日本

LINEは世界でどのくらい使われている?~主要4カ国でのLINE比較1
調査レポート

LINEは世界でどのくらい使われている?~主要4カ国でのLINE比較

もっと読む »
人気記事ランキング
調査レポート

CGL4月度人気記事ランキング

4月度人気記事ランキング

今回は、Cheetah Global Labの4月に多く見られた記事をランキング形式でご紹介します。見落としている記事がありましたら、是非チェックしてみてください!

 

それでは、10位から4位までを一気にご紹介

※画像クリックで記事へ飛びます。

・人気記事ランキング10位~4位

Google新アプリあんしん連絡先

10位:Googleの新アプリ「Trusted Contacts」が「あんしん連絡先」と改名され使いやすくなったみたいなので試してみた件!

pianotiles

9位:『ピアノタイル2(Piano Tiles 2)』人気沸騰の3つのポイント&開発秘話

Beautiful skin care woman smile and look mirror. asian beauty

8位:中国向けプロモーションに効果絶大?「KOL」とは

株主優待まとめ ゲームアプリ企業の株式優待ってどんなのがあるの!?アイキャッチ

7位:【株主優待まとめ:2017年】ゲームアプリ企業の株式優待ってどんなのがあるの!?

message app

6位:LINEは日本だけ?世界のメッセージアプリのシェア

MessengerDay-Title

5位:【Facebook新機能】24時間でコンテンツが消える「Messenger Day」が日本でも提供開始されたので使ってみた!

IoT

4位:【いまさら聞けない「IoT」とは?】~身近な事例と今後の動向~

 

と、バリエーションに富んだラインナップとなっています。

9位のピアノタイル2の記事はCheetah Mobileはどうやって人気アプリに成長させたかがわかる記事です。7位のゲームアプリ株主優待記事は決算時期に多く読まれたようですね。4位のIoTもまだまだ気になるキーワードとして注目度が高いようですね!

 

続いてはランキング第3位の記事はこちら!

google-my-activity

3位:【怖い?便利?Googleの新機能】マイアクティビティで自分の「歴史」を管理する!!

Googleの新機能(といっても去年のですが)マイアクティビティの詳細をいち早くお届けした記事となります。マイアクティビティは便利な反面、色々なことが記録されるため、あまり他人に知られたくないものも履歴にあったりするので使い方は気をつけたいですね!

 

第2位はこちら!!

4

2位:2016年中国スマホゲーム市場調査

2016年中国市場の動向をまとめたものですね!

最近は、陰陽師や崩壊学園など中国アプリでも、日本っぽいゲームも増えていて日本市場にインパクトを与えています。2015年から比べると日本アプリの売上げが伸びていますが、中国配信または海外で大成功するには、やはり現地の特色を理解、生かしたゲーム性を企画、ローカライズすることが不可欠だと思われます。

 

 

そして、栄えある4月度人気記事ランキング第1位は。。。。

 

どんっ!

 

AI

1位:AI(人工知能)って一体何?活用事例や今後の展望

と、AIの記事となりました!!2017年も大注目のキーワード「AI」ですね!

この記事でバイオハザードの映画などにも触れていますが、昔SFだったものが今は現実になってきています。

まだまだドラえもんの登場まではいかないですが、AIが進歩することで昔だれかが空想したような未来はもうすぐそこまできています。AI機能を搭載したアプリも増えており、これからも目が離せないキーワードです。

 

以上、4月度の人気記事ランキングでした!皆様が気になった記事は入っていたでしょうか?次回は何の記事がランキングに入るのか楽しみです!

 

また、キングソフトでは、現在マーケターを絶賛募集中です!

我こそはという方は是非お気軽にエントリーしてください。

募集要項の詳細はこちら

もっと読む »
message app
アプリ

LINEは日本だけ?世界のメッセージアプリのシェア

メッセージアプリイメージ

もはやLINEなしでは連絡がとれない?

