アプリ

Google翻訳はすごい?
アプリ

Google翻訳のアプリがすごいらしいので実験してみた。

もっと読む »
Instagram Stories
アプリ

Instagram Storiesのプロモーション活用事例

Instagram Stories

前回の記事『【Instagram Storiesの新機能4つ】ライブ配信機能や外部リンク等』では、Instagram Storiesの新機能についてご紹介させて頂きました。

新機能が増えた事によって、更にInstagramをビジネスで活用する機会が広がっています。

今回は、Instagram Storiesを活用したプロモーション事例を紹介させて頂きます!

プロモーション事例1:Starbucks

大手コーヒーチェーン店のStarbucks(スターバックス)は、Instagram Storiesにて夏の季節に合うドリンクの紹介をしました。

静止画とBoomerangと呼ばれるリピート動画で構成されています。

ネオン色のペンで装飾されており、さわやかさが季節感を醸し出し、訴求力を高めていました。

マーケティング事例2:DHOLIC

通販サイトのDHOLIC(ディーホリック)は、兼ねてから24時間限定で特定の商品が10%OFFというプロモーションを行っているため、Instagram Storiesの24時間で動画が消える特性を活用し、当日対象となる10%OFFの商品を毎日投稿して紹介しています。

Instagram Stories_DHOLIC_1Instagram Stories_DHOLIC_2Instagram Stories_DHOLIC_3

プロモーション事例3:KURASHIRU

料理のレシピや手順を分かりやすい動画で見る事が出来るレシピ動画アプリKURASHIRUは、Instagramにレシピ動画を投稿しています。

Instagram Storiesにもレシピ動画を投稿しており、外部リンク機能を用いてアプリストアに飛ぶように設定しています。

アプリインストールを誘導する強力な集客ツールの1つになっている事が伺えます。

兼ねてからのレシピ動画投稿の効果もあいまって、レシピ系Instagramアカウントの中でもフォロワー数が上位となり、多くのユーザーにリーチしています。

Instagram Stories_KURASHIRU_2Instagram Stories_KURASHIRUInstagram Stories_KURASHIRU_3

プロモーション事例4:MOUSSY

アパレルブランドのMOUSSYは、特設ページを設けてadidasとのコラボキャンペーンをInstagram Storiesにてプロモーションを行いました。

アカウントをフォロー&キャンペーンを拡散すると抽選でアイテムがプレゼントされるような内容となっており、ユーザーとの接触の機会を増やし目に付くようなプロモーションを行っています。

#MOUSSYプレゼントキャンペーンとTwitterやInstagramに投稿する事によって、抽選に参加する事が可能です。

MOUSSYを好きになったきっかけやAdidasとMOUSSYのコラボを歓喜するユーザーの投稿が多く見られ、拡散されています。

Instagramだけでも500件以上の拡散がされており、ユーザーが広告塔となって広まっています。

Instagram Stories_MOUSSY_1Instagram Stories_MOUSSY_2Instagram Stories_MOUSSY_3

さいごに

Instagram Storiesをプロモーションや集客のツールとして活用する企業が多く見受けられます。

24時間以内に消えたり、外部リンクやメンションを付けられたりするInstagram Storiesならではの機能を活用して、是非プロモーションにInstagram Storiesを活用してみて下さい。

 

もっと読む »
4
業界ニュース

2016年中国スマホゲーム市場調査

中国のスマホゲーム業界の重要プライヤー全体図

矢野経済研究所は先日、日本国内のスマホゲーム市場の調査結果を発表しました。調査によると、「パズル&ドラゴンズ」、「モンスターストライク」の2大タイトルが市場を牽引。2016年度の国内スマホゲーム市場規模は前年度比102.2%の9,450億円に達すると予測されます。

中国モバイルゲームの市場規模推移

中国モバイルゲームの市場規模推移(2016年~2018年は予想)

一方、中国市場においては、NetEaseとTencentの続々とリリースした新タイトルの収益拡大によって、2016年の中国のスマホゲームの市場規模は前年度比62.4%15,114億円に達すると予測しています。市場規模の伸び率は緩やかになると予想されていますが、2018年までに、中国のスマホゲーム市場規模は25,145億円に達すると予測されます。

 

Appannie

iOS App Store収益の四半期推移
上位3カ国

 

