Cheetah Ad Platform

ヨーロッパショッピングアプリランキング
お役立ち・知識

【フリマアプリは日本だけ??ヨーロッパのショッピングアプリランキング】

もっと読む »
DSP?KPIってなに?広告業界専門用語
お役立ち・知識

DSP?KPIってなに?広告業界専門用語~まずはここまで~

3

 

こんにちは!

前回記事→https://lab.kingsoft.jp/2017/01/25/senmonyougokoukoku/の単語も覚えたし、少しずつ慣れてきたなぁ~と感じながらもやっぱりまだ「よく聞くけどわかんない!」そんな用語ありますよね。

今回は応用編ということで、次に覚えるべき用語として意味を書いていきますのでこちらも覚えていきましょう!!

まずはここまで覚えれば、仕組みなど次の段階に進めます!!いきましょう。笑

※Web広告で使う用語のみ記載しております。

1-2

まずは仕組みにまつわる用語から記載していきます。

■システムに関する用語

・RTB(Real Time Bidding)

「リアルタイムビッディング」の略。インターネットのディスプレイ広告においてインプレッションが発生する毎に、リアルタイムでオークションが行われるシステムのことです。リアルタイム入札とも言います。このオークションは0.1秒で行われるのですごいです。

 

・DSP(Demand-Side Platform)

「デマンドサイドプラットフォーム」の略。広告効果を最大化するための広告主(クライアント側)のために用意されているシステムの名称です。広告主がどんなターゲットにいくらで配信したいのか事前に設定しバナーを入稿しておくと、自動で広告が配信されます。

DSPが広告枠の買い付けから広告配信、クリエイティブ分析、入札単価の調整等を行います。

いろいろなネットワークと繋がり、配信までの作業を行い、分析をし、と広告主にとってはメリットだらけです。

DSPはSSPとRTB接続をすることによって機能します。DSPはに初めて登場したのは2011年と言われているそうです。

 

・SSP(Supply-Side Platform)

「サプライサイドプラットフォーム」の略。DSPに対してSSPは広告収益を最大化する媒体社(メディア側)のために用意されているシステムの名称です。媒体社がどんな広告主にいくらで売りたいのか事前に設定しておきます。SSP経由でインプレッションが発生する毎に複数の広告ネットワークより同時に入札を行い、一番収益の高い広告を自動で配信します。

いろいろなネットワークと繋がり、目的のユーザーが来たことをDSPへ知らせ、収益の高い広告を配信すると、媒体社にとってはメリットもあります。

 

・DMP(Date Management Platform)

「データマネジメントプラットフォーム」の略。広告配信データ、販売データ、顧客データなどを一元管理し、分析して活用するための仕組みのことです。DMPには、「プライベートDMP」と「オープンDMP」の2種類があります。2つのDMPを組み合わせることで多くのデータをより広告配信に活用することがあります。

プライベートDMPとは自社独自で保有しているデータを統合し、管理出来るDMPです。主に、自社サイト訪問や購入などの行動履歴、部署やIDなどの顧客情報、興味関心等、自社でしか知りえない情報です。

一方、オープンDMPとは外部メディアが保有し提供しているデータを活用出来るDMPです。検索エンジンやSNSなどウェブ上でのユーザーの行動履歴や興味関心、年齢・性別などの属性情報等を管理しています。

 

フロー

※この場合広告主Bがオークションで勝ち、広告掲載出来ます。

 

 

さて、いろいろな仕組みがあり混乱しそうになります(笑)こちらで紹介したのも一部にはすぎないのでご了承くださいませ。それにしても本当に画期的なシステムですね。

次はマーケティングにおける成果指標にまつわる用語です。

■成果指標に関する用語

・LTV(Life Time Value)

「ライフタイムバリュー」の略。日本語では「顧客生涯価値」のことです。

顧客一人が企業に対して取引きを始めてから終わるまでの期間(生涯)に、企業の提供するサービスや商品に払う金額のことです。

例えばゲーム好きなユーザーが、ゲーム会社Aの「○○」というタイトルをプレイしてゲームをやめてしまう時までに合計10万円課金しました。そうなるとLTVは10万円となります。