先日、インターネット上で実施されたある調査で、女子高生・女子大生の約95%が「LINE」を定期的に利用し、仲の良い友人の電話番号を知らない傾向にあるということが明らかになった。もはや「携帯電話の番号」は過去のものとなり、アプリによってコミュニケーションを取ることが当然になってきている。これを読んでいる方の多くも、ご自身のスマホにLINEをインストールしていることだろう。

世界のメッセージアプリはいま

これだけ一般化したLINE、月間アクティブユーザー数は2億人を越えるとされるが、そのユーザーの大半は日本に集中しており、海外では台湾やタイなどで大きなシェアを占めているほかはユーザー獲得に苦戦しているのが現状だ。そのため、世界的にみるとメッセージアプリとしてはマイナーな部類に入ってしまう。
筆者にはヨーロッパに住むヨーロッパ人の友人が何人かいるが、LINEをインストールしているという友人には会ったことがない。「LINE」アプリの名前を知っている人自体が少ないという印象だ。
実際、世界各国その国で有力なメッセージアプリは全く異なる。ユーザー数の多い代表的なアプリを挙げてみよう。

メッセージアプリwhatsappWhats app

月間アクティブユーザー数が全世界10億人を越えるメッセージアプリ。英語の「What’s up ?(どうしてる?)」の「up」と、アプリを意味する「App」をかけたダジャレに由来している。二年ほど前にFacebookが約2兆円で買収し、現在はFacebook傘下。アメリカの企業だが、主にヨーロッパや南米各国で9割前後の高いシェアを誇る。

メッセージアプリfacebook messengerFacebook Messenger

アメリカで強く、アメリカのメッセージアプリシェアではトップ。Facebook自体が世界各国で普及していることもあり、各国で徐々にシェアを伸ばしてきている。既に月間アクティブユーザーが10億人を越えたとされる。ここ最近では、多くの国のメッセージアプリのダウンロードランキングで各国で2位につけてきている。

メッセージアプリtencent wechatWeChat メッセージアプリtencent qqQQ

どちらも中国のテンセント(騰訊)が運営している。このうちWeChatの月間アクティブユーザー数は7億人とも。中国以外では殆ど利用されていないが、中国本土でのシェアは圧倒的。人口の多さと経済発展でさらにユーザー数が増えていくことが予想される。

メッセージアプリviberViber

LINE以外で、日本と関りが深いメッセージアプリはViber(バイバー)だろう。3年ほど前に楽天が900億円で買収。最近では、トランプ大統領の大統領令への抗議として、アメリカから中東7カ国へViberを利用して電話する場合、料金を無料にすると発表してニュースになった。ユーザーはヨーロッパ、中東、アジア各国に分散傾向にあるといわれるが、インドでのユーザーが比較的多いという。

 

メッセージアプリイメージ2

 

無料通話の先駆け

こういったメッセージアプリで思い起こされるのは2003年に登場したSkypeだ。ブロードバンドが普及し始めた頃はPCからインターネット無料通話ができるということで一時期、一世を風靡した。オンラインチャット、データ送信、ビデオ通話が無料でできたり、有料ではあるが一般回線に電話をかける機能「Skype Out」があったりと、当時はかなり画期的だった。スマホアプリとしては他社にユーザー数・ダウンロード数とも抜かれてしまっているが、もともとPCでの利用から始まったこともあり、今でもPCでのオンライン英会話レッスンやテレビ会議などで利用される傾向にある。

メッセージアプリskype talkイメージ

 

今後のメッセージアプリの展開は

メッセージアプリの主流は、かつてPCで使用されていたSkypeから他のスマホ向けアプリへ移っていった。コミュニケーションに関連したアプリの入れ替わりは激しく、短文や画像についてもtwitter、インスタグラム、スナップチャットと、その人気はめまぐるしく変化している。twitterですら利用者数が伸び悩み、買収の噂も絶えない。かつて日本で大流行したmixiやGREEといったSNSも完全にFacebookにユーザーを奪われてしまった。今後、このメッセージアプリでどこが覇権を握るのか、それとも新たなサービスが出現するのか注目される。
個人的には、最近のGoogle翻訳やAIの進歩を考えると、テキストメッセージなどを正確に翻訳できるSNSやメッセージアプリなどがあると人気が出るように思う。SNSやメッセージアプリの利点はグローバルに展開できることだが、同時に言語の問題は避けて通れない。高度な翻訳機能で、それを正面から突破してしまうわけだ。音声の場合は「音声認識」「翻訳」の二段階があるが、テキストならば「翻訳」のみだ。既にFacebookに「翻訳」ボタンがあるように、簡単に、かつ正確に翻訳してくれるアプリなら、コミュニケーションアプリとしては理想的なように思える。