2016年を通じて、中国のスマホゲーム市場の成熟と成長が続いていることが証明されました。App Annieのレポートによると、2016年に中国がiOS App Storeの収益で世界トップの座についたのです。第4四半期には中国のパブリッシャーの収益が20億ドルを超え、国別としてはiOS App Store史上最大の四半期収益となりました。この業績は経済成長を続ける中国へのAppleの多大な投資(とりわけ「滴滴出行」への10億ドルの出資)が功を奏していることを示唆しています。

 

Appannie2

カテゴリ別:中国iOS App Storeの四半期収益推移
上位のアプリカテゴリー

ほかの多くの市場と同様、中国もiOS App Storeの収益の大部分をゲームが生み出しており、中でもサブカテゴリーのロールプレイングが多くを占めています。たとえばFantasy Westward Journey(梦幻西游)は、中国のロールプレイングゲームでおそらく最大の成功例で、パブリッシャーのNetEaseは2015年のリリース以降、中国だけで8億ドル以上の収益を上げています。そして、ゲーム以外にも著しい成長を見せたカテゴリーはたくさんあります。「ソーシャルネットワーキング」のカテゴリーは、TencentのメッセージアプリQQの躍進もあり、中国でゲームに次いで収益を大きく伸ばしました。

2

各アプリマーケティングの収益の割合

続いて、中国において、各プラットフォームのアプリマーケットの収益の割合を説明します。アンドロイドはiOSのプラットフォームの約2倍になっています。そのうちサードパーティーのアンドロイドPF(プラットフォーム)は全体の43.4%を占めていて、キャリアマーケットPFとメーカー連盟PFもそれぞれ13.4%と5.7%の市場シェアを占めました。

3
NetEaseとTencentはスマホゲーム市場全体の7割以上を占める

 

iiMedia Researchの調査結果によれば、2016年のQ3で中国のモバイル市場の総売上は192.3億元、そのうち、Tencentの売上は99億元、全体の51.5%を占めます。NetEaseの売上は40億元、全体の27.7%を占めます。NetEaseとTencentの二つの大手パブリッシャーはスマホゲーム市場全体の72.3%を占めました。

 

中国のスマホゲーム業界の概要

下記の図は中国のスマホゲーム業界で、各領域において活躍中の主要プレイヤーです。

中国のスマホゲーム業界の重要プライヤー全体図

中国のスマホゲーム業界の重要プライヤー全体図

 

二次元ゲームに高い注目

二次元とはいわゆるアニメ絵のゲームで、あるいはアニメのようなキャラクターと世界観が持っているゲームです。

2016年「陰陽師」、「Fate/Grand Order」、「崩壊3」を筆頭に「二次元」ジャンルのゲームはもっとも注目されました。

IP1

中国のIPでオリジナル作ったタイトル

 

IP2

日本のIPでオリジナル、あるいはローカライズしたタイトル

 

そのうち日本のIPを元にオリジナルにゲームを作ったタイトルや、日本の人気作品を中国語にローカライズした成功したタイトルもあり、いずれにしても「二次元」という特徴のあるゲームは2015年より売上ランキング上位に多く増えました。

 

「二次元」ゲームユーザーの特徴

二次元モバイルゲームユーザーの性別の割合は男性約56.1%、女性約43.9%です。

そのうち47.8%は90後(中国では1990~2000年の間に生まれた人は「90後」といいます)。

なので、今年27歳以下の90後たちは「二次元」ゲームユーザーの一番重要なユーザー層になっています。今後もこのユーザー層にターゲティングしたゲームタイトルがもっと増えていくでしょう。

5

2016年Q3中国二次元スマホユーザーの性別調査

6

2016年Q3中国二次元スマホユーザーの年齢調査

2017年中国スマホゲームの5つのトレンド

  • 2017年は「陰陽師」のように大手会社自社開発、二次元特徴明確、高制作費、高品質のタイトルが今後もっと増えていく傾向
  • 版権意識さらに健全化→正規版IP市場価値の確立→ゲームタイトルのIP常態化
  • 「スマホゲーム+VR、AR」の斬新なゲーム体験がユーザーに高く期待されている
  • 中国国内の規制とマーケティング費用の高騰によって、中小CPはの生存状況はさらに厳しくなる
  • 中小CPは中国国内のレッドオーシャンから海外にシフトしていく、大手CPは、成功タイトルが海外でのさらなる増益を目指す
もっと読む »
Instagram_Stories_アイキャッチ
アプリ

【Instagram Storiesの新機能4つ】ライブ配信機能や外部リンク等

Instagram_Stories_アイキャッチ

皆さんはInstagram Storiesをお使いでしょうか?

