Google

《アプリマーケ必見!?》キン肉マンを牛丼キーワードでASO上位チャレンジイアイキャッチ
アプリ

《ASOアプリマーケ必見!?》キン肉マンを「牛丼」キーワードでGoogle play検索上位に表示させるチャレンジ

もっと読む »
Google翻訳はすごい?
アプリ

Google翻訳のアプリがすごいらしいので実験してみた。

Google翻訳はすごい?

去年からGoogle翻訳の精度が格段に向上していると話題になっている。
なんでもビッグデータで集めた情報とAIの学習能力でどんどん精度が向上しているとかナントカかんとか。
筆者は語学にそこそこ自信がある。なんたって通訳資格(通訳案内士)の一次試験(筆記試験)は合格してるくらいだからな!機械翻訳になんて負けるわけはねーぜ!

…ということで、さっそくGoogle翻訳をインストールして翻訳させてみることにした。

Google翻訳のアプリにはカメラの動きに合わせて、見たままの状態で翻訳してくれるリアルタイム翻訳機能と、文字を読み取って文章に変換するこれまでと同じ翻訳機能があるので、それぞれ検証していくことにした。

 

簡単なもので実験

まずはオフィス内にあった防犯カメラの表示で実験。

防犯カメラの英語

「防犯カメラ設置」で” CAMERA IN OPERATION ”か…ちょっと意訳されてるカンジもするけど、まぁ手始めに実験するにはちょうどいいか。「カメラ作動中」というのが本来の意味だ。

防犯カメラとりあえず翻訳

「動作時にカメラ」かぁ、この見たままで翻訳してくれる機能自体は画期的だけど、翻訳そのものは微妙かなぁ。

次はカメラで文字を読み取らせる通常の翻訳。

防犯カメラ翻訳

“CAMERA IN OPERATION”はうまく認識されたけど、「運転中のカメラ」かぁ。「動作時にカメラ」よりは自然だけど、ちょっと微妙かなぁ。良し悪しの判断はつかないなぁ。

看板とかは他のブログとかでも実験されてるようなので、もっと難しいものにチャレンジしてみよう。というより、簡単な単語だと直訳でも意味は通じるからちょっと別のものでやってみるか。

TOEIC問題に挑戦!

今や英語学習では常識ともなっているTOEICで実験。いきなり長文問題の翻訳を試してみる。日本でTOEICを運営している一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会のサイトに掲載されていたTOEICの長文問題サンプルを翻訳させてみた。
まずはカメラで見たまま翻訳してくれるリアルタイム翻訳から。

TOEIC長文TOEIC長文リアルタイム翻訳

左が元の文章。右が翻訳。うーん、このリアルタイム翻訳は微妙かな。翻訳の性能の問題もあるけど、撮影の角度や手ブレによって翻訳が変わるし、翻訳されてなかったりするし、カメラの認識の影響が大きい気がする。そこで通常の翻訳機能を試してみる。

TOEIC長文TOEIC長文翻訳

おお!これならだいたい意味がわかる。そうそう、ここの問題(196番~200番の問題)の文章はペンキをネットで買えてサンプルはタダで何営業日以内に発送とかいう文章だよ。リアルタイム翻訳はともかく、通常の翻訳機能なら長文でも大意はつかめそうだな。

 

英検1級の実際の問題で。

いやいや~英語をあるていど勉強した人ならTOEICの単語の難易度はそう高くなくて解くスピード重視のテストだと知ってますよ。
そこで中高生にお馴染みの英検を実施している日本英語検定協会のサイトへ行って英検一級の長文問題を翻訳させてみることにした。日本の英語資格の最高峰、留学経験なしでは絶対できないはずだぜ!

英検長文英検長文翻訳

これまた左が元の本文で右が翻訳。おぁ、日本語的に変なところも多いけど、これだけ翻訳してくれれば普通に設問に答えられる程度に大意はつかめるんじゃないの??

 

天下のハーバード大学(Harvard University)なら…?

だんだんGoogle翻訳の精度が怖くなってきたところで、意地でも翻訳できなそうなところを見つけたくなる。
さすがに「これは翻訳できんだろう」ということで辿り着いたのがハーバード・ローレビュー(Harvard Law Review)ハーバード大学ロースクール(法科大学院)が出している法律誌のサイトの記事だ。これはさすがに法律の専門用語連発で翻訳できませんよね?