※関連記事 LINEは世界でどのくらい使われている?~主要4カ国でのLINE比較

もっと読む »
節分 アプリイメージ
アプリ

「2017年の恵方はどっち?」Google Playのアプリ検索で”節分”と入力してみた

 

節分 アプリイメージ

1月も半ばに入り、お正月のまったり感はどっかにいってしまっている、忙しい時期と思います。

今回もまた、Google Playでアプリ検索をしてみました。

2月のイベントといえば節分!今回はGoogle Playで「節分」と検索してどんなアプリが表示されるのか試したのですが、ASO(App Store Optimization)としても面白い感じだったので、また紹介いたします!!

 

Google Playで「節分」検索のアプリランキング

 

 

2017年1月13日現在、Google Play検索ではこんな風になっています。

節分恵方巻きアプリランキング

と、コンパスが多い!!

15位中、6アプリがコンパスとなりました。これは、近年節分のイベントとして全国的に定着した、恵方巻きを食べるための方位(恵方)を調べるのに使うんですね!

ちなみに2017年の方角は『北北西』とのことです。皆さんコンパスで北北西を向きましょう。

それでは、気になったアプリをご紹介!

 

【節分なら「まめポン!鬼退治」 – 節分の豆まきゲーム】

節分なら「まめポン!鬼退治」アプリ

Google Play URL:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.akerusoft.beanscattering

カジュアルゲームです、時間内に鬼へ豆を当てるゲームが「節分」キーワードで1位となっていました。

節分なら「まめポン!鬼退治」アプリ画面1節分なら「まめポン!鬼退治」アプリ画面2

遊んでみたのですが、これ、全然豆が当たらない!!

 

連続して豆を当てるとコンボが発生するのですが、僕はタイミングが全然つかめず、まったく点数が取れませんでした。。

唯一 青鬼だけはボッコボコにできました!無病息災!

節分にぴったりのゲームかと思います。

 

【恵方マピオン】

恵方マピオンアプリ

Google Play URL:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.mapion.android.app.eho

コンパスアプリです。

このアプリを使うと恵方巻を食べる方向「恵方」がすぐにわかります。

恵方マピオンアプリ北北西

アプリ画面を開くと2017年は『今年の恵方は「壬」(みずのえ)おおよそ北北西』と方位がでます。

また、「周囲のコンビニを表示」機能もついているので、恵方巻きが手元にないときは近くのコンビニを探して買いにいけますね

まさに、恵方巻きを食べるためだけのコンパスアプリです!

 

【恵方コンパス!【恵方巻きを食べる方角がすぐ探せる!】】

恵方コンパス!恵方巻きを食べる方角がすぐ探せる!アプリ

Google Play URL:https://play.google.com/store/apps/details?id=info.smahoapps.android.ehou

こちらのコンパスアプリは、かわいらしい感じですが、

恵方コンパス!北北西

コンパスを北北西の方角に向けると、

恵方コンパス!北北西でかぶりつけ

こんなに豪華に画面が変わります!!2017年の恵方、北北西を向くテンションがあがります!