Instagram Stories内には新機能が続々と追加されており、目まぐるしい進化を遂げています。

実際にどのような新機能が追加されているのかを紹介させて頂きます!

Instagram Stories新機能①:Boomerang(ブーメラン)

Boomerang(ブーメラン)は、元々Instagramから別のアプリとしてリリースされていたものですが、Instagram Stories機能の1つとして追加されました。

10枚の写真を連射し、その写真を繋げて動画が生成され、ループ再生されるような機能です。

文字を入れたり、フィルターをかけたりする事も可能です。

Boomerang(ブーメラン)の使い方はこちらの動画でチェックできます!

Instagram Stories新機能②:メンション機能

Instagram Stories投稿画面にてテキストツールを使い@から始まるアカウント名を入力する事で、通常のフィード投稿と同様に特定のInstagtamユーザーをタグ付け出来るようになりました。

Instagram_stories_mention1Instagram_stories_mention2

今回は、Instagram Storiesにキングソフト(株)の宣伝チーフであるチップ君に出演してもらいました!

文字を入力する際に@をつけて、chipまで打つと候補のユーザーの中にチップ君が出てきたので、タップをすると選択してメンションを付ける事が出来ました。

簡単にメンションを付ける事が出来るので、是非試してみてください!

Instagram Stories新機能③:ライブ配信機能

Instagram Storiesにて、2017年1月18日よりライブ配信が出来るようになりました。

ライブ配信を開始すると、フォロワー全員に通知がいきわたり、タイムラインのストーリーバーに「ライブ」のマークとプロフィール写真が表示されます。

ライブにコメントを残す事はもちろん、いいね!をつける事も可能です。

機能は必要最低限ですが、非常にシンプルで使いやすいと思います。

配信された動画の録画機能等は特になく、配信が終わると消えてしまいます。

Instagram_Stories_ライブ配信Instagram_Stories_ライブ配信

機能としては、
1.左上で現時点の視聴者数を確認出来る
2.コメント機能があり、視聴者も配信者もコメントを送信出来る
3.誰が入室したか確認出来る
4.ハートを送信する事が出来る
5.配信直後に総視聴者数を確認する事が出来る
以上の5つが主な機能としてありました。

Instagram Stories新機能④:外部リンク(テスト運用、認証アカウントのみ可能)

投稿画面から外部リンクを挿入出来るようになる機能もInstagram Storiesの新機能として注目されています。(テスト運用、認証アカウントのみ可能)

投稿されているInstagram storiesにリンクがある場合は、画面中央下に「See More」という文言が表示され、タップをするとInstagramのアプリ内において詳しい情報を見る事が出来るようになります。

現時点では、著名人やメディア等の認証されたアカウントのみを対象にテスト運用がされています。

既にプロモーションとして活用する企業も登場しています。

まとめ

Instagram storiesは今や毎日1億件以上も視聴されている程、Instagramユーザーに浸透しています。

新機能が追加される事により、更に認知度が高まる事が予想されます。

次の記事では、Instagram storiesを活用したプロモーション事例を紹介させていただければと思います。

 

 

 

もっと読む »
Google新アプリあんしん連絡先
アプリ

Googleの新アプリ「Trusted Contacts」が「あんしん連絡先」と改名され使いやすくなったみたいなので試してみた件!

Google新アプリあんしん連絡先

昨年の12月始めにGoogleの「Trusted Contacts」というGPSをつかった場所お知らせアプリがリリースされました。

当初は名前のとおり、中のUIも英語でそこまで英語になじみのない自分としては気になっていたものの使わずにいました。。。ところが、その後「あんしん連絡先」とアプリ名が日本仕様に、そしてUIも日本語化対応されているとのことでちょっと試してみました。

<「あんしん連絡先」はどんなアプリ?>

まずはどんなアプリなのか?というと、家族や恋人、親しい友人を対象に、相互に許可し合った連絡先間でスマートフォンの現在地を共有したり、指定した相手のリアルタイムの現在位置を確認できる位置確認共有アプリです。要するに、何かあったときのための安否確認アプリなんです。

<「あんしん連絡先」の使い方>

なので、早速DLして一通り使ってみました!

