレルブランドのMOUSSYは、特設ページを設けてadidasとのコラボキャンペーンをInstagram Storiesにてプロモーションを行いました。

アカウントをフォロー&キャンペーンを拡散すると抽選でアイテムがプレゼントされるような内容となっており、ユーザーとの接触の機会を増やし目に付くようなプロモーションを行っています。

#MOUSSYプレゼントキャンペーンとTwitterやInstagramに投稿する事によって、抽選に参加する事が可能です。

MOUSSYを好きになったきっかけやAdidasとMOUSSYのコラボを歓喜するユーザーの投稿が多く見られ、拡散されています。

Instagramだけでも500件以上の拡散がされており、ユーザーが広告塔となって広まっています。

Instagram Stories_MOUSSY_1Instagram Stories_MOUSSY_2Instagram Stories_MOUSSY_3

さいごに

Instagram Storiesをプロモーションや集客のツールとして活用する企業が多く見受けられます。

24時間以内に消えたり、外部リンクやメンションを付けられたりするInstagram Storiesならではの機能を活用して、是非プロモーションにInstagram Storiesを活用してみて下さい。

 

もっと読む »
DSP?KPIってなに?広告業界専門用語
お役立ち・知識

DSP?KPIってなに?広告業界専門用語~まずはここまで~

3

 

こんにちは!

前回記事→https://lab.kingsoft.jp/2017/01/25/senmonyougokoukoku/の単語も覚えたし、少しずつ慣れてきたなぁ~と感じながらもやっぱりまだ「よく聞くけどわかんない!」そんな用語ありますよね。

今回は応用編ということで、次に覚えるべき用語として意味を書いていきますのでこちらも覚えていきましょう!!

まずはここまで覚えれば、仕組みなど次の段階に進めます!!いきましょう。笑

※Web広告で使う用語のみ記載しております。

1-2

まずは仕組みにまつわる用語から記載していきます。

■システムに関する用語

・RTB(Real Time Bidding)

「リアルタイムビッディング」の略。インターネットのディスプレイ広告においてインプレッションが発生する毎に、リアルタイムでオークションが行われるシステムのことです。リアルタイム入札とも言います。このオークションは0.1秒で行われるのですごいです。

 

・DSP(Demand-Side Platform)

「デマンドサイドプラットフォーム」の略。広告効果を最大化するための広告主(クライアント側)のために用意されているシステムの名称です。広告主がどんなターゲットにいくらで配信したいのか事前に設定しバナーを入稿しておくと、自動で広告が配信されます。

DSPが広告枠の買い付けから広告配信、クリエイティブ分析、入札単価の調整等を行います。

いろいろなネットワークと繋がり、配信までの作業を行い、分析をし、と広告主にとってはメリットだらけです。

DSPはSSPとRTB接続をすることによって機能します。DSPはに初めて登場したのは2011年と言われているそうです。

 

・SSP(Supply-Side Platform)

「サプライサイドプラットフォーム」の略。DSPに対してSSPは広告収益を最大化する媒体社(メディア側)のために用意されているシステムの名称です。媒体社がどんな広告主にいくらで売りたいのか事前に設定しておきます。SSP経由でインプレッションが発生する毎に複数の広告ネットワークより同時に入札を行い、一番収益の高い広告を自動で配信します。

いろいろなネットワークと繋がり、目的のユーザーが来たことをDSPへ知らせ、収益の高い広告を配信すると、媒体社にとってはメリットもあります。

 

・DMP(Date Management Platform)

「データマネジメントプラットフォーム」の略。広告配信データ、販売データ、顧客データなどを一元管理し、分析して活用するための仕組みのことです。DMPには、「プライベートDMP」と「オープンDMP」の2種類があります。2つのDMPを組み合わせることで多くのデータをより広告配信に活用することがあります。

プライベートDMPとは自社独自で保有しているデータを統合し、管理出来るDMPです。主に、自社サイト訪問や購入などの行動履歴、部署やIDなどの顧客情報、興味関心等、自社でしか知りえない情報です。

一方、オープンDMPとは外部メディアが保有し提供しているデータを活用出来るDMPです。検索エンジンやSNSなどウェブ上でのユーザーの行動履歴や興味関心、年齢・性別などの属性情報等を管理しています。

 

フロー

※この場合広告主Bがオークションで勝ち、広告掲載出来ます。

 