他の機能はなく、ごくシンプルなコンパスに感じます。

 

ただ、こちらはアプリの詳細(もっとみる)の中に、「恵方巻きについての豆知識」として、詳しく説明がありました。

”恵方巻き(えほうまき)とは、節分に神様がいる恵方の方角を向き、一切よそ見をせず無言で恵方巻きを頂く風習のひとつです。

そうすることで、恵方にいる神様からのご利益があるとされております。
まるまる一本の大きな太巻きを一気に食べるというのも特徴のひとつです。

恵方巻き(太巻き)を一本食べなければならない理由は…”

※アプリ詳細より抜粋

と、『なんで恵方巻きって一気に食べる必要があるの??』って気になる方は是非こちらのアプリで確認してみてください。

 

【コンパス:Smart Compass】

コンパス:Smart Compassアプリ

Google Play URL:https://play.google.com/store/apps/details?id=kr.sira.compass

こちらは恵方を示すのではなく、普通?のコンパスです。

カメラ機能の上にコンパスを表示していて、写真を撮る(画面キャプチャ)ことができます。

コンパス:Smart Compassイメージ

このカメラコンパス機能、背景ですときれいですが、

 

コンパス:Smart Compass恵方狙い撃ち

画面に人物を入れると、

スナイパーのように狙い撃ちした気分になれます。

 

節分の時期だけの恵方巻き食べる用ではなく、コンパスをいつも使う方はこのようなノーマルなコンパスのほうがいいかもしれませんね。

ただ、こちらのアプリはGoogle play上の説明文に「節分」のキーワードがどこにもなく、なぜ「節分」で上位表示されているのかがわかりません。。。

やっぱり恵方巻きで使うユーザーが多いのが原因でしょうか。もう少しASOを勉強する必要があります。

 

【プロが教える簡単料理レシピ シェフごはん】

プロが教える簡単料理レシピ シェフごはん

Google Play URL:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.chefgohan.android

最後は皆様ご存知、ぐるなびのレシピアプリ。様々なジャンルから本格的な料理のレシピを見れるアプリです。

プロが教える簡単料理レシピ シェフごはん1

調理目安の時間があり、とても美味しそうな写真もいい感じですが

特筆することがひとつ、

 

好みのシェフで恵方巻き

イケメンシェフのプロフィールが見れる!!

生年月日から出身校まで見れます。お気に入りシェフのお薦め恵方巻きを作ってみてはいかがでしょうか。

 

 

と、以上「節分」キーワードで出てくるアプリの紹介となります。

節分恵方巻きアプリ検索

今回、ほとんどが恵方巻きについて関連したアプリでしたが、他にも「鬼から電話」https://play.google.com/store/apps/details?id=com.oni.oniや、「おさわり探偵 なめこ栽培キット Deluxe」https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.beeworks.mushroomDXが上位にでてきました。

 

「鬼から電話」は以前の記事でも簡単にご紹介しましたが、クリスマス、節分と冬にひっぱりだこなアプリですね!

ただ、どちらのアプリも説明文に「節分」ましてや「恵方巻き」のキーワードはまったくなく、やはりGoogle PlayのASOにはキーワードと別のアルゴリズムがあるようです。。。ノーマルなコンパスアプリもいくつか上位にきていますし恐らくインストール時期レビュー文言などもASO対象になのではないかと。

 

また、iPhoneシリーズは元々コンパスアプリがプリインストールされているので、

恵方の北北西探しでコンパスアプリが必要になるのはAndroidユーザーのみのようですね!

 

以上、今後も色々なキーワードで気になったアプリをご紹介しますね。

 

<参考>

Google Play

もっと読む »
qq%e6%88%aa%e5%9b%be20170106184937
お知らせ

LIBRAのサービス紹介

qq%e6%88%aa%e5%9b%be20170106184937

LIBRAとは

LIBRAはCheetah Mobileが運営するグローバルアンドロイド市場の分析プラットフォームです。グローバルでの34億回のインストール、6.12億のMAUを誇るCheetah Mobileのビッグデータ分析に基づいています。アプリランキング、データインデックス、業界レポートなどの形式でアンドロイド市場の分析を発信しています。

 

LIBRAの三大特徴

1.カバー範囲の広さ

200以上の国や地域、50以上のカテゴリー、100以上の携帯メーカー、6.12億のMAU、100万以上のアプリの分析に基づいています。

 

 