まずは、GooglePlayよりDLします。(https://goo.gl/buZ4kV

アプリを立ち上げたら登録開始です。

立ち上げ画面より、まずは現在地の共有設定をONにします。

利用開始画面 場所共有設定 連絡先選択

現在地共有先の連絡相手を選択したら設定は完了です。此処に出てくるのは連絡先としてスマホに登録している人だけです。

連絡先選択画面 連絡先選択終了

連絡先に指定された人には「安否確認の連絡先に指定されたのでアプリのダウンロードをしてね!」といった内容のメールが飛ぶので同様にアプリをインストールして承認すればお互いの設定が完了し利用できる状況になります。※アプリでなくともサイトでの確認も可能なようです。

<実際に居場所を共有してみる>

実際の場所共有の仕方はアプリ立上げ後の画面の右上にあるピンマークをクリック。すると「共有相手を選択」・「今すぐ共有」の2パターンで通知メニューが表示されます。

連絡先選択画面 共有画面

「共有相手を選択」の場合は、その後の画面で共有相手を指定した後に共有が開始されます。

「今すぐ共有」はすぐに登録先全員に対して共有が開始されます。

地図共有 位置共有

<場所の共有リクエストをしてみる>

今度は逆に、連絡先に指定された人の画面から通知先に指定してきた人の場所をリクエストしてみます。

アプリ立上げ後の画面にて、リクエストしたい人の名前を探して名前をクリック。その後、リクエストメニューが出てくるのでそちらでリクエストを選択します。

位置リクエスト 位置リクエスト画面 地図共有

すると、リクエストされた人のスマホにリクエスト通知が表示されます。リクエストされた人は「拒否」、または「共有する」のどちらかを選択できます。そのまま何もしないと5分後に自動で場所の共有が開始されます!場所の共有は何もしなければ24時間継続されます。

そしてこれはオフライン、電池切れ問わず機能し続けるそうです。詳しい仕組みはわかりませんがこれは心強い!

 

一通り機能を試した感想ですが、設定などの手間がほぼかからないのでハードルは非常に低くて、すぐに使えそうです。操作も場所の共有(リクエスト)時に相手を選択するのみで非常に簡単でした。

ただ、場所のリクエスト時に相手側でキャンセルできてしまうのは非常事態の時を考えるもうひとつかなと思いました。こちらに関しては設定で無条件に通知をするというのもあるといいかも知れません。

常時使わなくても何か有事の際に備えて、このアプリを入れておいてもいいかもしれません。

もっと読む »
ニュースアプリ_おすすめ_社会人
お役立ち・知識

【通勤時間等のスキマ時間を有効活用!】社会人におすすめのニュースアプリまとめ

 

ニュースアプリ_おすすめ_社会人

ニュースアプリを使って通勤時間等のスキマ時間を有効活用して情報収集をする社会人の方を多く見かけるようになりました。

読者の皆さんの中にも、SmartNewsやGunosy等王道のニュースアプリを利用して情報を収集している方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、王道ニュースアプリと合わせて利用すると便利な社会人向けおすすめニュースアプリを紹介させて頂きます。

社会人向けのおすすめニュースアプリ1:『News Picks』(ニューズピックス)

newspicks

「NewsPicks」の最大の特徴は、著名人や専門家の開設コメントを合わせて読むことが出来る点です。

また、著名人だけのコメントを読むだけでなく、自分自身のコメントを残すことも可能なので、ただ単に受動的にニュースを読むというよりは、SNSに近い感覚で利用することが出来ます。