ハーバード大学ローレビューハーバード大学ローレビュー翻訳

うーん。何を言っているのかさっぱりだ。さすがに専門用語が出てくると厳しいのかもね。
というより、この英文をキチンと翻訳されたものを読んだとしても意味を理解できないか(汗)

というわけで、様々なサイトで翻訳をさせてみたけど、Google翻訳の精度に驚くばかりだった。筆者はこれまで様々な翻訳アプリやサイトを試してきたが、ここまで精度が高いとは予想外だった。
この機能、Googleグラスとかと一緒になったら英語のテストでカンニングし放題じゃないかとか悪いことを考えてしまったw

Google翻訳の精度向上の秘密

で、なんでこんなにGoogle翻訳の精度が向上したのか気になるところだが、そもそもGoogle翻訳の機能向上は2016年に翻訳アルゴリズムが以前の古いシステムからニューラルネットというシステムを使用したものに変更されたことにあるそうだ。
ニューラルネットとは、人間の脳の神経回路の仕組みをコンピュータ上で行う数学モデルのことらしい。このシステムを使った翻訳では、文章をパーツごとに翻訳していくのではなく、全体を一つの文として捉え、文脈を把握したうえで、より正確な訳語を見つけるのだという。そのうえで、言葉の順番を変えるなどの調整を行うそうだ。これら一連の動作によって、より正しく、より自然な翻訳が可能になっているというわけだ。
さらにすごいのは、このシステムは学習し続けるため、日々、自然な翻訳が可能になっていくのだという。

最初の”CAMERA IN OPERATION”の段階で「たいしたことないやんけ」と思ったものの、結局はGoogle翻訳の能力には驚かされるばかりであった。
翻訳の精度向上のすごさと、最近の音声認識機能の向上が合わさると、会話を同時通訳してしまうアプリが出るのも時間の問題かもしれないなぁとか思ったのでありました。

もっと読む »
google-my-activity
Webサイト

【怖い?便利?Googleの新機能】マイアクティビティで自分の「歴史」を管理する!!

google-my-activity(マイアクティビティ)アイキャッチ

Googleの新ツール「My Activity(マイアクティビティ)」がリリースされたのをご存知でしょうか?

履歴とはまた違った使い方で、全ての閲覧履歴を詳細に管理が出来ることで注目を浴びています。

“ユーザーのオンラインにおけるほぼ全ての行動を検索できる”といわれておりますが一体どんな機能なのでしょうか。今回はGoogle My Activity(マイアクティビティ)の機能を紹介していきます。

 

 

◆Gooogle My Activity(マイアクティビティ)とは!?

 Google My Activity(マイアクティビティ)イメージ1

 

まず、My Activity(マイアクティビティ)は今までの履歴機能と何が違うの!?と思った方も多いかと思います。

従来からChromeのツールで履歴を確認することができますが、「この前見たサイトをもう一度探したい」と思ったときに履歴から探すのは案外難しいですよね。

一覧表示になっており、検索したり削除することも可能ですがそもそもサイト名を覚えていなかったり、時系列での一覧表記だから探すのが大変だったり・・・

 

そこで便利なのが、Googleの新機能であるMy Activity(マイアクティビティ)なのです。

 

 

My Activity(マイアクティビティ)の確認、設定】

では、実際の使い方をご紹介いたします。

①マイアクティビティは、Googleのアカウント中、下部にあります。

My Activity(マイアクティビティ)キャプチャ1

②まず開くと、全体の一覧が表示されます。

“日付とサービスでフィルタ”という項目があるのでそこからフィルタをかけることができます。

My Activity(マイアクティビティ)キャプチャ2

③Play、YouTube、ヘルプ、動画検索、検索の4つの項目+日付でフィルタをかけて表示させられます。

My Activity(マイアクティビティ)キャプチャ3

④さらに、1日ごとに使った機能をパラメータで確認することが出来ます。

My Activity(マイアクティビティ)キャプチャ4

⑤削除は右上の「・・・」を押すことで簡単にできます。日付ごとも項目ごとにも削除可能です。

My Activity(マイアクティビティ)キャプチャ5

★更に、「プライバシー診断」から検索履歴以外のアクティビティの管理をすることが可能になります。

My Activity(マイアクティビティ)キャプチャ5

【プライバシー診断で管理可能なアクティビティ】

1.ウェブとアプリのアクティビティ

ウェブでの検索・閲覧履歴やAndroidのスマホをご利用の方はアプリの使用状況までGoogleに保存されるのでより関連性の高い情報を得ることが出来ます。

 