2.分析角度の多さ

アクティブ浸透率、ダウンロード浸透率から、ユーザー属性まで様々な分析が可能です。

市場動向に密着したランキング

  • アクティブ浸透率ランキング
  • ダウンロード浸透率ランキング
  • アクティブ急上昇ランキング
  • ダウンロード急上昇ランキング

アプリの各種指標

  • 重複度
  • 残存率
  • オープン回数
  • アクティブ浸透率
  • ダウンロード浸透率
  • アクティブ上昇率
  • ダウンロード上昇率

ケータイメーカーの各種指標

  • ブランド
  • 型番
  • バージョン情報
  • メモリ
  • 画面サイズ
  • 画面解像度

ユーザー属性

  • 年齢
  • 性別
  • 趣味嗜好
  • 最近のインストール
  • 最近のダウンロード
  • 最近のアンインストールスマート分析ツール

 

3.スマート分析ツール

全体からひとつのアプリ比較でき、分析を行いやすい機能が充実しています。

対比ツール

┗複数のアプリの指標、浄化、基本情報を一斉に比較

 

羅針盤ツール

┗ターゲットアプリの業界における位置づけ、優位性などの確認

 

サブスクリプション機能

┗ターゲットアプリの情報を定期的に受信する機能

 

以上、簡単な紹介となりました。

他サービスにないアクティブ浸透率などの指標や、独自の分析データがありますので、ぜひ活用していただればと思います。

もっと読む »
eスポーツはスポーツなのか?
業界ニュース

eスポーツは真の”スポーツ”となるか?

eスポーツはスポーツなのか?

~新年のご挨拶~

新年明けましておめでとうございます。今年も皆様のお役に立つよりよい記事をお届けしてまいります!

これからも何卒よろしくお願いいたします。

新年最初の話題は、eスポーツについて取り上げます。

 

 

eスポーツリーグが開幕

コンピュータゲーム(ビデオゲーム)をスポーツと位置づけるeスポーツ

海外では高額な賞金がかけられた国際大会があり、年収が億を超えるプロゲーマーがいる。2016年11月、日本でもこのeスポーツにおけるリーグ戦「日本eスポーツリーグ」が開幕した。北海道から九州まで6チームがこのリーグ戦に参加。サッカーJリーグの東京ヴェルディもeスポーツ部門を立ち上げて参入するなど広がりを見せている。この「日本eスポーツリーグ」、昨年の11月26日に開幕戦が行われ、毎週末オンラインで試合が行われている。試合の模様はゲーム専用配信サイトでライブ配信されており、今月22日に実際の会場で決勝戦が行われる。

eスポーツイベント

 

”eスポーツ”は”スポーツ”なのか

欧米ではチェスやビリヤードも「スポーツ」として認知されている。もともと「sport」には物理的に身体を動かすこと以外に、「楽しむ」といった意味や「競い合う」という意味もある。その意味ではコンピュータゲームを”スポーツ”と捉えること自体は可能だ。既にアメリカでは、一部のPCゲームプレーヤーにスポーツ選手用のビザを発給する動きも起こっている。これまでメジャーリーグなどの外国人プロスポーツ選手に発行されてきたものだ。日本においても昨年、韓国でプロゲーマーとして活躍していた韓国人プレーヤー二人に対して、法務省が初めてスポーツ選手用のビザを発給した。これまで野球選手やサッカー選手向けに発行されてきたもので、これまでの”スポーツ”の概念を越える動きだ。

eスポーツでのプロスポーツ選手とは

 

進化するeスポーツ

eスポーツを取り巻く環境に変化が起きている一方、eスポーツは新たな展開を見せつつある。これまで”eスポーツ”とされるものは、格闘ゲームやシューティングゲームなどを中心に実際のゲーム機を使用したものやオンラインのものが主流だった。ところが、近年のスマホゲームアプリの普及により、従来の形式の大会だけでなくモバイルゲームに高額な賞金がかけられる大会が登場しはじめた。昨年9月に行われた人気ゲームアプリ・モンスターストライクの大会「モンストグランプリ2016 チャンピオンシップ決勝大会」において、優勝チームは賞金2000万円を手にしている。
eスポーツ 賞金について