気に入ったユーザーをフォローする事によって、フォローした人がPick(コメント付け)したニュースを届けてくれるので、専門家や興味範囲が同じユーザーをフォローする事によって、鮮度の高いニュースを手に入れる事が出来ます。

iOS版「NewsPicks」Downloadはこちら

Android版「NewsPicks」Downloadはこちら

社会人向けのおすすめニュースアプリ2:『毎日まんがニュース』

ニュースアプリ_おすすめ_社会人_毎日まんがニュース

「毎日まんがニュース」はマンガでニュースを読む事が出来るアプリです。

他のニュースアプリとは違い、ニュースに取り上げられているキーワード等を会話やマンガ形式で解説してあるので、また違った視点の情報を得ることが出来ます。

時事ネタから豆知識まで取り揃えてあり、現在使っているニュースアプリに飽きたという方にオススメです。

iOS版「毎日まんがニュース」Downloadはこちら

Android版「毎日まんがニュース」Downloadはこちら

社会人向けのおすすめニュースアプリ3:『ReShare』

ニュースアプリ_おすすめ_社会人_Reshare

海外からの情報をいち早く取り入れたい方には、「ReShare」がおすすめです。

海外のニュースを日本語に翻訳してある記事なので、英語が読めない方も簡単に情報を得ることが出来ます。

また、240文字以内の文章でコンパクトにまとめられており、サクサクと読めるのも特徴の1つです。

iOS版「Reshare」Downloadはこちら

Android版「Reshare」Downloadはこちら

社会人向けのおすすめニュースアプリ4:『Vingow news』(ビンゴー)

ニュースアプリ_おすすめ_社会人_Vingow

『Vingow news』は、ユーザーの好みを学習し、よりマッチするニュースを届けてくれるアプリです。

膨大なメディアをクローリングすることによって要素を解析し、ユーザーが必要とするニュースを選別しています。

また、クロールした記事を元に自動的に要約も生成されるので、より短時間に好みの合うニュースを収集する事が出来ます。

iOS版「Vingow news」Downloadはこちら

Android版「Vingow news」Downloadはこちら

社会人向けのおすすめニュースアプリ5:『POLYGLOTS』(ポリグロッツ)

ニュースアプリ_おすすめ_社会人_POLYGLOTS

『POLYGLOTS』は、英語学習者向けのニュースアプリです。

ビジネスからファッションまで様々なジャンルのニュースを英語で読む事が出来ます。

英語に馴染みが無い方でも、文中の知らない英単語をタップするだけで辞書が開くのでラクラク読む事が可能です。

情報収集に合わせて英語学習も出来る効率的なアプリですので、忙しい社会人の方にとてもおすすめです。

iOS版「POLYGLOTS」Downloadはこちら

Android版「POLYGLOTS」Downloadはこちら

まとめ

いかがでしたでしょうか?
どのニュースアプリも便利である事間違いなしです。
スキマ時間に是非紹介させて頂いたニュースアプリを試してみて下さい!

もっと読む »
節分 アプリイメージ
アプリ

「2017年の恵方はどっち?」Google Playのアプリ検索で”節分”と入力してみた

 

節分 アプリイメージ

1月も半ばに入り、お正月のまったり感はどっかにいってしまっている、忙しい時期と思います。

今回もまた、Google Playでアプリ検索をしてみました。

2月のイベントといえば節分!今回はGoogle Playで「節分」と検索してどんなアプリが表示されるのか試したのですが、ASO(App Store Optimization)としても面白い感じだったので、また紹介いたします!!

 

Google Playで「節分」検索のアプリランキング

 

 

2017年1月13日現在、Google Play検索ではこんな風になっています。

節分恵方巻きアプリランキング

と、コンパスが多い!!

15位中、6アプリがコンパスとなりました。これは、近年節分のイベントとして全国的に定着した、恵方巻きを食べるための方位(恵方)を調べるのに使うんですね!

ちなみに2017年の方角は『北北西』とのことです。皆さんコンパスで北北西を向きましょう。

それでは、気になったアプリをご紹介!

 

【節分なら「まめポン!鬼退治」 – 節分の豆まきゲーム】

節分なら「まめポン!鬼退治」アプリ

Google Play URL:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.akerusoft.beanscattering

カジュアルゲームです、時間内に鬼へ豆を当てるゲームが「節分」キーワードで1位となっていました。

節分なら「まめポン!鬼退治」アプリ画面1節分なら「まめポン!鬼退治」アプリ画面2

遊んでみたのですが、これ、全然豆が当たらない!!

 

連続して豆を当てるとコンボが発生するのですが、僕はタイミングが全然つかめず、まったく点数が取れませんでした。。

唯一 青鬼だけはボッコボコにできました!無病息災!