 

さて、いろいろな仕組みがあり混乱しそうになります(笑)こちらで紹介したのも一部にはすぎないのでご了承くださいませ。それにしても本当に画期的なシステムですね。

次はマーケティングにおける成果指標にまつわる用語です。

■成果指標に関する用語

・LTV(Life Time Value)

「ライフタイムバリュー」の略。日本語では「顧客生涯価値」のことです。

顧客一人が企業に対して取引きを始めてから終わるまでの期間(生涯)に、企業の提供するサービスや商品に払う金額のことです。

例えばゲーム好きなユーザーが、ゲーム会社Aの「○○」というタイトルをプレイしてゲームをやめてしまう時までに合計10万円課金しました。そうなるとLTVは10万円となります。

 

・KGI(Key Goal Indicator)

「キーゴールインジケーター」の略。直訳すると「重要目標評価指標」です。

最終的な目標(ゴール)がどのくらい達成されているのかをはかる指標として使います。

 

・KPI(Key Performance Indicator)

「キーパフォーマンスインジケーター」の略。直訳すると「重要業績評価指標」です。最終的な目標を達成するために行う中間状況をはかる指標として使います。

例えば、メディアのKGIは広告収入であるとすると、KPIは新規ユーザーのPV数やサイトの滞在時間などになります。

 

・ROAS(Return On Advertising Spend)

「リターンオンアドバタイジングスペンド」の略。費用対効果のことで「ロアス」と呼んでいます。ROASが高いほど回収率が高いということになります。

計算式→広告経由での売上÷広告費(コスト)=ROAS

広告主にとってROASは非常に大事です。広告費に使った予算を出来るだけ多く利益につなげなければ損になるのです。

2-2

最後に・・・

私は意味が混ざってしまいがちになるのがこのあたりでしたね・・・。無知の私には厳しかったです笑

今回記載している用語をしっかり理解し、覚えられればだいぶ心強く会話が出来ます!

新しい業界に足を踏み入れるということは前途多難なわけです。と、いうことでまだまだ覚えることは山ほどありますが用語は一旦こちらで終わりとさせて頂きます。

私と一緒に一歩ずつ確実に前へ進みましょう!!

 

 

もっと読む »
4
業界ニュース

2016年中国スマホゲーム市場調査

中国のスマホゲーム業界の重要プライヤー全体図

矢野経済研究所は先日、日本国内のスマホゲーム市場の調査結果を発表しました。調査によると、「パズル&ドラゴンズ」、「モンスターストライク」の2大タイトルが市場を牽引。2016年度の国内スマホゲーム市場規模は前年度比102.2%の9,450億円に達すると予測されます。

中国モバイルゲームの市場規模推移

中国モバイルゲームの市場規模推移(2016年~2018年は予想)

一方、中国市場においては、NetEaseとTencentの続々とリリースした新タイトルの収益拡大によって、2016年の中国のスマホゲームの市場規模は前年度比62.4%15,114億円に達すると予測しています。市場規模の伸び率は緩やかになると予想されていますが、2018年までに、中国のスマホゲーム市場規模は25,145億円に達すると予測されます。

 

2016年中国スマホゲーム市場調査 iOS市場

iOS App Store収益の四半期推移
上位3カ国

 

2016年を通じて、中国のスマホゲーム市場の成熟と成長が続いていることが証明されました。App Annieのレポートによると、2016年に中国がiOS App Storeの収益で世界トップの座についたのです。第4四半期には中国のパブリッシャーの収益が20億ドルを超え、国別としてはiOS App Store史上最大の四半期収益となりました。この業績は経済成長を続ける中国へのAppleの多大な投資(とりわけ「滴滴出行」への10億ドルの出資)が功を奏していることを示唆しています。

 

2016年中国スマホゲーム市場調査 プロモーショングラフ

カテゴリ別:中国iOS App Storeの四半期収益推移
上位のアプリカテゴリー

ほかの多くの市場と同様、中国もiOS App Storeの収益の大部分をゲームが生み出しており、中でもサブカテゴリーのロールプレイングが多くを占めています。たとえばFantasy Westward Journey(梦幻西游)は、中国のロールプレイングゲームでおそらく最大の成功例で、パブリッシャーのNetEaseは2015年のリリース以降、中国だけで8億ドル以上の収益を上げています。そして、ゲーム以外にも著しい成長を見せたカテゴリーはたくさんあります。「ソーシャルネットワーキング」のカテゴリーは、TencentのメッセージアプリQQの躍進もあり、中国でゲームに次いで収益を大きく伸ばしました。