 

eスポーツのこれから

最近ではゲームをする人の多くがスマホを利用したモバイルゲームを楽しんでいる。今後のeスポーツの普及は、どれだけモバイルゲームへシフトし、拡大できるかにかかっている。”スポーツ”の発展には、ライトなプレーヤーとファンの存在が欠かせない。その意味ではモバイルゲームはライトなプレーヤーが多く、大きな可能性がある。eスポーツが真に”スポーツ”として市民権を得るか、今後の動きに注目したい。

eスポーツ スマホゲームに変わるのか

もっと読む »
フィンテックは私達の生活にどのような影響を与えるの?身近な事例3選
お役立ち・知識

フィンテックは私達の生活にどのような影響を与えるの?身近な事例3選

フィンテック 事例記事イメージ

最近ニュースや新聞で多く見かけるフィンテックですが、皆さんはフィンテックが一体何なのか、私達の生活にどのような影響を与えるのかをご存知でしょうか?

今回の記事ではこのフィンテックをご紹介していこうと思います。

フィンテックとは

フィンテックという言葉は、金融を意味する「Finance(ファイナンス)」と、技術を意味する「Technology(テクノロジー)」を組み合わせた造語です。

スマートフォンや、人工知能(AI)等のITを活用した新しい金融サービスの総称として使われています。

決済サービスや家計管理、資産運用等様々な分野のフィンテックが存在しています。

フィンテックの事例

フィンテックのサービス事例をご紹介致します。

私達の生活に身近な事例を取り上げました。

1-家計管理-自動家計簿「マネーフォワード」

消費者向けフィンテックの代表的な事例として挙げられるのが、自動家計簿サービスの「マネーフォワード」です。

銀行口座やクレジットカード情報を登録しておくと、自動的にお金を使ったデータを収集し、家計を一元管理する事が出来るサービスです。

レシートを写真に撮るだけで内容を自動的に反映する等OCR技術も活用されており、非常に便利です。

2-資産運用:おつりで投資するフィンテック「トラノコ」

資産運用のアプリ開発・運営を行うフィンテック企業であるTORANOTEC株式会社が2017年春に、おつりで投資をする事が出来る新たな資産形成アプリ「トラノコ」のリリースをすることを公表しました。

「トラノコ」は、クレジットカードやICカード乗車券等から端数を切り上げておつり相当分を投資に回す事が出来るアプリです。

例えば、480円の買い物をした場合には、500円との差額である20円をおつり相当額として投資に回す事が可能です。

毎日コツコツと事前に投資資金を積み上げる事が出来るため、手元資金が少ないことが原因で今まで投資に踏み込めていなかった若年層の心理的障壁を下げ、投資に踏み込めるようになる事が予想されています。

今まで日本人は投資や資産運用に消極的でしたが、このようにフィンテックが活用された資産運用アプリが登場する事によって今後資産運用が浸透していくかもしれません。

3-決済:スマホをかざすだけで簡単決済「Apple Pay」

Appleが提供する電子決済サービス「Apple Pay」の提供が今年の10月に始まった事は、皆さんの記憶に新しいと思います。

この「Apple Pay」のサービスもフィンテックの一種です。

「Apple Pay」の機能として目新しかったのは、Suicaカード無しでiphone7をかざすだけで改札を通り抜けられるようになった事だと思います。

今後このような決済サービスが浸透していく事によって、お財布が不必要になる時代も到来するかもしれません。

人気YouTuberの瀬戸弘治さんも、Apple Payの動作を紹介されています。

今後のフィンテック

近い将来、フィンテックが普及することによって投資や決済の領域だけでなく、通貨制度自体にも大きな影響をもたらす可能性もあります。

来年2017年もますますフィンテックが私達の生活に浸透していくことでしょう。

もっと読む »
広告媒体と広告費
お役立ち・知識

主要広告媒体と広告費について調査してみた

広告媒体と広告費

はじめまして。

Web広告業界に入社してまだ間もない営業女子です。

広告業界、入ってみてわかりましたが勉強することが多いですね。

仕組みや業界用語など理解に苦戦しておりました。。。

これからWeb広告に関わる未来の後輩たちに役立てるWeb広告の基礎について少しずつお話出来ればと思っています。

 