節分にぴったりのゲームかと思います。

 

【恵方マピオン】

恵方マピオンアプリ

Google Play URL:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.mapion.android.app.eho

コンパスアプリです。

このアプリを使うと恵方巻を食べる方向「恵方」がすぐにわかります。

恵方マピオンアプリ北北西

アプリ画面を開くと2017年は『今年の恵方は「壬」(みずのえ)おおよそ北北西』と方位がでます。

また、「周囲のコンビニを表示」機能もついているので、恵方巻きが手元にないときは近くのコンビニを探して買いにいけますね

まさに、恵方巻きを食べるためだけのコンパスアプリです!

 

【恵方コンパス!【恵方巻きを食べる方角がすぐ探せる!】】

恵方コンパス!恵方巻きを食べる方角がすぐ探せる!アプリ

Google Play URL:https://play.google.com/store/apps/details?id=info.smahoapps.android.ehou

こちらのコンパスアプリは、かわいらしい感じですが、

恵方コンパス!北北西

コンパスを北北西の方角に向けると、

恵方コンパス!北北西でかぶりつけ

こんなに豪華に画面が変わります!!2017年の恵方、北北西を向くテンションがあがります!

他の機能はなく、ごくシンプルなコンパスに感じます。

 

ただ、こちらはアプリの詳細(もっとみる)の中に、「恵方巻きについての豆知識」として、詳しく説明がありました。

”恵方巻き(えほうまき)とは、節分に神様がいる恵方の方角を向き、一切よそ見をせず無言で恵方巻きを頂く風習のひとつです。

そうすることで、恵方にいる神様からのご利益があるとされております。
まるまる一本の大きな太巻きを一気に食べるというのも特徴のひとつです。

恵方巻き(太巻き)を一本食べなければならない理由は…”

※アプリ詳細より抜粋

と、『なんで恵方巻きって一気に食べる必要があるの??』って気になる方は是非こちらのアプリで確認してみてください。

 

【コンパス:Smart Compass】

コンパス:Smart Compassアプリ

Google Play URL:https://play.google.com/store/apps/details?id=kr.sira.compass

こちらは恵方を示すのではなく、普通?のコンパスです。

カメラ機能の上にコンパスを表示していて、写真を撮る(画面キャプチャ)ことができます。

コンパス:Smart Compassイメージ

このカメラコンパス機能、背景ですときれいですが、

 

コンパス:Smart Compass恵方狙い撃ち

画面に人物を入れると、

スナイパーのように狙い撃ちした気分になれます。

 

節分の時期だけの恵方巻き食べる用ではなく、コンパスをいつも使う方はこのようなノーマルなコンパスのほうがいいかもしれませんね。

ただ、こちらのアプリはGoogle play上の説明文に「節分」のキーワードがどこにもなく、なぜ「節分」で上位表示されているのかがわかりません。。。

やっぱり恵方巻きで使うユーザーが多いのが原因でしょうか。もう少しASOを勉強する必要があります。

 

【プロが教える簡単料理レシピ シェフごはん】

プロが教える簡単料理レシピ シェフごはん

Google Play URL:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.chefgohan.android

最後は皆様ご存知、ぐるなびのレシピアプリ。様々なジャンルから本格的な料理のレシピを見れるアプリです。

プロが教える簡単料理レシピ シェフごはん1

調理目安の時間があり、とても美味しそうな写真もいい感じですが

特筆することがひとつ、

 

好みのシェフで恵方巻き

イケメンシェフのプロフィールが見れる!!

生年月日から出身校まで見れます。お気に入りシェフのお薦め恵方巻きを作ってみてはいかがでしょうか。

 

 

と、以上「節分」キーワードで出てくるアプリの紹介となります。

節分恵方巻きアプリ検索

今回、ほとんどが恵方巻きについて関連したアプリでしたが、他にも「鬼から電話」https://play.google.com/store/apps/details?id=com.oni.oniや、「おさわり探偵 なめこ栽培キット Deluxe」https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.beeworks.mushroomDXが上位にでてきました。

 

「鬼から電話」は以前の記事でも簡単にご紹介しましたが、クリスマス、節分と冬にひっぱりだこなアプリですね!

ただ、どちらのアプリも説明文に「節分」ましてや「恵方巻き」のキーワードはまったくなく、やはりGoogle PlayのASOにはキーワードと別のアルゴリズムがあるようです。。。ノーマルなコンパスアプリもいくつか上位にきていますし恐らくインストール時期レビュー文言などもASO対象になのではないかと。

 

また、iPhoneシリーズは元々コンパスアプリがプリインストールされているので、

恵方の北北西探しでコンパスアプリが必要になるのはAndroidユーザーのみのようですね!