2016年中国 アンドロイド、iOSプロモーション比較

各アプリマーケティングの収益の割合

続いて、中国において、各プラットフォームのアプリマーケットの収益の割合を説明します。アンドロイドはiOSのプラットフォームの約2倍になっています。そのうちサードパーティーのアンドロイドPF(プラットフォーム)は全体の43.4%を占めていて、キャリアマーケットPFとメーカー連盟PFもそれぞれ13.4%と5.7%の市場シェアを占めました。

2016年中国スマホゲーム市場調査 テンセントシェア
NetEaseとTencentはスマホゲーム市場全体の7割以上を占める

 

iiMedia Researchの調査結果によれば、2016年のQ3で中国のモバイル市場の総売上は192.3億元、そのうち、Tencentの売上は99億元、全体の51.5%を占めます。NetEaseの売上は40億元、全体の27.7%を占めます。NetEaseとTencentの二つの大手パブリッシャーはスマホゲーム市場全体の72.3%を占めました。

 

中国のスマホゲーム業界の概要

下記の図は中国のスマホゲーム業界で、各領域において活躍中の主要プレイヤーです。

中国のスマホゲーム業界の重要プライヤー全体図

中国のスマホゲーム業界の重要プライヤー全体図

 

二次元ゲームに高い注目

二次元とはいわゆるアニメ絵のゲームで、あるいはアニメのようなキャラクターと世界観が持っているゲームです。

2016年「陰陽師」、「Fate/Grand Order」、「崩壊3」を筆頭に「二次元」ジャンルのゲームはもっとも注目されました。

2016年中国スマホゲーム市場調査 中国IPゲーム

中国のIPでオリジナル作ったタイトル

 

2016年中国スマホゲーム市場調査 日本IPゲーム

日本のIPでオリジナル、あるいはローカライズしたタイトル

 

そのうち日本のIPを元にオリジナルにゲームを作ったタイトルや、日本の人気作品を中国語にローカライズした成功したタイトルもあり、いずれにしても「二次元」という特徴のあるゲームは2015年より売上ランキング上位に多く増えました。

 

「二次元」ゲームユーザーの特徴

二次元モバイルゲームユーザーの性別の割合は男性約56.1%、女性約43.9%です。

そのうち47.8%は90後(中国では1990~2000年の間に生まれた人は「90後」といいます)。

なので、今年27歳以下の90後たちは「二次元」ゲームユーザーの一番重要なユーザー層になっています。今後もこのユーザー層にターゲティングしたゲームタイトルがもっと増えていくでしょう。

2016年中国スマホゲーム市場調査 男女比

2016年Q3中国二次元スマホユーザーの性別調査

2016年中国スマホゲーム市場調査 中国ゲーム年齢層

2016年Q3中国二次元スマホユーザーの年齢調査

2017年中国スマホゲームの5つのプロモーショントレンド

  • 2017年は「陰陽師」のように大手会社自社開発、二次元特徴明確、高制作費、高品質のタイトルが今後もっと増えていく傾向
  • 版権意識さらに健全化→正規版IP市場価値の確立→ゲームタイトルのIP常態化
  • 「スマホゲーム+VR、AR」の斬新なゲーム体験がユーザーに高く期待されている
  • 中国国内の規制とマーケティング費用の高騰によって、中小CPはの生存状況はさらに厳しくなる
  • 中小CPは中国国内のレッドオーシャンから海外にシフトしていく、大手CPは、成功タイトルが海外でのさらなる増益を目指す
もっと読む »
message app
アプリ

LINEは日本だけ?世界のメッセージアプリのシェア

メッセージアプリイメージ

もはやLINEなしでは連絡がとれない?