2.ロケーション履歴

Googleアカウントにログインしている状態で訪れた場所に関連した有益な情報を表示されるようになります。履歴として時間ごとにどこに行ったかがわかるので、旅行などでどこで何をしたか思い出す際に便利ですね。

 

3.端末情報

  • 連絡先
  • カレンダー
  • アプリケーション数
  • 音楽
  • 電池残量といった端末自体に関する情報

の情報をスマートフォンやタブレットからのコピーが保存されます。

 

4.音声アクティビティ

「OK Google」、マイクアイコンのタップ

いずれかの動作を行った場合に音声が保存されます。

音声アクティビティをオンにすることで音声認識機能が学習し、ユーザーの声を認識しやすくなるメリットもあるようです。

 

5.YouTubeの検索・履歴

以前に検索したことのある語句や動画が保存され、おすすめの動画に影響があります。

 

6.YouTubeの再生履歴

マイアクティビティを使うことで直近の再生動画が探しやすくなり、おすすめ動画の精度が向上します。

YouTubeの履歴はYouTubeの機能の一つで、Googleと連携しています。

 

このようにブラウザの履歴よりも更に詳細な情報を、オンラインに加えてオフライン時のものも確認することができ、膨大な履歴を多彩なフィルタによりわかりやすく管理できます。

一括での削除も可能です。

 

 

Gooogle My Activity(マイアクティビティ)で新境地へ!

Gooogle My Activity(マイアクティビティ)イメージ2 

Activity(アクティビティ)というと、なじみが余りないですが、近年多くの人が利用しているFacebookやTwitterなどでもこの機能は重宝されています。

 

自分が「いいね」したり「シェア」、「リツイート」した投稿をまとめてアクティビティとして残して、他人のアクティビティも見ることができますよね。「いいね」をSNS上でのブックマーク機能のように使っている方も少なくないのではないでしょうか。

そして、Google My Activity(マイアクティビティ)では日付順・サービスごとにまとめてみることが出来るので非常にわかりやすいのです。「こんなの見てたな~」、「こないだ見たサイトなんだったっけ」、など自分のアクティビティを見る人が増えることで、サイト運営側としてはサイトへの再流入の増加も見込める期待度大な機能間違いなし!

 

Googleの機能の一つで“広告の関連性を高める”ことも可能ですし、My Activity(マイアクティビティ)が導入されたことにより更なるGoogle上でのターゲティングの向上が期待できます。

 

◆おわりに

 

自分の検索履歴をフィルタで管理することで新しいアルバムのように使用することも可能ですし、調べ物をするときにいちいち参考サイトをまとめておかなくても、一度サイトを閲覧するだけで自分だけのまとめページが出来てしまうのです。

 

「履歴が詳細にわかる」というとなんだか少し怖い気もしてしまいますが、自分なりにカスタマイズしてウェブ上の自分の歴史=マイアクティビティを最大限活用してみてはいかがでしょうか。

 

また、キングソフト株式会社で運営する広告配信プラットフォーム、

Cheetah Ad Platform(チーター・アドプラットフォーム)では「Facemark」というユーザーの行動習慣を元にターゲティング配信を行うことができます。My Activity(マイアクティビティ)に負けないくらいの広告効果が期待できるよう、さらなる向上を続けてまいります。

 

 

【Cheetah Ad Platformについて】

サービス全般に関しては下記をご参照ください!

https://ad.kingsoft.jp/

お問い合わせはこちらまで。

 

もっと読む »
appInsight-vol3
調査レポート

全世界アプリ開発企業の分析~appInsightのデータ分析による Vol.3~

appInsight-vol3

Cheetah mobileのデータ分析プラットフォームである「appInsight」の情報から「世界のモバイルアプリ市場」、「

国・地域別のモバイルインターネット市場」についてレポートしました。Vol.3は全世界のアプリ開発企業ごとの分析結果をレポートいたします。

1.全世界アプリ開発企業の市場シェアランキング

Graph_1-1

(1)GoogleとFacebookが全世界アプリ市場の覇者

 Googleは、その他のアプリ開発企業のシェアをはるかに上回り、市場における覇者となりました。また、スマートデバイスユーザーの半数近くが、週に一度Googleのアプリを利用しているといわれています。

 FacebookがWhats appとInstagramを買収した後、Facebook、Whats app、Instagram、Massangerは世界4大アプリケーションとなり、通信とSNSの領域で地位を高めています。また、若い世代のユーザーに強く支持されているのも特長です。