 

以上、今後も色々なキーワードで気になったアプリをご紹介しますね。

 

<参考>

Google Play

もっと読む »
qq%e6%88%aa%e5%9b%be20170106184937
お知らせ

LIBRAのサービス紹介

qq%e6%88%aa%e5%9b%be20170106184937

LIBRAとは

LIBRAはCheetah Mobileが運営するグローバルアンドロイド市場の分析プラットフォームです。グローバルでの34億回のインストール、6.12億のMAUを誇るCheetah Mobileのビッグデータ分析に基づいています。アプリランキング、データインデックス、業界レポートなどの形式でアンドロイド市場の分析を発信しています。

 

LIBRAの三大特徴

1.カバー範囲の広さ

200以上の国や地域、50以上のカテゴリー、100以上の携帯メーカー、6.12億のMAU、100万以上のアプリの分析に基づいています。

 

 

2.分析角度の多さ

アクティブ浸透率、ダウンロード浸透率から、ユーザー属性まで様々な分析が可能です。

市場動向に密着したランキング

  • アクティブ浸透率ランキング
  • ダウンロード浸透率ランキング
  • アクティブ急上昇ランキング
  • ダウンロード急上昇ランキング

アプリの各種指標

  • 重複度
  • 残存率
  • オープン回数
  • アクティブ浸透率
  • ダウンロード浸透率
  • アクティブ上昇率
  • ダウンロード上昇率

ケータイメーカーの各種指標

  • ブランド
  • 型番
  • バージョン情報
  • メモリ
  • 画面サイズ
  • 画面解像度

ユーザー属性

  • 年齢
  • 性別
  • 趣味嗜好
  • 最近のインストール
  • 最近のダウンロード
  • 最近のアンインストールスマート分析ツール

 

3.スマート分析ツール

全体からひとつのアプリ比較でき、分析を行いやすい機能が充実しています。

対比ツール

┗複数のアプリの指標、浄化、基本情報を一斉に比較

 

羅針盤ツール

┗ターゲットアプリの業界における位置づけ、優位性などの確認

 

サブスクリプション機能

┗ターゲットアプリの情報を定期的に受信する機能

 

以上、簡単な紹介となりました。

他サービスにないアクティブ浸透率などの指標や、独自の分析データがありますので、ぜひ活用していただればと思います。

もっと読む »
AI
業界ニュース

AI(人工知能)って一体何?活用事例や今後の展望

AI(人工知能)イメージ

2016年に入って、ますます「AI(人工知能)」という単語を聞く機会が増えました。

今まで「A.I」(2001年)や「バイオハザード」(2002年)「アイ, ロボット」(2004年)等のヒット映画でも数多く「AI(人工知能)」が登場してきましたが、現実世界でも「AI(人工知能)」の存在が私達の生活に身近になってきています。

今回は、「AI(人工知能)」とは一体何なのか、今後私達の生活にどのように関わるのか、そして今後の展望についてお話をします。

「AI(人工知能)」って一体何?

「AI(人工知能)」とは、artificial intelligenceの略語で、コンピューター上で人間の知的な作業を模倣したソフトウェアやシステムのことを示します。

AI(人工知能)ranking

参照:「AI(人工知能)は脅威よりも期待」「AIといえばPepper」AIに関する意識調査結果。

BIGLOBEが行った「AI(人工知能)に関する意識調査」によると、AI(人工知能)として最も知名度が高いのは家庭向け人型ロボットの「Pepper(ペッパー)」でした。

2015年10月に人間のプロ囲碁棋士を互先なしで破った初のコンピュータ囲碁プログラムの「アルファ碁」や、今年「世にも奇妙な物語」への出演も果たしたマイクロソフトの人工知能、「女子高生りんな」もランクインしています。

この「Pepper」や「女子高生りんな」のように、人間が用いる自然言語を理解したり、経験から学習して知的な営みが出来たりするようなコンピュータプログラムが人工知能(AI)と呼ばれています。

人工知能(AI)はどう使われているの?