 

・KGI(Key Goal Indicator)

「キーゴールインジケーター」の略。直訳すると「重要目標評価指標」です。

最終的な目標(ゴール)がどのくらい達成されているのかをはかる指標として使います。

 

・KPI(Key Performance Indicator)

「キーパフォーマンスインジケーター」の略。直訳すると「重要業績評価指標」です。最終的な目標を達成するために行う中間状況をはかる指標として使います。

例えば、メディアのKGIは広告収入であるとすると、KPIは新規ユーザーのPV数やサイトの滞在時間などになります。

 

・ROAS(Return On Advertising Spend)

「リターンオンアドバタイジングスペンド」の略。費用対効果のことで「ロアス」と呼んでいます。ROASが高いほど回収率が高いということになります。

計算式→広告経由での売上÷広告費(コスト)=ROAS

広告主にとってROASは非常に大事です。広告費に使った予算を出来るだけ多く利益につなげなければ損になるのです。

2-2

最後に・・・

私は意味が混ざってしまいがちになるのがこのあたりでしたね・・・。無知の私には厳しかったです笑

今回記載している用語をしっかり理解し、覚えられればだいぶ心強く会話が出来ます!

新しい業界に足を踏み入れるということは前途多難なわけです。と、いうことでまだまだ覚えることは山ほどありますが用語は一旦こちらで終わりとさせて頂きます。

私と一緒に一歩ずつ確実に前へ進みましょう!!

 

 

もっと読む »
seminar
お知らせ

7月14日(木)【無料セミナー開催!】全世界27億DLを誇るアプリシリーズの集客からマネタイズまで!(世界トップアプリディベロッパーの秘密)

seminar

来る7月14日(木)に当社の無料セミナーを開催いたします。

当日は当社取締役社長の馮達(Feng Da)が登壇し、全世界27億DLを誇る世界のトップアプリベンダーであるCheetah Mobile社のアプリ集客からマネタイズまで、普段聞くことのできない秘密をあますことなくご紹介させていただきます!

 

また6月21日(火)、新たに日本リリースいたしましたCheetah Ad Platformの運用管理システム「Cheetah Orion」につきましてもサービスおよび管理画面について概要もご紹介させていただきますので、ご興味ございましたら是非とも下記のセミナー紹介ページよりお申込みください!

 

<セミナー概要>

日時:7月14日(木)16:30~19:30予定(開場16:00)

参加費:無料(軽食あり)

場所:107-0052 東京都港区赤坂四丁目15番1号 赤坂ガーデンシティ4階

キングソフト社セミナールーム

≪詳細は下記セミナー紹介ページからご確認ください!≫

http://kingsoft.peatix.com/view

キャプチャ2

<セミナープログラム>

1.Cheetah Mobile社のノウハウ~Cheetah Ad Platformリリース1周年を迎えて

2.新サービスのご紹介~広告運用管理システムCheetah Orion

3.Appinsightデータから見たモバイル市場の分析

※セミナーの内容は、予告なく変更することがございます。恐れ入りますがご了承下さいませ。

もっと読む »
cheetah-ad-1st
お知らせ

今日でCheetah Ad Platformが1周年を迎えました!

cheetah-ad-1st

いつも当社のCheetah Ad Platform(チーターアドプラットフォーム)をご利用いただきましてありがとうございます。

本日6月17日で当社の広告配信プラットフォームである「Cheetah Ad Platform」のリリースから1周年を迎えることができました!