先日、インターネット上で実施されたある調査で、女子高生・女子大生の約95%が「LINE」を定期的に利用し、仲の良い友人の電話番号を知らない傾向にあるということが明らかになった。もはや「携帯電話の番号」は過去のものとなり、アプリによってコミュニケーションを取ることが当然になってきている。これを読んでいる方の多くも、ご自身のスマホにLINEをインストールしていることだろう。

世界のメッセージアプリはいま

これだけ一般化したLINE、月間アクティブユーザー数は2億人を越えるとされるが、そのユーザーの大半は日本に集中しており、海外では台湾やタイなどで大きなシェアを占めているほかはユーザー獲得に苦戦しているのが現状だ。そのため、世界的にみるとメッセージアプリとしてはマイナーな部類に入ってしまう。
筆者にはヨーロッパに住むヨーロッパ人の友人が何人かいるが、LINEをインストールしているという友人には会ったことがない。「LINE」アプリの名前を知っている人自体が少ないという印象だ。
実際、世界各国その国で有力なメッセージアプリは全く異なる。ユーザー数の多い代表的なアプリを挙げてみよう。

メッセージアプリwhatsappWhats app

月間アクティブユーザー数が全世界10億人を越えるメッセージアプリ。英語の「What’s up ?(どうしてる?)」の「up」と、アプリを意味する「App」をかけたダジャレに由来している。二年ほど前にFacebookが約2兆円で買収し、現在はFacebook傘下。アメリカの企業だが、主にヨーロッパや南米各国で9割前後の高いシェアを誇る。

メッセージアプリfacebook messengerFacebook Messenger

アメリカで強く、アメリカのメッセージアプリシェアではトップ。Facebook自体が世界各国で普及していることもあり、各国で徐々にシェアを伸ばしてきている。既に月間アクティブユーザーが10億人を越えたとされる。ここ最近では、多くの国のメッセージアプリのダウンロードランキングで各国で2位につけてきている。

メッセージアプリtencent wechatWeChat メッセージアプリtencent qqQQ

どちらも中国のテンセント(騰訊)が運営している。このうちWeChatの月間アクティブユーザー数は7億人とも。中国以外では殆ど利用されていないが、中国本土でのシェアは圧倒的。人口の多さと経済発展でさらにユーザー数が増えていくことが予想される。

メッセージアプリviberViber

LINE以外で、日本と関りが深いメッセージアプリはViber(バイバー)だろう。3年ほど前に楽天が900億円で買収。最近では、トランプ大統領の大統領令への抗議として、アメリカから中東7カ国へViberを利用して電話する場合、料金を無料にすると発表してニュースになった。ユーザーはヨーロッパ、中東、アジア各国に分散傾向にあるといわれるが、インドでのユーザーが比較的多いという。

 

メッセージアプリイメージ2

 

無料通話の先駆け

こういったメッセージアプリで思い起こされるのは2003年に登場したSkypeだ。ブロードバンドが普及し始めた頃はPCからインターネット無料通話ができるということで一時期、一世を風靡した。オンラインチャット、データ送信、ビデオ通話が無料でできたり、有料ではあるが一般回線に電話をかける機能「Skype Out」があったりと、当時はかなり画期的だった。スマホアプリとしては他社にユーザー数・ダウンロード数とも抜かれてしまっているが、もともとPCでの利用から始まったこともあり、今でもPCでのオンライン英会話レッスンやテレビ会議などで利用される傾向にある。

メッセージアプリskype talkイメージ

 

今後のメッセージアプリの展開は

メッセージアプリの主流は、かつてPCで使用されていたSkypeから他のスマホ向けアプリへ移っていった。コミュニケーションに関連したアプリの入れ替わりは激しく、短文や画像についてもtwitter、インスタグラム、スナップチャットと、その人気はめまぐるしく変化している。twitterですら利用者数が伸び悩み、買収の噂も絶えない。かつて日本で大流行したmixiやGREEといったSNSも完全にFacebookにユーザーを奪われてしまった。今後、このメッセージアプリでどこが覇権を握るのか、それとも新たなサービスが出現するのか注目される。
個人的には、最近のGoogle翻訳やAIの進歩を考えると、テキストメッセージなどを正確に翻訳できるSNSやメッセージアプリなどがあると人気が出るように思う。SNSやメッセージアプリの利点はグローバルに展開できることだが、同時に言語の問題は避けて通れない。高度な翻訳機能で、それを正面から突破してしまうわけだ。音声の場合は「音声認識」「翻訳」の二段階があるが、テキストならば「翻訳」のみだ。既にFacebookに「翻訳」ボタンがあるように、簡単に、かつ正確に翻訳してくれるアプリなら、コミュニケーションアプリとしては理想的なように思える。

もっと読む »