 ランキング上位に台頭しているGoogleとFacebookはどちらも米国の企業であり、米国国内へ影響を与えているだけでなく、世界各国に影響を与えています。

(2)中国は世界で有数のアプリ大国

 上記のシェアランキングに入っている国々を見ると、中国企業が9社、米国企業が4社、ロシア企業が1社、韓国企業が1社ランクインしています。

 全体の市場シェアでは、米国程ではないですが、ランクインしている企業数から見ると、中国も既に世界一のアプリ大国となったことが分かります。

 中国のアプリ開発企業は、全世界を包括しているGoogleやFacebookとは異なり、中国国内のユーザーに依存しているという現状があります。このランキング上では、Cheetah mobile以外の企業では、アプリユーザーのほとんどが中国国内に集中しており、中国アプリ開発企業が国際化するのはまだ時間が掛かると推測されています。

(3)激しい検索エンジンサービスの競争

 ランクインしている企業のうち5社が検索エンジンを主要サービスとして創業された企業です。例えば米国のGoogle、中国のBaidu、Sogou、ロシアのYandexや韓国のNaverなどが挙げられます。

 ポータルサイトや検索エンジンが主な時代からサービスを開始していたため、これらの企業の財産の蓄積は豊かであり、ユーザーの定着率が高く、アプリ市場の売上においてもシェアを拡大する可能性を秘めています。

2.アプリ開発企業の戦略相違点

アプリ開発企業が保有するアプリ数とカテゴリ数

(1)特化型

 このランキング内の、360、sogou、Microsoft、Fotoableは、1~2カテゴリのみに展開しています。例えばsogouはツールアプリ、Microsoftは仕事効率化アプリ、Fotableは写真アプリに特化しています。特化型になるかどうかはアプリ開発会社の開発戦略によっても決まりますが、開発能力に限りがあることが理由で特化型になる場合もあります。

(2)多角化型

 NAVERとYYのアプリは、5つから7つのアプリが全世界アプリランキングの上位にランクインしていますが、それらのアプリカテゴリはさまざまな種類のものです。

 このようなアプリ開発企業は市場開拓進めていく上で更に実力を発揮していくと考えられます。

 例えばNAVERのランキング上の7つのアプリは「書籍」「コミック」「旅行&地域」「SNS」「メディア&動画」「エンタメ」の6つのカテゴリに分けることが出来ます。現状では世界アプリ開発企業シェアランキングの10位以内には入っていないですが、アプリ開発の実力において世界トップレベルにあると言えます。注目されている

3.注目されているアプリ開発企業

(1)Google

 Googleのアプリの中には、YouTubeやGoogle検索エンジン等のアプリがあります。また、Googleのユーザーのうち約90%がYouTubeをインストールしています。

 2015年第2四半期の財務報告書でGoogleは、動画共有サービスに注力していくことを明確にしました。このことは、Googleのライバル企業であるFacebookも関係しています。

(2)Tencent

 Tencentのアプリは、海外に進出している中国アプリ開発企業のうち海外アプリ市場において第8位ですが、中国市場での売上高と世界総合ランキングにおいて第3位、中国企業では1位を誇っています。また、TencentのアプリであるWechatは、中国市場で最多の売上高を誇っており、QQもその後についてきています。これらのことからTencentは中国市場にとって非常に重要な存在であるという事が見受けられます。

(3)Cheetah mobile

 Cheetah mobileは海外市場において優勢であるため、ランキング上位に入っています。Cheetah mobile2015年第3四半期の財務報告結果では、74%以上のユーザーが欧米からの流入となりました。Cheetah mobileはClean Master、CM Security、Battery Doctorなどのツールアプリ以外に、KINGSOFT Office対応の仕事効率化アプリも好調です。

(4)NAVER

 NAVERは日本で最も有名なアプリ「LINE」の親会社です。元々検索エンジンを元手に設立されたアプリ開発企業で、韓国語圏の検索エンジンの中で最も使用されており、スマートフォンの検索エンジンも普及しています。検索エンジン以外に、ニュース、メール、マップなどのサービスを提供し、韓国で最も大きなアプリ開発企業となっています。

(5)Yandex

 Yandexはロシアで最も重要なインターネット企業です。検索エンジン、ニュース、マップ、百科、メール、EC、インターネット広告サービスを提供しています。2015年、Yandexは中国支社を設立を設立しました。アジアに進出するのはこれが初めてで、海外に拠点を置くのは2度目です。このことから、Yandexが中国市場を重要視していることが読み取れます。

もっと読む »