 

アドプラットフォームの主な配信先である「Clean Master」をはじめとしたCheetah Mobile社のアプリシリーズの世界累計DL数も当初は13.4億、MAUは3.4億でした。それが今では、世界累計DL数は27.62億と2倍以上になり、MAUも6.51億と約2倍に増えました。また、アプリシリーズも「ピアノタイル2」や「CM Launcher」などの新アプリも加わり、多くのクライアント様にもご利用いただけるようになりました。

 

これもひとえに今までご利用いただきましたクライアント様、アプリシリーズのユーザー様のお陰です。誠にありがとうございました。

 

そして1周年を記念し、本サービスをより多くの方にご利用いただけるよう来週早々に「な・に・か・」を発表させていただきますので楽しみにしてください!

 

これからも皆様に引き続きご利用いただけるよう、より良いサービス作りに一層力をいれて参ります。今後とも「Cheetah Ad Platform」を何卒よろしくお願いいたします。

=======================

キングソフトのモバイル広告事業についてはこちら

https://ad.kingsoft.jp/

=======================

もっと読む »
facebook
イベントレポート

「北米プロモーション向け Facebookセミナー」登壇レポート

facebook

去る6月15日(水)、Facebook日本支社様と株式会社アドウェイズ様共同主催の

アプリデベロッパー様を対象にした「北米プロモーション向けのFacebookセミナー」が開催されました。

 

取締役社長の馮達(フェンダ)が登壇し、「Cheetah Mobileアプリ集客について ~日本と北米の違い~」について、お話させていただきました。

DSC_0033

マーケティングの視点から、「ピアノタイル2」がどのようにして全世界で10億ダウンロードを突破する人気アプリとなった秘訣や、Facebookでの運用方法、全世界で27.6億ダウンロードを突破したCheetah Mobileのアプリシリーズの紹介、さらには「Clean Master」をはじめとしたCheetah Ad Platformのアプリシリーズを活用したグローバルな広告配信について、参加されたデベロッパーのみなさんは真剣にメモを取りながら、馮達(フェンダ)の講演に耳を傾けていらっしゃいました。

DSC_0045

講演後は主催のFacebook様やアドウェイズ様と交流を図ることができ、グローバルへの展開がいかに注目されているかということを改めて認識することができました。
世界的に有名なSNSを運営するFacebook様や、日本を中心に国内外での活躍が目覚ましいアドウェイズ様と三社でのセミナーに参加させて頂き、非常に貴重な体験をさせて頂きました。

 

先日、ユナイテッド株式会社様主催のセミナーにも登壇したことも記憶に新しいですが、

セミナーやイベントに登壇させて頂く機会が増え、当社の広告事業やCheetah Ad Platformの認知度が日に日に高まっていることを改めて実感できる1日となりました。
今後もキングソフトは、グローバルな展開を視野にCheetah Ad Platformを活用したサービスを提供してまいります。

 

以前のセミナー登壇のブログはこちら↓↓↓

「AdStir Night Session Vol.2」

https://ad.kingsoft.jp/column/united_seminar_adstirnight_session_vol2

 

=======================

キングソフトのモバイル広告事業についてはこちら

https://ad.kingsoft.jp/

=======================

もっと読む »
adStir
イベントレポート

アプリデベロッパー様向けセミナー「AdStir Night Session Vol.2」に登壇しました!

adStir

去る6月3日金曜日、ユナイテッド株式会社様主催のアプリデベロッパー様向けセミナー「AdStir Night Session Vol.2」に、ゲストスピーカーとして当社の取締役社長 馮達(フェンダ)がお招きいただきました。

「全世界合計27.6億DL、MAU6.51億 巨大デベロッパーによる国内外マネタイズのトレンドとは」と題し、講演を行いました。

スライド1    FullSizeRender

当社のスマホ最適化アプリ「Clean Master」をはじめとするツール系のアプリや、全世界で10億ダウンロードを突破し、日本でも朝の情報番組「Zip!」(日本テレビ放送網)でも紹介された人気音楽ゲーム「ピアノタイル2」の成功事例、そしてグローバルで27.6億DLを有するCheetah Mobileのアプリシリーズへの一斉広告配信が可能な、当社のモバイル広告プラットフォームである「Cheetah Ad Platform」や、SSPサービス「Cheetah SSP」のご紹介のほか、Cheetah Mobileが有するビッグデータ分析プラットフォーム「AppInsight」による、グローバルモバイルマーケティング業界のトレンド、さらには、中国市場のさまざまなカテゴリのアプリランキングから見えるトレンドについて、お話をさせていただきました。