人工知能(AI)の技術が私達の生活にどのように活用されているのでしょうか?
最近リリースされたサービスを元にご紹介させて頂きます。

チャットボット

カスタマーサービス「LINE Customer Connect」

AI(人工知能)_Line Customer Connect

参照:LOHACOマナミさんトーク画面

近年、人工知能(AI)システムがユーザーの応対を行う自動対応の問い合わせシステムに注目が集まっています。

このシステムはチャットボットと呼ばれ、企業は導入することによりサポート業務の効率化や質の向上を行うことが出来ると言われています。

LINE株式会社は今年11月にチャットボットによるカスタマーサービス「Line Customer Connect」を発表しました。

最初に導入したのは「アスクル」で、人工知能(AI)による自動対応サービスを既に始めています。

このカスタマーサービス「LINE Customer Connect」は来春を目処に本格始動するとのことで、あらゆる企業がサポート業務にこのサービスを導入する事が予想されます。

資産運用

投資信託「Yjamプラス!」

ヤフーが今年11月に、人工知能(AI)を活用した資産運用サービスを開始することを発表しました。

ヤフーの月間700億ページビューに上るビッグデータに基づいて、人工知能(AI)が株価を分析したり銘柄を選定したりした株式を取り込んだ投資信託商品を販売します。

金融サイト「Yahoo!ファイナンス」のデータ、ヤフーのニュースサイトの記事閲覧履歴やECサイトの売れ筋商品の傾向、天気や旅行等のヤフーが持つあらゆるデータを活用し投信の運用が行われます。

従来は人の経験則に基づく投資手法が主流でしたが、「Yjamプラス!」の登場によって人工知能(AI)による資産運用が今後広まりそうです。

レコメンド機能

メガネのレコメンドサービス「JINS BRAIN(ジンズ・ブレイン)」

AI(人工知能)_JINS

参照:JINS BRAIN

アイウェア業界でも人工知能(AI)のによる機械学習を取り入れたサービスが展開されています。

ジェイアイエヌは、メガネのレコメンドサービス「JINS BRAIN(ジンズ・ブレイン)」をJINSオンラインショップと全国のJINS店舗にて開始しました。

JINSのスタッフ約3000名が、6万枚におよぶ画像データを評価することによって、JINS独自の人工知能(AI)が開発されていて、メガネをかけた人の顔画像からメガネの似合い度のスコアを算出することが出来ます。

このサービスはクラウドサービスなので、いつどこでもパソコンやスマートフォンから、メガネのレコメンドサービスを受けることが可能です。

今までメガネを通販で購入する事に抵抗があったユーザーも「JINS BRAIN」を利用することによってより気軽に購入することが出来るようになるのではないでしょうか。

人工知能(AI)搭載のマッチングアプリ「Qunme(キュンミー)」

AI(人工知能)_SNS

参照:Qunme公式HP

サイバーエイジェントの連結子会社であるアプリボットライフスタイルが提供するマッチングアプリ「Qunme(キュンミー)」に、人工知能(AI)を活用した機能があります。

「HITOMEBORE タイプ診断」と呼ばれるこの機能は、顔認証技術を元にユーザーの好みのタイプと判定した相手をレコメンドするものです。

このような新しい切り口の機能が搭載されることによってますますマッチングアプリが若者の間で普及していきそうです。

広告

デジタルサイネージ

人工知能(AI)を活用した屋外広告(デジタルサイネージ)も進められています。

デジタルサイネージと連携したAI搭載カメラが車種を自動で判別し、車種ごとに最適な広告を配信する実証実験も成功していることが発表されています。

ディープラーニング(深層学習)技術搭載のカメラが300種類以上の車種、メーカー、年式等をリアルタイムに認識・判別し、車種ごとにターゲティングされた広告を配信したそうです。

例えば高級車が通った際には高所得者向けの広告を配信する等が可能となります。

デジタルサイネージは今までターゲティングすることが難しいとされてきましたが、人工知能(AI)技術を活用することによって最適な広告配信が可能となりつつあり、今後普及が広まることが期待されています。

今後の展望

このように、人工知能(AI)技術は様々な場面で活用されています。

現状ではアプリでの活用が主に目立っていますが、今後アドテクノロジーや家庭用ロボットの更なる普及が予測出来ます。

ビジネスを展開する上でも人工知能(AI)技術に着眼することが成功の鍵となるかもしれません。

 

もっと読む »