日本の広告費

まずは日本の広告費について触れていきます。

広告費は毎年伸びていることが下の表で見てとることが出来ます。

項目別で見ると過去3年連続で伸びている広告の種類は、インターネット広告と衛星メディア関連です。また紙媒体などのマスコミ四媒体を見ますと低下傾向にあります。

日本の広告費データ

電通HPより引用

 

さらに毎年順調に伸びている「インターネット広告」に注目してみました。一体どのくらいの金額の出稿があるの?ということで過去5年分の広告費についての表です。

インターネット広告費

電通HPより引用

 

なぜインターネット広告が伸びているのか・・・スマートフォンの普及が大きく影響していると思います。

スマートフォンの普及はいつ頃から始まったのか調べてみました。2008年に日本でのiPhoneの発売が始まってから少しずつスマートフォンの普及のきざしが見えました。2010年にはスマートフォンの本格的な普及が始まり、以降順調に拡大し続けています。

その反面ではフィーチャーフォンの縮小が始まり、NTTドコモ社もついに2016年、年内には出荷終了の発表が2016年11月にありました。この発表から、今までのフィーチャーフォン利用者はスマートフォンへの移行が予測出来きます。また近年ではやスマートデバイスの買い足しの傾向もありクロスデバイス化が進んでいます。スマートデバイスは移動中など、どこにいても手軽に使用出来ることを考えると今後もインターネット広告は成長が見込まれるのではないでしょうか。

広告費イメージ

広告媒体について

それにしても、広告の媒体っていろいろありますね。

簡単にまとめてみました。

大きく3種類に分けられます。

①マスコミ四媒体

・新聞→1ページに大々的に宣伝する「全面記事」や、記事の下に枠のある「記事下広告」などがあります。

・雑誌→雑誌のいたるところで見つける宣伝です。巻頭や表紙裏が一番わかりやすいです。

・ラジオ→番組内で声によって宣伝されるCMです。

・テレビ→番組の合間に流れるCMのことです。

以上の4つをまとめてマスコミ四媒体とよびます。

一般的には「マス広告」と呼ばれています。

 

②SP媒体(SPはセールスプロモーションの略です)

・屋外広告→街を歩いてると見かけるあの看板です。

・交通広告→電車、バス、タクシーの車内や駅で見かける宣伝です。

・ダイレクトメール(DM)→自社を利用する顧客の自宅にキャンペーンなどの情報を届け、宣伝する方法です。

・チラシ→新聞に折り込みで入っているチラシのことです。

・フリーペーパー→街や駅、自宅のポストへ投函される雑誌にクーポン券などを載っているケースが多いです。

・POP→店舗にある商品紹介しているようなポスターやカードです。

・イベント、展示会→イベントのスポンサーとして宣伝をしたり、テーマに沿った展示会に出展や登壇して宣伝をします。

 

 

③インターネット広告

・メール配信→自社サービスの会員などにメールで宣伝するメルマガのようなものです。

・Web広告→最も代表的なものがバナー広告でWebページを見ているとよく見ます。Web広告には他にもリスティング広告、SNS広告、アフィリエイト広告、動画広告、アプリ広告などがありますがこちらは後に深く触れていくつもりなので今回は割愛します。

 

おわりに

おおまかにまとめてみましたが、私が今後携わっていくのはWeb広告なので今後はWeb広告の基礎知識というテーマで執筆していこうと思います!!

お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、そうです。勝手に連載にしていこうと思っています(笑)広告業界にこれから入る未来の後輩たちが私と同じ道を通っていくと思うので参考程度に読んで頂ければとても嬉しいです。この業界でのご活躍が長い方も暖かく見守って頂ければ喜びは倍増です。まだまだ勉強の毎日ですがよろしくお願い致します!!