 

fengda_2    FullSizeRender (2)

参加された方々は、海外のアプリマーケティング事情や、ビッグデータ分析の活用手法について、大変興味を持たれており、熱心に耳を傾けていました。
また、講演後の懇親会では多くの方々からご質問をいただき、アプリデベロッパー様のユーザー獲得やマネタイズ手法に対する関心の高さを窺い知ることができました。

 

_MG_1106

当日の登壇者との記念撮影。
モバイルアプリ業界のトップリーダーの方々との交流も、大変意義深いものとなりました。

 

今後も、キングソフトは「Cheetah Ad Platform」、「Cheetah SSP」を通し、アプリデベロッパー様へ、ユーザー獲得からマネタイズの実現まで、ワンストップで提供してまいります。

=======================
キングソフトのモバイル広告事業についてはこちら
https://ad.kingsoft.jp/
=======================

 

 

もっと読む »
2016-1q-report
お知らせ

Cheetah Mobile(チーターモバイル)2016年 第一四半期決算 発表

2016-1q-report

Cheetah Mobile(チーターモバイル、NYSE:CMCM)は5月19日、2016年の第一四半期決算を発表しました。総売上は11.15億元(約 188億円)、前年同期比63%アップし、海外売上は115.6%成長しました。そのうち、モバイル事業の売上は8.27億元(約140億円)で、総売上の70%以上を占め、前年同期比110.5%増加しました。

GRAPH_1_!

決算書によると、Cheetah Mobileの製品は、2016 年3月31日までに累計で全世界27.62億台のモバイル端末にインストールされました。また、モバイル端末のMAUは6.51億に上がりました。そのうち79.5%は中国以外の海外市場(主にヨーロッパ、アメリカ)からのアクティブユーザーです。

Cheetah Mobileは、モバイル広告領域でアメリカと中国市場のビジネス強化に注力しています。日々成長し続けているモバイル事業とグローバル事業の成長により、Facebook、Google、Twitter、Tencent、Yahooなど国内外のモバイル広告ネットワークと戦略的パートナー関係を確立しました。先日、Yahoo.comのVPであるTodd Miller氏は、Cheetah Mobile Global sales事業にジョインし、 VPに就任しました。今後、北米とヨーロッパのセールスチームを更に強化し、ブランディング広告分野のさらなる成長が期待できます。

2016年初頭、Cheetah MobileはRolling Skyというゲームを買収しました。このゲームはすでにGoogle Playと AppStoreのアメリカ地域におけるコンシューマゲームランキング3位に入っています。

また今年、Cheetah Mobileは日本キングソフト株式会社の親会社になりました。日本国内及び海外向けの広告配信はもちろん、さらなるビジネスの提供を行ってまいります。

もっと読む »
pianotiles
アプリ

『ピアノタイル2(Piano Tiles 2)』人気沸騰の3つのポイント&開発秘話

  • 2016年1月21日

pianotiles

2015年末から、AppStore、GooglePlayなどのアプリストアでゲームカテゴリのみならず、総合ランキングでも1位を獲得している、素敵な楽曲、名曲を気軽にピアノ演奏できる人気スマホゲームアプリ「ピアノタイル2」

Google play

URL:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.cmplay.tiles2

App Store

URL:https://itunes.apple.com/jp/app/piano-tairu-2-burakkutairuwotatake/id1027688889?mt=8

 

このアプリはClean Masterと同じ「Cheetah Mobile(チーターモバイル)社」開発のゲームアプリで、さまざまなネットメディアやTVでも取り上げられています。

【超光速でピアノを弾く!? ピアノタイル2やってみた!】

(日本テレビの朝の情報番組「ZIP!」の「なんでもランキング」のコーナーで人気ゲームアプリランキング1位のスマホゲームとして、紹介されました!(2016年1月20日(水)OA))
今回はこの「ピアノタイル2」が成功した3つのポイントを、開発秘話を交えてお届けします。

CM_ピアノタイル総合1位を獲得

アプリディベロッパー必見!!「ピアノタイル2(Piano Tiles 2)」成功における3つのポイント

ポイント1:数字の冷え込みで見えた「ライトゲーム」の課題

「ピアノタイル2」は、昨年一時的に人気を集めた「ブラックタイルをたたけ!(Don’t Tap The White Tile)」というゲームが元になっています。

このゲームは、Androidユーザーの方ならご存知の方も多い、スマホ最適化アプリ「Clean Master(クリーンマスター)」の開発元でもあり、キングソフト株式会社のグループ会社でもある「Cheetah Mobile(チーターモバイル)」が代理店として、グローバルでリリースしたものでした。

Cheetah Mobileはそもそも「Clean Master」や「CM Security」をはじめとするスマートフォン(主にAndroid向け)の「ツール系」アプリの開発経験は大変豊かでしたが、ゲームの開発経験はありませんでした。

Cheetah MobileのCEOである「Fu・Sheng(フー・シェン)」氏は、「課金が少なく、ユーザーに長く楽しんでもらうことができるというライトゲームの市場は、大手企業が多額の投資をして作ることが少ない「ニッチ」な分野。そこにCheetah Mobileというモバイルアプリ市場の大手ディベロッパーが投資をし、優秀なチームを投入することによって、さらに息が長く、バズる製品が開発できるのではないか?」と考えていました。

実際にCheetah Mobileの旗艦製品であるスマホ最適化アプリ「Clean Master」のモバイル広告プラットフォームを通してプロモーションを実施したところ、「ブラックタイルをたたけ!」はすぐにGoogle Playのゲームランキングで上位を獲得することができました。

しかし、ライトゲームによくあるように、ヒットは一時的なもので、その後すぐに数字の落ち込みに直面してしまったのです。

初期の「ピアノタイル(Don’t Tap The White Tile)」のストア画像と実際のプレイ画像。黒い鍵盤の中にどくろが現れたり(どくろをタップするとゲーム終了)、どきどき感を演出するような趣向を凝らしているが、「ピアノタイル2」と比べると、黒い鍵盤の長さが同じで、単調であり、「音楽を演奏している」という感覚には多少欠けている

 

ポイント2:既存のゲームや理屈から離れて見つけたインスピレーション

Cheetah Mobileが蓄積してきた技術力と方法論を生かすことによって、シンプルでライフサイクルが短い(すぐに飽きられてしまう)ゲームを、いかにしてライフサイクルが長く、かつ高品質で、グローバル配信ができるゲームにしていくのか。
Cheetah Mobileのチームは、数週間かけて、国内外の各プラットフォームで類似するゲームを探し、会議室にこもりきりでテストを繰り返しました。
しかし、結局のところ、「全員が確実にのめりこむゲーム」とは、出会えなかったのです。

今度は、ゲームだけでなく、あらゆる方法でインスピレーションを見つけよう!と、チームメンバーたちは、映画や音楽、曲の研究や、音楽の専門家に話を聞きに行ったりと、一見ゲームの開発とは関係ない取り組みを始めました。

この取り組みは一見ゲームとは関係ないように見えますが、こうしてインスピレーションを広げてみることによって、1つ見えてきたことがあったのです。

それは「誰もが音楽家に憧れるが、誰もが音楽家になることはできない」ということ。

世界の名曲がラインナップされ、レベルアップするたびにプレイできる曲が増えていく。普段弾くことのできない難易度の高い曲も、あたかも自分が演奏しているような気分になり、完ペキに演奏できた際には、達成感と高揚感を味わえる。