 

※参考URL(電通HP)

http://www.dentsu.co.jp/knowledge/ad_cost/2010/sum.html

もっと読む »
サイバーマンデー 記事 イメージ
お役立ち・知識

「サイバーマンデー」「独身の日」と日本のEC業界

サイバーマンデー 記事 イメージ

アメリカでは毎年11月第4金曜日に大規模な年末セールが始まる。

感謝祭翌日にあたる、この「ブラックフライデー」はアメリカの小売業界では1年で最も売り上げを見込める日とも言われ、量販店などの小売店にとってまさに「書き入れ時」だ。アメリカの年末商戦の風物詩となっており、各店で大幅な値引きを行うため、セール開始前には店の前に開店を待つ人の長蛇の列ができるのが恒例となっている。

2

一方、2000年代前半からブロードバンドの普及とネットショッピングの普及にともなって「サイバーマンデー」というものが登場した。いわば「ブラックフライデー」のインターネット版だ。感謝祭後の週明け月曜日から一斉に始まることから、この「サイバーマンデー」という名前がついた。
「サイバーマンデー」は年々規模を拡大。2005年には総額で4億8600万ドル(約500億円)ほどの市場規模であったが、昨年2015年には27億ドル(約3000億円)ほどの市場規模になったといわれ、今年2016年にはさらにそれを上回り33億ドル規模になったといわれる。最近は小売業にとどまらず旅行業界も同じような動きを見せており、このサイバーマンデーに合わせてホテル各社もセールを行っている。実際、ある大手ホテルチェーンでも、この期間に合わせて最大半額のセールを実施した。

この「サイバーマンデー」だが、なぜ本来の金曜開始のセールではなく月曜開始のセールになったかは諸説ある。ひとつはネットショッピングが普及し始めた当時、ブロードバンド回線を持つ家庭が少なく、多くの人が感謝祭の休暇明け月曜に職場のブロードバンド回線を使ってネット上で買い物をしたからというもの。もう一つは感謝祭の休暇中は実店舗での買い物に外出したり、帰省していた人々が、家に戻ってインターネットでショッピングをしたからというものだ。

 

ところが現在ではブロードバンドに繋がっている家庭は普通になり、スマホで簡単にショッピングができるようになった。わざわざ「金曜は実店舗、月曜はオンライン」という区別をする必要がなくなってしまった。買う側にとっても売る側にとっても回線速度を理由に月曜を待つ必要がなくなったわけだ。実際、アメリカの小売大手ウォルマートは昨年、インターネット販売でのセール開始をこれまでの月曜から一日前倒しして日曜から始めた。今年はさらに早め、一部のセール開始時期を感謝祭当日(11月第4木曜日)まで一気に前倒している。

3

ところで、同じようなネットショッピングで大きなイベント日といえば、11月11日がある。数字の「1」が並ぶことから、中国のインターネット業界では「独身の日」と言われ、なぜかネットショッピング最大のセール日とされている。

今年の11月11日も中国のネットショッピング最大手アリババは大規模なセールを実施、この1日だけで実に1,207億元(約2兆円)を売り上げた。日本のネットショッピング最大手、楽天の年間流通総額に匹敵する規模だ。同じ日に中国ネットショッピング2位の京東商城(JDドット・コム)も大規模なセールを実施しており、他のEC業者も含めれば、その規模は図り知りれない巨大なセール日だったことになる。

 

4

日本では、通常店舗においてもネットショッピングにおいても、これまでのところ「セール」の日といえる大規模なイベントはない。もちろん、クリスマス商戦、年末商戦など、様々な商戦は存在する。しかし、「ブラックフライデー」「サイバーマンデー」「独身の日」といった、各社が一斉にセールを行うような日はない。

数年前からアマゾンジャパンが「サイバーマンデー」と称して12月初旬にセールを実施しているが、他のEC事業者が追随するようなことは起こっていない。今年(2016年)はイオンなどが「ブラックフライデー」と銘打って、各店舗でセールを実施したが、これも来年以降続くかは不透明だ。11月末~12月初旬のセールについて、「そういう習慣がないから」と言ってしまえばそれまでだが、冬のボーナス前で、歳末セールを間近に控える時期という日本独特の状況もあるだろう。

日本のEC市場規模は年間13.8兆円(2015年)といわれ、成長率は前年比で+7.6%と、世界的にみてもかなり大きい。日本に毎年恒例のセールデーは起きうるのか、その成否は単なる海外の直輸入ではなく、どこまで日本市場や日本の消費習慣にローカライズできるかにかかっている。

もっと読む »