そこで彼らは「Don’t Tap The White Tile」を通して、誰もが音楽家になったかのように曲を弾き、高揚感を味わえるゲームを作ろう!と思い立ちました。
このような経緯を経て、ついに完成したのが「ピアノタイル2」だったのです。

 

ポイント3:「音楽を奏でる×世界中のユーザーと対戦できる」という付加価値

「ピアノタイル2」が2015年末から、ユーザー数を伸ばし続けている秘訣は、「ゲームに音楽の楽しさを加えた」ということでしょう。
名曲を簡単に演奏できる、これが世界中のユーザーから評価された理由でもあります。

音楽の楽しさは世界共通のもの。そしてスマホが普及した現在では、ゲームもまた世界共通のものなのです。

Cheetah Mobileが保有する膨大なデータに裏打ちされた戦略的プロモーションと、音楽×ゲームという普遍的なエンターテイメントの掛け合わせこそ、この「ピアノタイル2」がユーザーからの高い評価を獲得しつづけている秘訣なのです。

また、この「ピアノタイル2」の成功は、単に「ゲームアプリがマーケットで1位を獲得した」ということだけではなく、Cheetah Mobileにとって、それ以上の価値があります。

それは「ゲームアプリという枠を超えた、広告媒体としての価値」という点です。

Cheetah Mobileは、すでに「Cheetah Ad Platform(チーター アド プラットフォーム)」というモバイル広告事業を展開しています。
今回この「ピアノタイル2」がグローバルで認知されたことにより、モバイル広告事業をより大きく支える「ビッグデータ」を獲得することができたからです。
CMAd

年齢を問わず、そして人種をも超越して支持されたスマホゲームで成功を収めたことは、モバイル広告事業においても、大きくリーチが取れたことにつながります。

現在、巨大なモバイル広告プラットフォームを持っているのは、FacebookやTwitterなどのSNSが中心ですが、今後は「スマホアプリ」というツールも、大きな広告媒体になる、という可能性を示唆しているのです。

 

もっと読む »
adtech
イベントレポート

「アドテック東京2015」出展を終えて

  • 2015年12月3日

adtech

12月1日(火)、2日(水)の2日間、東京・有楽町の「東京国際フォーラム」で開催された国内最大級のデジタルマーケティングイベント「アドテック東京2015」に、キングソフトが初出展しました。

初日の1日(火)には、スポンサード・プレゼンテーションに、チーターモバイル モバイルインターネット アジア太平洋 広告事業ディレクター モーデン・チェン氏が登壇。「チーターモバイル流 グローバルプロモーション 成功のカギとは?」と題し、スピーチしました。

ADTECH-6

登壇したモーデン・チェン氏

スポンサード・プレゼンテーションに参加およびアンケート回答いただいた方に抽選で、今話題のモバイルメーカー「Xiaomi(シャオミ)」製Mi4スマートフォンなどの人気製品が当たる抽選会を実施しました。日本ではなかなか手に入らないレアアイテムということで、非常に盛り上がりました。

キングソフトのブースには、両日ともたくさんのお客様に足をとめていただき、
スタッフによりCheetah Ad Platform(チーターアドプラットフォーム)の概要や特長について、お話させていただきました。

ADTECH-8

 

ブース入り口はイメージカラーのオレンジを基調としています。

商談ブースでのひとコマ。みなさん、Cheetah Ad Platformに大変興味を持っていただけました。

ご質問も多数!キングソフトのスタッフが丁寧にご説明させていただきました。

この2日間で1,200名以上のデジタルマーケティングに携わる方々へ、Cheetah Ad Platformの情報をお届けすることができました。

アドテック東京2015、ならびにキングソフト ブースへお越しいただきました方々、誠にありがとうございました!

ADTECH-7

今後もキングソフトはCheetah Ad Platformを通じて、日本国内のみならず海外のモバイルユーザーへ、パートナー様の製品やサービスの情報をお届けするお手伝いに全力で取り組んでまいります。

ADTECH-1

見送りするチーター君。See you!

もっと読む »